精密ドライバーの差し替えモデル

いわゆる車両整備だとあまり出番のない工具ってのがありまして。
工具としては王道なんだけど、その車両内容だとあまり使わないよねーってのが精密ドライバー。

いやもちろん全く必要じゃないって事はなく、持ってないといけない工具のひとつではあるのですが、なにせほとんど使わないので揃えておくのを忘れちゃうって人も多いと思います。

で、そんな使用頻度があまり高くないよって人にオススメなのが差し替え式のドライバー。
PBからは2通りの買い方が出来るモデルがあるので今回はそれを紹介。

PB 精密差替ドライバーセット(ESD仕様)

ひとつめは、これ。
両頭のブレードを差し替えて使う差し替えドライバーとしては王道のモデルです。(ESDってのは静電気防止モデルの事)
これの利点はプラス・マイナスだけじゃなく、TORXやHEXのラインナップもあって自分の好きなセットにカスタマイズ可能な事ですね。

使用頻度こそ低いけど細かな作業もたまにやるって人にはオススメだと思います。
またこんな感じで差し込んでしまえば普通の精密のように使える感じもいいですよ。

そして。

PB インサイダーミニ(精密ドライバー)

こちらはビットを本体に内臓出来るインサイダーシリーズの精密ドライバー。
ビットのラインナップはなく内臓ビットだけで使うことにはなりますが、よく使うプラスマイナスは入ってますので、その辺だけあればOKって人にはコンパクトだしオススメ。

使わない時はこんな感じで全てのブレードを内臓しておけるので、先端が無くなったー…とかのトラブルも少ないですね。

もちろんよく使うよって人は差し替えじゃなく普通の精密ドライバーを購入すればいいと思いますが、あまり出番ないけど持ってないのは嫌だなって人には差し替えモデルはなかなかオススメですよ。

ドイツのプーラーKUKKO(クッコ)

整備工具の中でもユーザーが最も悩むものってなんだろう?
って考えた時にパッと思い浮かぶのはやはりプーラー関連だと思います。

プーラーという工具は、よほどの専用品でない限り「その作業に適しているのかどうか」が分かりにくいんですね。
特にギアプーラーとかのいわゆる『外掛け』のプーラーはサイズ感とか実行許容サイズとかがカタログデータだけでは察しにくいのも事実です。

また特殊工具であるために価格も少々お高めですので、せっかくなら何にでも使えそうなヤツを…なんて考えるとなかなか手が出しにくい工具の筆頭かもしれません。

そんな中、近年は中国製の安いプーラーの台頭で比較的手が出しやすくなった感があるのですが…いかんせん耐久性がないんですね。
そのせいなのかこのところエイビットには「少しくらい高くてもいいので仕事で使えるプーラーってない?」って問い合わせが増えてきております。
(みなさん痛い目にあってるみたいですね)

そんな人に超オススメなのがドイツのプーラー専門メーカーのKUKKO(クッコ)
このメーカー、特殊工具メーカーとかじゃなく、ホントにプーラーしか作ってない超専門メーカーでして、その実力はかなりすごいものがあります。

そして今回は特にお悩み相談の多い外掛けのマルチなプーラー2モデルを紹介。

KUKKO 2&3クイックアーム超薄爪プーラーフルセット

こちらがKUKKOが誇る外掛けプーラーのフラッグシップモデル。
2爪・3爪の組み合わせも自由で、爪も標準・薄爪・超薄爪の3種類が同梱します。

センターシャフトもロングが入っているので自動車のFRミッションまで対応する、ある意味本当のマルチプーラーセットです。
ただし…フラッグシップモデルというだけあって金額もそこそこ。

そこでこのマルチプーラーのライトバージョンがこちら。

KUKKO マルチプーラー薄爪対応ライトセット

上記のフルセットよりもサイズ設定が小さくなりますが、2爪・3爪変換は出来ますし標準爪と薄爪は入っております。
実際出来るサイズの違いだけなので、ご自分の環境に合わせて検討してみてライトセットで充分って人も多いと思います。

実はプーラーって販売する方のお店の人間も分かってないって場合もあるので、この辺で悩んでいる人はご相談ください。
私の分かる範囲でお答えいたします。

ツールトート

工具店をやっているとお店に来て実物見てもまだまだ悩んでしまうお客様の相談に乗る事も多いのですが。
その中でも圧倒的に多いのが工具箱系のお話。

据え置きのドスンと大きなヤツなら寸法とか見た目とか価格とか、いろんな要素があるおかげで逆に消去法でも決まっていくのですが、これが持ち出し用の小さめの工具箱だとなかなか決定打がでずに悩むんですよね。

このブログでも何度か書いているのですが、持ち出し用の工具箱はある程度「消耗品」と割り切る必要があるので多少失敗しても良いとは思うのですが、そこはやはり自分用のをお金払って買う側からすればそうも言ってられないでしょうね。

 

