GW期間中の催事

いよいよ大型連休スタートですね。
5月1日と2日の2日間はお休みを頂きますが、それ以外の日は営業しておりますのでご来店お待ちしております。

さて。
そんな連休中に関しての告知です。

まず市場ではずっと品薄が続いておりますこちら。

電ドラボール

少量ですが店頭在庫分を確保しました。
(通販分は数が少なすぎてキープできません)
欲しいって方はお店までお願いします。

そして特別展示として「ワークグローブ特集」を開催。

ワークグローブ

老舗のメカニクスのグローブを合計14種類展示。
(さすがに在庫分までは持てなかったので現物確認→後日納品の流れになります)

スタンダードモデルのオリジナルやファーストフィットはよく見かけると思いますが、これだけの種類を一気に見ることはなかなか出来ないと思います。
そして現在人気の使い捨てニトリルグローブも展示販売。

その他Webサイトに出せない分のセール品もありますので、ぜひご来店くださいませ。

あ、そうだ。

paypay

あまり告知してませんでしたが昨年末から店舗にて「paypay」の支払いも可能になっております。
5000円くらいの購入に使うと1000円分のポイントがバックされますので、かなりお得かと。

GW期間中の店舗営業のお知らせ

ゴールデンウィーク営業

ゴールデンウィーク期間中の店舗及びWeb通販の受付や出荷に関するお知らせです。
店舗は休業日だけでなく営業している日でも営業時間を変更しております。
ご来店予定な人は下記の特別営業時間をご確認の上来店ください。

店舗営業日案内
完全休業は5月1日(水)と5月2日(木)です。

4月27日(土) 10時~20時
4月28日(日) 10時~18時
4月29日(月) 10時~18時
4月30日(火) 10時~18時
5月1日(水) 定休日
5月2日(木) 臨時休業
5月3日(金) 10時~18時
5月4日(土) 10時~18時
5月5日(日) 10時~18時
5月6日(月) 10時~18時

以降通常営業

※ゴールデンウィーク中は基本的に夕方18時閉店予定です。

店舗

Webサイトには掲載していない商品も多くございます。
(GW期間中の特別展示品をご用意しました)
ぜひお店まで遊びにきてください。

 

〒348-0028
埼玉県羽生市北袋286-7
電話:048-565-4052

工具専門店エイビット
定休日:水曜日
営業時間 平日10-20時 日祝10-18時

東北自動車道 羽生ICから車で3分

 

店舗の場所はここ!  ↓↓↓

伸縮するスピンナーハンドル

工具も揃って整備のスキルもそこそこ上がってくると出番が多くなる工具っていくつかあるのですが。

スピンナーハンドルなんかもそのひとつ。
これ持ってる人からすると持たない理由が分からないくらいの必須工具なのですが…実際工具店をやっているとまだまだ持ってないって人もいるんですよね。

まぁもうちょっというと1/2差し込みのロングなスピンナーハンドルは持っている人はそこそこいます(私も個人的に推してますし)
ところがこれが3/8差し込みになると持ってない人がすごく増えるんです。
1/2スピンナーはね「とにかくトルクが欲しい」とか「1/2はラチェット使わないので」とかいろいろ理由があって持っているって事があるのですが、これが3/8スピンナーになると難しいんでしょうね。
でもでも。
3/8スピンナーも持っていると便利なんですよ。

だからハンドツールの基本的なところが揃っていて「さて、次はどんな工具買おうかな」くらいな人には超絶オススメな工具のひとつだと思います。

で、そんなスピンナーハンドルですが、やっぱりいざって時は長いほうがいいし、持ち運ぶ時は短い方が良いんですね。(工具箱に入らないから…)

そんな悩みを解決してくれるのが変わり種工具をたくさんだしている国産のミトロイ。

mito_SPspX2

ミトロイ スライドスピンナーハンドル

むかーしKTCからも伸び縮みするスピンナーってあったのですが、惜しまれつつも廃盤になってしまいまして現在国産工具ではこのミトロイのヤツだけじゃないかな。

それも余計な機能が付いてなくて純粋にスピンナーとして使い勝手も良いです。
短くしているとこんな感じで……

mito_SPspX6

これなら収納にも困ることがありませんね。
またこのくらいの長さで使いたい場面もありますからね。

mito_SPspX4

そしてカチャンカチャンと伸ばしてあげるとかなりのロングになります。

ぶっちゃけこれを1本持っているだけでかなり整備の幅が広がると思います。
もちろん普通のスピンナーハンドルでも良いのですが、出先での重整備をする可能性がある人は一度試して欲しいですね。

購入後の評判もすこぶるいい工具ですよー。

整備に使うマルチグリス

エンジンオイルとかそういった一般的な油脂類は、いろんなところで語られたりしてて、なおかつ情報も多いので困ることは少ないと思いますが。
意外と情報がなくいざ使おうと思った時に困る事が多いのがグリス。
昔と違って普通乗用車にグリスアップポイントとかがないので、調べてもイマイチ情報が少ないんですよね。

そんなわけでこのブログでもグリスについてたまに書いておりますが、いまだに問い合わせが多く定期ポスト的に今日も書いてみようかと思います。

エンジンオイルとか潤滑剤とかだとネットを調べるといろいろ出てくるので普通の人でもある程度選択肢があるのですが、これがいわゆるグリスアップの「グリス」だと途端によく分からないモノとなってしまう場合が多いです。

現代の乗用車ではあまりグリスアップする箇所が無いのでグリス自体にフォーカスがあたないってのもひとつの原因かと思います。
このブログを読んでくれている方だと直接的に関係があるのがバイクの人だと思いますが、ひとことでグリスといってもそこそこ種類や呼び名があるのでサービスマニュアル読んでも分からないんですよね。

そこでもともとそんなに詳しくなかった私がざっくりと自分なりに理解している感じで説明してみますね。
グリスというのは大きくわけるとカルシウム系・リチウム系・ウレア系の3つに分けることが出来ます。

カルシウムというのはよく激安で売られている汎用グリスですね。
グリスアップという作業はあまり頻度の高くない箇所に行われる場合が多いですから、せっかく自分の愛車に使うなら出来れば「安い」と言う理由だけでは使いたくないですよね。
ですので今回のグリスの話では省かせて頂きます。

そしてリチウム。
これは簡単に言えばバランス型のマルチグリスです。
耐熱や耐荷重等、いわゆる摺動部に使用される事の多いグリスの役割としては適したグリスと言えます。

最後にウレア系。
「マルチグリス」と聞くとこのウレア系を想像する人も多いと思います。ワコーズの赤いやつとかまさにその代表格だと思います。
またタック性(粘着性)にも優れていて水が多く掛かるような箇所にも適したグリスです。

 

ここまで読むとウレア系が良さそうに思えると思いますし、実際の使用でも問題はほぼ出ないとは思いますが……。
実は当店でオススメしているグリスはあえて「リチウム系」のグリスを採用しております。
ぶっちゃけ汎用として市販されている上位グレードの高性能なマルチグリスではリチウムもウレアもその性能はほぼ変わりません。(一番良いのを買っておけばどっちも変わらないって事)
そこで今度は弱点の話になるのですがウレア系グリスは高い極圧性を求められる高荷重なベアリング等にはあまり向かないと言うのがケミカル業界の定説です。
(もちろんバイクくらいなら問題が出る事は120%ありません)
そしてウレア系は高い性能を高次元で維持出来る代わりに性能劣化時の速度が早いとも言われております。
これは長年無交換な箇所ではグリスが塊になってポロっと落ちてしまう事案が認められております。

その点リチウムグリスは先ほども書きましたが尖った性能がないものの、どの方面にも弱点が少なくまた経年劣化も徐々に進行する特性ですので安心して使う事が出来ます。
実際産業向けでは半分以上がリチウムグリスを採用しているのでその信頼度が分かると思います。

そして付け足しですけどモリブデングリスの件。
サービスマニュアルに「モリブデングリース使用」とか書かれている事がありますが、あれは種類の話ではなく上記の3系統のグリスにモリブデンが添加されているグリスという意味です。
そう、種類の事では無いのです。
そしてリチウムもウレアもそこそこ高性能なマルチグリスを使えば車両用でしたらモリブデンを使わなくても大丈夫です。

と、いうわけで。
そんな感じに長年車両整備向けにいろいろグリスを試したりしてきたエイビットとしてひとつの答えがこのLINK-OILのリチウム系のマルチグリスです。
性能の全てを底上げし整備向けに使いやすいちょう度になっております。

IMG_3833
これは従来品の白色

そして以前は白いというか黄色っぽい石鹸色でしたが、現在は使用グリスを視覚的に分かりやすくするために赤色に着色されました。

マルチグリス

バイクの「グリスアップ」指定の箇所にどこでも使うことが出来るマルチなグリスです。
(ブレーキグリスやカッパーグリスの替わりにはなりません)

