TORX(トルクス)ネジのあれこれ

このブログでも何度か取り上げている花型ビットのTORX。

KO_TORXSET_nw2

整備業界ではかなりメジャーなネジになりつつありますが、やはり今まで関わってこなかった人からはいろんな問い合わせが来ます。

このトルクスネジを分かりにくくしている原因のひとつが「サイズ表記」では無い点。
いわゆるプラスネジのような「何番」とかの番手表記なので、見た目のサイズから推測出来る工具では無いんですね。

※Webや電話問い合わせの場合には下記表を参考にしてみてください(実寸からの番手表)クリックで拡大します。

torx_size

で、はじめてTORXが必要になった人に多いのですが、上記のようになんとかサイズが分かるとその単サイズだけ購入する人が多いです。

ですが。

出来ればなんですけど、TORXに関してはセットでの購入をオススメしてます。

上記の表をもう一度見直すと分かるのですが整備等で良く使われているT20~T30あたりはサイズが密集してまして、慣れているプロメカさんでも間違える事が多いのです。
まして単品買いして他のサイズを持っていない場合には自分の持っているサイズが完全に一致している物なのかどうかの判断がつきにくくなります。

KO_TORXSET_nw1

TORXのカテゴリーページ

いじり止めTORXのカテゴリーページ

ですので出来れば・・で、良いのでセット買いがオススメですね。

また、TORXにはいじり防止と呼ばれる穴あきのTORXと →TH

穴の開いてないスタンダードなTORX →T

があります。
これは相手のネジに凸があるかどうかの差です。

穴あきを使う車種やメーカーは穴あきばかり使いますし、穴なしでOKなメーカーは急に1箇所だけ穴あきが出てくるとかはありませんので、ご自分の整備環境にあった物を購入すればいいと思います。

ちなみに穴あきのTORXを購入しておけばどちらにも兼用出来ますが、最大トルクはかなり落ちますのでその辺は理解して購入するようにしましょう。
もちろん両方持っているのがベストですが。

で、最後にお願いなのですがTORXはキャップボルト形状で人間の見た目の判断でのサイズ判定は不確定な事が多いです。
出来るだけこちらも話を聞きますし、アドバイスもしますのでサイズを決めて掛かるのはやめておきましょう。

年度末とかいろいろ

世間では年度末とか決算とかいろいろ大変そうですが、あくまでもメーカーや関連会社さんが決算の関係で忙しいだけで、当店自体はそれにお付き合いする感じで忙しくさせて頂いてます。

で、この決算時期。

工具のメーカーさんも在庫を減らさなければいけない関係上、セール品の類が多く出る時期でもあります。

>>セールページはこちら

逆にいえば3月末をもってセールが終了するモノも多いんですね。
ですので現在当店のWebサイトに掲載しているセール品の数々も、3月終盤で半分くらいは期間終了となります。

ですので現在セール品を検討中って方は、出来れば今週中に決めてしまってください。来週明けからは徐々に年度末関係のセール品を絞っていく予定です。

工具セット

また、昨年末から継続しておりましたKTCの工具セットセール『SK SALE2017』も4月の20日を持ちまして終了となります。
中には限定色の工具箱を使ったセットもありますが、そういった限定色の工具箱はそろそろ完売になりつつあります。

こちらは終了までまだ1ヶ月ありますが、そういった事情を考えるとそろそろ終了目前って事でもありますので、このセールも検討中って方はそろそろお急ぎくださいませ。

オイル交換の季節

このところ暖かい日も多くなりみなさんが活動的になってきたからなのか、オイル関係の問い合わせが増えてきております。
当店ではエンジンやMTオイルはLINK-OIL推しなのは御存知の通り。

特に近年の自動車に採用されている省燃費型エンジン搭載車向けの高性能オイルであるスポーツエコはリピーターさん含め大人気になっております。

link_spteco005
スイフトスポーツとかで大人気です。

そして現在セール中のセカンドグレード「パワーSP15W45」はもう定番といっていい人気ですね。

link_power_spx

・現在絶賛SALE中です! LINK-OILパワーSP15W45(2リッターパッケージ)

あ、あとミッションオイルのこれも人気。本当にこんなに安くていいんですか?って言われるくらいです。(私が値段決めてるわけじゃないのでいいのですw)

link_r759000b

・LINK-OIL ミッションオイルR7590G

この価格でグレード的には中の上くらいですからね、本当にオススメです。

そうそうミッションオイルつながりでこれも売れてます。

link_stmX3

・LINK-OIL STM(MTオイル添加剤)

ミッションオイルの添加剤なんですけど、これは変化球なしで単純に質の良い添加剤として作られてますので安心して使うことが出来ます。

 

ってなわけでリンクオイルシリーズもかなり増えまして、かなり選択肢も広がりました。
どれも直球勝負の真面目に作ったケミカルですので一度試してみてくださいませ。

>>LINK-OILラインナップの総合ページはこちらからどうぞ。

PBの小物グッズ

ドライバーやHEX、ポンチやタガネで人気のスイスのPB。

近年はプライベートシリーズと称してカラーバリエーションも多様になり、工具としての評価はもちろん見た目の楽しさでも高い人気を誇っております。

そしてカタログにはあまり掲載されませんが、ちょっとしたアイテムもいくつかありまして不定期の入荷ながら入荷するとすぐに完売するくらい欲しがっている人も多いんですね。

pb_GkeyH3

・PB スイスグリップキーホルダー

例えばこれもお店ではかなりの人気商品。
最新のスイスグリップをそのままキーホルダーにしてて工具好きならニンマリするブツですね。

 

