KTC ヘッドライト光軸調整専用レンチ(ラチェットタイプ)

  • KTC_ADR10AAL
  • KTC_ADR10AAL

KTC ヘッドライト光軸調整専用レンチ(ラチェットタイプ)

●自動車等のヘッドライトの光軸調整作業専用レンチです。
●先端形状はカムアウトしにくく、周辺の樹脂パーツを傷つけにくい専用設計です。
●軸は先端φ6mm→中間φ5mmの独自フォルムを採用。サービスホールが狭く深い車両にも差し込みやすく、回しやすいです。
●ラチェット機構採用で作業負担を軽減しました。
●ボンネットの開度が小さい車両でも使いやすい、コンパクトなグリップです。
●グリップ部とレンチ(ロングビット)は取り外しが可能。保管時に全長が短くなるため工具箱に入れやすく、持ち運びも容易です。

自動車整備の必須項目である「光軸調整」
近年増えたカム式の光軸調整専用に作られたKTCのヘッドライト光軸調整レンチ(ドライバー)を紹介。

・全長365mm

同類工具
>>KTC 伸縮式スリムドライバー

ヘッドライト専用に作られているので、軸径のφ5mmとかなり細くして先端部分だけをφ6mm軸にしてあります。

また工具としての形状はドライバーの形をしているので変わり種のロングドライバーだと思われる事が多いのですが、いわゆる普通のプラスドライバーのように使う事は出来ません。
プラスの先端形状が光軸調整のカム部分に合わせて作ってあるために、普通のプラスネジには合いません。

自動車のヘッドライトの光軸調整はこのようになってまして、ドライバーを回すと円盤部分が回って調整出来る仕掛けとなっております。

左が通常のプラス、右がヘッドライト用です。
画像でも分かる通り、光軸調整部分はプラスドライバーで回せるようになっているのですが、ネジではないために掛かりが浅くなりがちです。
その点、このレンチならば専用設計ですので画像のように隙間なくガッチリ食い込んで回す事が出来ます。

ラチェット式になってますのでワンハンドでカリカリと回して調整出来ます。
また調整箇所は上下と左右で二箇所の場合が多いので、二本持っての作業でも便利だと思います。
主に車検整備で活躍する工具ではありますが、これがあればかなりの効率向上が望めると思います。
気になった方はこの機会にぜひどうぞ。

本製品は光軸調整専用レンチです。
ドライバとして使用しないでください。
ドライバとしてねじ等に使用すると本体またはねじが破損する恐れがあります。
販売価格(税別)
¥3,860
在庫状態
在庫有り
発送日目安:1~2日後