そんな選択の難しい持ち出し用の工具箱の中。
最近売れているのがこれ。

irwin_toolbagX1

IRWIN ツールトートバッグ

工具「箱」では無いのですがいわゆる「おかもちタイプ」でして雑多に工具を放り込んで使える便利品です。
大きめの工場なんかだと工場内の移動にも便利でして、様々な業種の方に愛用して頂いております。

irwin_toolbagX5

こんな感じでショルダーベルトも付いてますので、工具箱を何個かに分けてもっているような人にもお勧めです。

ちなみにホントのおかもちとして定番人気を誇るのがこちら。

HAZET トートトレイ(おかもち)

樹脂製の蓋なしな超シンプルなトレイですが、ササっと工具や部品入れての移動では最強のトートトレイです。

こんな感じで工具がはみ出ても蓋がないので関係ありませんから、雑多なモノを放り込んでおくにはとても気楽でいいんですね。

ってなわけで「工具箱」という概念にとらわれすぎると選択肢が限られてしまうので、こういうなんでも入れみたいなものも候補として考えてみるとが良いと思います。

PBのプラハンを鉄ハンマーに

※昨日のブログつながりで過去記事を再掲載いたします。

タガネとかポンチとかドライバー、HEXで人気のPB。

そんな中でも個人的に大好きで自分でも20年以上使っているのが無反動のナイロンヘッドハンマー

これは確かに価格的にはちょっと高いかな・・と躊躇する人もいるんですが、一度買って使ってみれば納得の工具だと思います。それくらい良い商品。

で、この無反動のナイロンヘッドハンマーの派生種として追加されたのがこれ。

pb_304-3X4

PB 無反動コンビネーションハンマー

以前から「これのコンビハンマーがあれば」と言うリクエストにメーカーが応えたかたちで登場しかなりの人気商品になっております。

でもですね。
すでにナイロンヘッドハンマー買ってしまって持っている人はなかなか手が出しにくい工具でもありました。

そこでエイビットとしては交換出来る替えヘッドに注目。

IMG_2095

ごらんのようにナイロンヘッドもコンビハンマーも筐体部分は同じ。

ならば鉄ハン部分の替えヘッドがそのまま付くんじゃないの?と思ったわけです。

IMG_2097

PB無反動ハンマー用 鉄ヘッド替え

で、こちらが鉄ヘッドの替え部品。中の芯部分は共通なので問題無く装着可能です。

IMG_2099

完璧ですね。

これで従来からのナイロンヘッドハンマーをお持ちの方でも替えヘッドさえ買えばコンビハンマーとして使用する事が出来ます。
丸ヘッド側があまり使わないって人もいると思いますので、そういう人は丸ヘッド側を鉄ハンに換えてしまうのもアリかと思いますよ。

ちなみに最初から鉄ヘッド付のコンビハンマーが欲しいって人は素直に鉄付のコンビハンマーを買ったほうが安いし楽です。

pb_300ca004

それとヘッド付け替えはワンタッチとかでは無理で、圧入されてますからそこそこ苦労すると思ってください。
ちゃんと万力使わないと外すことが出来ません。

小さめなプラハンの利便性

昔は「へぇーPBってハンマーも作ってたんだ」なんて言われた事もあったのですが、今や売れ筋の工具となったPBの無反動ナイロンヘッドハンマー。

ちょっとお高いんですが一度使ってみればなるほど納得の性能でして、整備初心者な人なんかだと整備の中にハンマーで叩くって事自体が怖い人もいると思うのですが、このハンマー使えば相手を傷つけにくいし使いやすいしでとにかくオススメのハンマーなのです。
で、重さやヘッド径別に何種類かあるのですが普通の鉄ハンマーとの比較で一般的なサイズと言えば#3とか#4。

お店で相談受けるとオススメするのは#4でして、ナイロンヘッドと言うプラハンとはまたちょっと違う硬度をうまく使いこなすには良いサイズだと思います。

 

しかし人間欲も出てくるわけでして。
このハンマーのもうちょっとちっこいのも使ってみたいなぁ、なんて言われる事があるんですね。

「ハンマーの小さいモデル」 って一見すると自己矛盾しているような気もするんですが「コンコンコン」と軽く叩けるサイズのハンマーって1本持ってると超便利なんです。

で。
実はそんな小さいハンマーもこのPBの無反動ナイロンヘッドハンマーがかなりいいんですよ。

pb_1hmmX4

ちなみにこれがPBハンマーの#1。

すでにこのハンマーの標準的なサイズをお使いの人なら分かると思いますが、これ使うと鉄ハンマーや他のプラハンの出番って激減します。
そして「この感じでもっと加減しつつコンコンって叩けたら・・・」なんて考えた事が’ある人って結構いると思うんですよね。

pb_1hmmX3

試しに標準的な#3のハンマーと比較してみるとこんな感じです。
小さいですよね、なんか便利そうですよね。

特に機関系とかよくいじるって人にはかなりオススメの選択肢だと思います。
ハンマーも1本持ってれば十分と思うのではなく、サイズを変えてみて・・・とか考えてみるといろいろ楽しいと思いますよ。