カイセ デジタル回転計

  • KAISE_SK8401AL

カイセ デジタル回転計

●ダイレクトイグニッションタイプのエンジン回転数を測定。
●付属プローブ使用でハイテンションコードの回転も測定OK。

kaise_sk8401X1

各種テスターで有名なカイセから単機能ながら使えるテスターが登場しました。
デジタル式の回転計でしてシンプルながら現在の整備事情に合った便利なタコメーターです。
カイセのデジタルタコメーターを紹介。

kaise_sk8401X2

基本セットはこの通り。
回転計である本体とダイレクトイグニッション用のプローブのセットです。

そう、この回転計はなんとダイレクトイグニッションをそのまま測定出来る優れ物なのです。
従来のタコメーターではダイレクトイグニッションの場合、お助けコードを使ったり1次側での測定をしなければならず結構面倒でした。
またここ近年はダイレクトイグニッション装着車が増えていて(ってか主流ですね)それで使えないのは厳しかったんですよね。

kaise_sk8401X3

操作はいたって簡単。
インターフェイスもこの通り簡潔でして、写真で触っているのが2サイクルと4サイクルの切り替えボタン。
その右がデータホールドボタン。
そして電源ボタンです。(電源はオートオフ機能付き)
4サイクルで使うならばシフトボタンを1秒間押して設定2にしておけばOK。

kaise_sk8401X4

実際にダイレクトイグニッション車の回転数の計測をしてみましょう。

付属のプローブの赤いシールの面を下にして・・・

kaise_sk8401X5

こうやって当てるだけ。ホントにそれだけで計測OK。
ちゃんと回転数が表示されております。
サンプリング数もいい感じでパラパラと動きすぎて見にくいとかもありません。
今までこの手の車種で苦労していた方には待ち望んだ回転計かと思います。

kaise_sk8401X6

もちろんダイレクトイグニッションでは無い車種では普通にプラグコードからも測定OK。
プラグコード用のプローブは別売り設定なのですが、無いと困ると思いましたのでこれもセットとしてお付けします。

kaise_sk8401X7

こちらはクリップ式になっていて、このように開いたらハイテンションコード(プラグコード)をはさんであげればOK。
キャブやISCVの調整に重宝するオススメタコメーターですよ。

・仕様
表示:最大表示9999、文字高15mm
レンジ切換:オートレンジ
電源:1.5V R6P(単3)電池 2本
寸法・重量:148(H)×83(W)×33(D)mm、180g
販売価格(税別)
¥33,480
在庫状態
在庫有り
発送日目安:3~5日後

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています