インチサイズへの対応

ここ数年、またインチ関係の問い合わせが来るようになってます。
ってか、もうちょっとちゃんと言うと「サイズがなんだか分からないボルトが出てきたので調べて」っていうのが正解かな。

最近は世界的に徐々にですがインチサイズの使用率って減少しているのですが、工場とかでは輸入の機器が台頭してきたせいかウチみたいな専門店への問い合わせ件数自体は増えているんだと思います。
まぁ普段ミリサイズしかさわらない人が急にインチとか出てくると確かに混乱しますよね

で、そんな時はとにかく慌てずにボルト・ナットのサイズを一度測ってみましょう。

極小サイズ(2ミリ以下とかね)を除いて通常の大きさのボルト・ナットで「○○.○mm」とか出てきたらほぼインチだと思って頂いてOKです。(12.7mmとかね)
よく誤解されるのですが、例えば15ミリとかはインチではなく「15ミリ」と言うミリサイズです。

で、とにかくインチかな?と思ったらボルト・ナットのサイズをノギス等で出来るだけ正確に測定してみてください。
その計測したサイズをそのまま当店に伝えてもらってもいいですし、お近くの工具店で探すときはインチに換算すれば購入しやすいと思います。

インチへの換算は簡単。
とにかく。

1インチ = 25.4mm

とおぼえておけばOK。
そしてインチサイズは3/8とか7/16とか、基本的に分母が8か16になりますのでそれを目安に換算します。(1/2とか1/4もあるけどね)
※まれに分母が32の場合もあるので注意。

例えば実測サイズが22.3ミリくらいだった場合。
25.4を8で割ってみると3.1ミリ。 で、22.3を3.1で割ると7ですから、おおよそ7/8のインチだと言う事が分かります。 (実際は7/8は22.22ミリ) 測定誤差を考えればほぼ間違いなく7/8インチですね。

>>こちらのページでもミリ・インチの事を書いてます。

まぁ今どきインチネジに遭遇する確率は低いのですが、その分遭遇した時に分けわからなくなるのでこれくらいは頭の隅に覚えておいて損じゃないと思います。

Ko-ken_sok_all1

Ko-ken 3/8ソケットインチサイズ

実際に工業向けに使用されているネジには代表的なサイズがありますので、それも分かっておけばさらに分かりやすいですね。上のKo-kenのソケットではずらっとインチソケットも表記してますので雰囲気だけでも掴んでおいてください。

そしてインチだけじゃなく急に変なサイズのネジに対応出来る工具も持っていると捗ります。

KNIPEXプライヤーレンチ

KNIPEX プライヤーレンチ(新型ブラック仕様)

普通のモンキーでも対応出来たりしますが、やはりKNIPEXのプライヤーレンチは掴んで回せる分別格ですね。

基本的に国産の車両にはインチネジは出てこないと思ってOKです。
輸入車もまず無いのですがひょっこり出てきたりする事がありますので、なんとなく出てきそうな雰囲気あるなら事前に調べておくことをオススメします。

そして各部のサイズをちゃんと測定出来る工具も揃えておきましょう。

ホースのクランプツール

私も仕事終わってからとか休みの日はいろんな整備をして楽しんでおります。

現在乗っているのがレース専用車なので各部の交換サイクルが短いと言う事もあり、1時間乗っただけでも一回りのチェックやグリスアップが必要になるんです。
もちろんその分整備性も良くてウインカーとかライトも付いて無いのでバラすのも簡単。
みなさんが思っている以上にはあまり苦労しているとも思ってません。

でも苦手なメニューもありまして。
それが油脂類の交換。

これはもうとにかく面倒ってだけの話でして、通常の整備ならばボルト外して綺麗にして組むってだけなのですが、油脂類系の作業って予期せずに汚れたりするじゃないですか……あまり得意じゃないってか好きじゃないんですよね。

その中でも油圧系の作業は気を遣います。ブレーキなんかもそうですよね。

 