マルチグリス

LINK-OIL スーパーマルチリチウムグリス

もともとは業務用の大きい容器なのですが、それだと大きすぎるって人が多いので当店にて小分け販売しているオススメグリスです。
(バイクのグリスアップポイントの1~3回分ってな量です)
自分の車両整備なんだから出来るだけ良いケミカル使いたいって人にはオススメですよ。

車載工具にもう一品

暖かいと思ったら急に寒かったり…
そんな日が続いておりますが、それでも季節は確実に春ですね。
そして天気の良い日にはドライブやツーリングついでに来店してくれる人も増えてきました。
そうなると季節モノというか問い合わせが増えるのが車載工具関係。
工具そのものでもその人の状況や載っている車種で必要な工具って変わってきますし、ましてそれが車載用となると現地でどこまでやるつもりなのかでだって全く違うものになります。

これに関しては以前から何度か書いているとおり「正解なんてない」のが実情。だから…漠然と

「なんかオススメないですかね?」

と聞かれても販売するこちらとしても一言ででは説明出来なくて少々困ってしまいます。

で、それならどうしたら良いのかとかいえば「じっくり相談してくれること」
さっきも書いたメーカーやら車種やら使い方等を聞き、出先での整備能力とか……いろいろ聞きながらなるべくシンプルに組んでいきます。
車載工具が必要な人って大抵は据え置きの母艦工具は持っているので、必要な種類の工具が決まってくると後は早い場合が多いです。

実際ここ数日で数セット、上記のような状況で車載セットを販売しましたが全員違うセットになりました。
ってかみんな違って当然なわけです。

それでも最後の最後に「エイビットさんのオススメあります?」と聞かれる事があります。
ようはそこそこセットになってきてから工具のプロとして、これ入れておくとイイヨってのを聞きたいんだと思います。

そんな時にオススメする工具を何点か紹介。まぁ個人的お気に入りってヤツですね。

 

anex_actionXX5

ANEX アクショングリップドライバーセット

まずはANEXのこれ。
何が良いって普通のドライバーとしても、折り曲げてT型レンチとしても使えるのは良いですね。
特に出先でなんとしても自走で帰らなきゃいけない場面では威力を発揮します。
そこそこ整備スキルが高そうな人にはお勧めしてます。

Ko-ken_spinTY3

Ko-ken スピンタイプハンドル

これも上のANEXと考え方は同じ。ソケット用。
少ない点数の工具でなんとかしなければいけない出先の整備。
そんな時に犠牲になりがちなのがラチェット&ソケットなのですが、これがあれば重量級のラチェットを省けるので重宝したりします。
まぁこれ自体も少し重いので、そういう事が想定出来そうな人にお勧め。

ktc_STrenX3

KTC T型コンパクトハンドル

上記のスピンタイプハンドルとほぼ同じ理由でこれもオススメ。T型しているので積みにくかったりはしますが、それがクリア出来るならかなり便利。

sig_bitraDRX4

SIGNET ミニビットラチェットセット

もはや定番ともなったシグネットのビットラチェット。
やはり車載する上で必要不可欠なわりにかさばる工具ナンバーワンなドライバー。
これをちょっとでもコンパクトにしてあげるとかなりの容積が稼げます。
またこのビットラチェットは写真のように後端部にビットを挿せるので普通のドライバーのように使えるのもいいですね。

PBビットドライバー

PB スタッピインサイダー(ビット内臓)HEXビットバージョン

こちらもドライバーですがビットをグリップ内に内蔵出来るので車載工具にひとつ入っているとかなり重宝します。
上記のシグネットを組み合わせて使い、本機をビットホルダー代わりに使っている人がいましたがかなり満足度は高そうでしたね。

>>そしてそんな携行工具のカテゴリーはこちら

まぁ外に持って出る工具ってのはどこかでラインを決めて「ここまではする」そして「ここまでだったら諦める」ってのをしておかないと際限なく工具が増えちゃいますからね。

結局は相談乗りつつ工具を決めていくのもこの辺が一番重要だったりします。

正解は無いので試しに買ってみて失敗して……ってのも重要なんですよ。
だって誰かの失敗は誰かの成功の場合って本当に多いですからね。
まぁお気楽に相談してみてくださいマセー。