で、そんなPBのグッズで密かな人気なのがこれ。

IMG_3226

PB マグネットクリップ

発売当初に紙の資料で見た時は「こんなの何に使うの?」と思ってましたけど。
実物見たらかなりの出来で自分用に欲しくなってしまいました。

pb_magclpX2

またマグネット自体がかなり強力なので実用度もそこそこ。

ガレージの壁に紙の資料とかイベントのスケジュールとか貼り付けておきたい時とか、それこそ自宅の冷蔵庫用とかね。こんなに小さいのにバッチリ張り付いてくれて重宝すると思います。

pb_magclpX1

全6色でセットになってますので、並べて置いておくだけでも楽しい気分になりますね。

何か購入のついでに是非どうぞー。

オイルの添加剤

工具を使って車両をメンテ。

そういった作業に必ず必要となってくるのが各種ケミカルです。
エンジンやMTオイルはもちろん防錆剤やグリス等々、整備にはなくてはならない物なのですが・・・
お店をはじめた頃は個人的にそういった物を取り扱う事にあまり積極的になれなかったんですよね。

一番の理由としてはとくにエンジンオイルなのですが、様々な銘柄のオイルにつきまとういろんな噂話みたいなヤツがちょっと面倒だと思っていたんです。

ぶっちゃけ現在まともなルートで販売されているオイル類で、ダメなオイルってのはないと思ってます。
もちろんその中で価格や性能での優劣はあると思いますが「あれはダメだ」ってオイルはないと思うんですよね。
しかし特定のオイルへの中傷とか結構あるじゃないですか。
特に最後は入れた人のインプレッション次第になりがちなオイルは、そういった面倒な話につきあわされるのが嫌だったってのが正直な所です。

しかし。

やはり工具を販売しているとオイルの問い合わせも多いんです。
それは上で書いた面倒な話とかではなく普通にウチでオイル買いたいってな単純な話として。

で、リンクオイルを扱うようになってからはさらに問い合わせの種類が増えまして、その中でも多かったのがエンジンオイルの添加剤でした。

 

以前にもこのブログに書いた事があると思いますが、現在スポーツカーとして存在する国産車って少ないんですよね。
今でこそトヨタの86とかありますけどいまだに10年落ち以上の車に乗っている人って多いと思います。
で、そんな年代の車だとやばいのがオイル漏れ。

根本的な解決としてはエンジンのO/Hになると思うのですが「いや・・・そこまでは」って人は多いと思います。
そこでおすすめなのがスコミーブランドで販売されているオングスシリーズ。

オイル下がり、つまりシール類の劣化に対応しているのがこれ。

ongs_oilstopX3

オングス ストップリーク

簡単に言ってしまえば「ゴムの復活剤」だと思っていただければOK。
経年劣化で縮んでしまった各種シールやパッキン類を元に戻す効果があります。
ゴムの劣化が原因でオイル漏れしているような場合にはかなり効く添加剤です。

現在このゴム復活の添加剤は技術としてかなり確立されているので「添加剤ってなんか怪しくて嫌だ」って人でもこのストップリークは信じてもらって良いと思います。

 

そしてオイル上がり向けの添加剤としてはこれ。

ongs_rebirthX1

オングス リバース

これは経年劣化によって広がってしまった金属間のクリアランスをちょっとだけ埋めてくれる添加剤だと思っていただければOK。

オイル上がりの主な原因はピストンとシリンダーの間のクリアランス過大による圧縮抜けです。
10万キロを超えるような車両の場合ここが問題になってくるんですね。
そこでこの添加剤を入れ擦動摩擦を少しでも軽減しつつ金属吸着によって適正なクリアランスに近づけてくれる添加剤です。

これオイル上がりと言う話題がわかりやすいのでそういう説明になりがちですが、もっと単純に言えば距離走っている車両にはオイル漏れとかして無くても全般的に効きます。
エンジンが少しがさつな感じがする・・・とかエンジン内部の異音が出始めた・・・とかとか、そういった場合にこれいれると落ち着く事が多いです。
この添加剤も変な成分とか入っておらず、いわゆるコストの高い添加剤を混ぜて生成してある高純度の添加剤ですので魔法のような効果はありませんが、過走行車にはおすすめ出来るケミカルですね。

どちらの添加剤も一度オイルを抜いてしまうと効果が薄れていきますので、入れてみて体感出来るような場合には少しだけ継続利用してみてくださいませ。

現在お買い得なキャンペーンの大特価品があります。

オングス ストップリーク限定特価品

もともとこの手の添加剤の中では安い設定でしたが・・・このキャンペーン品は大特価となっております。
とりあえず一度入れてみたいって人にお試し特価をご活用くださいませ。