で、そんな事に悩んでいる人にちょっとオススメな工具の紹介。

sig_HScrampX1

SIGNET ホースクランプツールセット

これを使えばホースの途中で液体を止めておく事が出来て、ちょっとした作業でも漏らしたり垂らしたりしなくてすみます。

sig_HScrampX4

使い方は簡単でホースをつまんで掴むだけ。写真のようにホースを途中でクランプしてくれます。
工具側はホースを痛めないように緩い角度で作られてますので安心して使えますね。

これを数本持っていればエンジン降ろしのような作業でも液がダラダラ……なんて事にならなくて便利ですよ。

 

そして金属製クランプでの一番人気はこれ。

imp_horsC_nw4

インペリアル ホースクランプ

これはプロの方に人気ですね。
車検整備でも大活躍する工具です。

大きさが2種類ありますので好きな方をお選びください。
こんな感じで普段あまり気にしてない作業でも専用工具で楽に作業出来ると思いますよ。

強力ボルトカッター ─KNIPEXコボルトシリーズ─

30年くらい前、まだ輸入工具というのがあまり認知されてない頃に鮮烈なデビューを飾った工具がバーコやクニペックスの硬線ニッパーです。
日本製のニッパーというのはいわゆる1本で万能型のものが多く、海外で作られている役割分担がはっきりしているニッパーの中で、強力型の硬線ニッパーの切れ味は本当に衝撃的でした。

当時は今のモデルになる前のバーコのニッパーだったと記憶してますが、その後KNIPEXのニッパーが紹介され

輸入工具のニッパー = なんでも切れる

みたいな意識が浸透していったと思います。

そんな強力無二なニッパーでありますが弱点といえば最終的に人間の握力がそのまま切断力に比例してしまう事です。
もちろんレバー比もあるので1:1ってわけではありませんが、いくら刃自体が切れ味を持っていても硬い相手では難しいものは難しいってな感じですね。

そんな「とにかく切断力を!」というユーザーに近年売れているのが、もともとボルトカッターとしてニッパーの上位に存在しているKNIPEXのコボルトシリーズです。

KNIPEXコボルトシリーズ

握る力を倍増する先端構造により、開き幅こそあまり大きく開口しませんがその切断力はかなりのものです。
実際うちのお客さんでも通常使用で硬線ニッパーのスタンダードの160サイズくらいを使いつつ、硬いモノ用にこのコボルトを購入って人も多くなってきました。

で、
そんな密かな人気のKNIPEXコボルトシリーズには標準サイズ(スタンダード)の200mmの他に小さいのと大きいのが存在します。

KNIPEXコボルトシリーズ

ちなみに小さいサイズの160サイズでもワイパーブレードのステンレス芯くらいなら簡単に切断出来ます。

●ラインナップ
KNIPEX 小型ボルトクリッパーXL250mm(リセス付)

KNIPEX 小型ボルトクリッパー スタンダード・コンフォート(スタンダードサイズ)

KNIPEX 小型クリッパー(スモールサイズ)160mm

KNIPEXコボルトシリーズ

こちらは最大サイズの250mm。
本工具の性格を考えればもっともニーズのあるサイズかもしれません。

現場で「とにかく硬いものをバチバチ切る作業が多い」という人はこの大きい250サイズがオススメですね。
でも標準の200mmでもかなりの切断力、そしてコンパクトさがありますので、いろんな作業が雑多にある現場では標準の200が良いかと思います。

また200mmサイズではお店でかなり売れているこれ。

コボルトベントノーズ

KNIPEX 小型ボルトクリッパー[ベントノーズ]

先端部分にクイっと角度がついているベントノーズモデルがかなりの人気となっております。
コボルトシリーズはその先端の機構ゆえに少々ごつい造りになってますので、キワの切断ではこっちの方が便利な場面が多いからだと思います。
切断能力はほとんど変わりませんし、ストレートで使いたい場面でも問題ありませんからね。

ってなわけで通常のニッパーにもう1本追加で!って検討中の方はこういう切断系工具はいかがでしょうか?ってお話でした。

ボルトナットを落とさず作業

狭い箇所での作業時のイライラポイント。
ラチェットやソケット、そして延長のエクステンションバー等々を駆使して奥まったところにあるボルトナットにアクセスするわけですが…

なんせ脱着するボルトやナットは固定出来ませんからね。
結局手で抑えて…とかになってしまうのですが、そもそも狭くて奥まった箇所では手で抑える行為自体が不可能な場合も多くボルトやナットを落とさないようにそぉ~っと作業しつつ「あっ!」って落としちゃってイライラするわけです。

そんな時にために工具メーカーも黙っているわけもなくちゃんと対応する工具が出ております。
当店では一番人気のこれ。

Ko-kenナットグリップ

Ko-ken 3/8ナットグリップソケット セット・単品

Ko-kenナットグリップ

Ko-ken 3/8ナットグリップディープソケット セット・単品

今やソケットメーカーKo-kenの代表的工具ともなった「ナットグリップソケット」です。
>>各種のシリーズはこちらからどうぞ。

スプリング代わりのリングが小さなボールを抑えてくれていて、そのボールがボルトやナットをホールドしてくれる超便利ソケットです。
しかしある程度のテンションはあるのですが少し重め(長め)のボルトとかの場合、脱落してしまう事もあって「他にホールド出来る工具はないの?」と問い合わせがありました。

そこで最近店舗で人気なのがこれ。

KTCマグネットソケット

KTC 3/8マグネットディープソケット

マグネット付きのソケットも昔からいろいろあったのですが、ぶっちゃけあまり評判はよろしくなくてイマイチだったんですよね。
それというのもマグネット式はどうしても底部分にマグネットを配しないといけないので、スタッドボルトが飛び出るような作業では使えなかったわけです。

しかしこのKTCのソケットはその問題をクリア。

KTCマグネットソケット

こんな感じで内部にスプリングを装備していて深いボルトでも、もちろん浅いボルトやナットでも確実にホールドしてくれます。
また磁力の弱さを不安視する人にも安心なネオジウムを採用し磁力も最強なんです。

もちろんどちらが良いとか悪いとかの話ではなく作業者の好き嫌いや現場の使い勝手で使い分けが必要だと思います。
とりあえずボルトナットをホールドしてくれる工具はこんな風に数種類ありますよって事だけ覚えておいてくださいませ。

精密ドライバーの差し替えモデル

いわゆる車両整備だとあまり出番のない工具ってのがありまして。
工具としては王道なんだけど、その車両内容だとあまり使わないよねーってのが精密ドライバー。

いやもちろん全く必要じゃないって事はなく、持ってないといけない工具のひとつではあるのですが、なにせほとんど使わないので揃えておくのを忘れちゃうって人も多いと思います。

で、そんな使用頻度があまり高くないよって人にオススメなのが差し替え式のドライバー。
PBからは2通りの買い方が出来るモデルがあるので今回はそれを紹介。

PB 精密差替ドライバーセット(ESD仕様)

ひとつめは、これ。
両頭のブレードを差し替えて使う差し替えドライバーとしては王道のモデルです。(ESDってのは静電気防止モデルの事)
これの利点はプラス・マイナスだけじゃなく、TORXやHEXのラインナップもあって自分の好きなセットにカスタマイズ可能な事ですね。

使用頻度こそ低いけど細かな作業もたまにやるって人にはオススメだと思います。
またこんな感じで差し込んでしまえば普通の精密のように使える感じもいいですよ。

そして。

PB インサイダーミニ(精密ドライバー)

こちらはビットを本体に内臓出来るインサイダーシリーズの精密ドライバー。
ビットのラインナップはなく内臓ビットだけで使うことにはなりますが、よく使うプラスマイナスは入ってますので、その辺だけあればOKって人にはコンパクトだしオススメ。

使わない時はこんな感じで全てのブレードを内臓しておけるので、先端が無くなったー…とかのトラブルも少ないですね。

もちろんよく使うよって人は差し替えじゃなく普通の精密ドライバーを購入すればいいと思いますが、あまり出番ないけど持ってないのは嫌だなって人には差し替えモデルはなかなかオススメですよ。