上抜きのオイル交換

なんとか夏場のイベントが終了しまして、営業車兼愛車の日産NV350キャラバンのオイル交換をしました。
近年はロングドレインと呼ばれる5000キロや1万キロ超のオイル無交換を推奨される事がありますが、やはり自分の車ならサクサクっと交換したいもんですよね。

キャラバン

キャラバンはガソリン車で純正指定が0W20でしたからLINK-OILのウルトラエコ0W20を投入。
よく「0W番台のオイルは怖くて入れられない」とか聞くのですが、これはちょっと前の話ですかね。今どきのキチンとしたオイルなら問題になる事はありません。
まぁそれでもこれで交換2回が終わりましてエンジン保護を考えると、次タイミングは総走行距離で1万キロを超えてきますので次回はスポーツエコをいれようかと思ってます。
(スポーツエコ0W25は低粘度オイルの中でもエンジン保護性能も抜群です)

交換している最中に雨が降ってきてしまい焦りましたが、本降りになる前に無事に終了。
ちなみにオイル交換は上抜き器を使っているのですが、いまだに「これ本当にちゃんと抜けるの?」と質問がきます。
車種によってはオイルパンというかレベルゲージからの形状というか、抜きにくい車種があるのは認めますが、よっぽど変わった配置のエンジン形式でなければ問題なく全量交換出来ます。

SIGNETオイル交換器

SIGNET 負圧式上抜きオイルチェンジャー

上抜きの最大のメリットは「オイル交換が簡単で早い」事だと思います。
ジャッキアップしてドレン緩めて…って作業工程をすっ飛ばせるので、準備を始めてから片付けまでで10分チョイでオイル交換出来るんですね。
これだけサササっと出来ると作業自体をやろうって気にもなりますから、そういう意味でも良い工具だと思います。

SIGNETオイル交換器

ちなみに使い方ですが。
オイルの量を見る「レベルゲージ」あるじゃないですか、あそこに付属のホースを突っ込んで写真のようにポンピングするだけ。(エアーの場合にはエアーでOK)

10回もポンプしてあげれば勝手にオイルが吸い出されますのでボケーっと見てるだけでオイル交換が終わります。
今でもオイルの上抜き否定派な人もいたりしますが、使ってしまうとこんなに便利なモノありませんので一度試して欲しいですね。

これを持っていると急に思い立ってオイル交換する気になった時にサササっと交換出来ますよ、いやホントホント。

JNCC第7戦シーサイドバレー糸魚川

夏場に私用が立て込んでしまい、しばらくJNCCに行けませんでした。
真夏のメインイベントである月山もパスしてしまったので、あまりにも寂しくて滅多に行かない新潟の糸魚川大会にお邪魔してきました。

2017SSV

今回も出店メインでいったのですが……この会場は出店エリアがパドックとすごく離れていてお客さんが全然来ない事で有名だったんですね。
(それもあって縁遠くなってました)
しかし今回はパドック内に出店エリアを設けてくれたので、土曜日は楽しく営業出来ました。

土曜日は朝からシトシトと雨の降る天気でちょっと心配だったのですが、昼から雨もあがり徐々に空が明るくなったのでひと安心。

土曜日はそのまま前夜祭になるのですが、糸魚川といえばフォッサマグナ。
そう、近所にいい温泉がたくさんあるんですね。
ってなわけで温泉いってからBBQではなく地元のおすすめ飯屋さんにいってお腹いっぱい食べました。

2017SSV

年間で8戦あるので毎月BBQだと飽きるんですよね。
たまにはこういうのも良いもんですね。

そして日曜日はレースデイ。

2017SSV

気持ちのよい秋晴れになってもう最高。
気温はそこそこあるのにカラっとしてて気持ちの良い日になりました。

2017SSV

午前はチームメイトも多く出場するFUNクラス。
みんなで作っておそろいのチームジャージで気合充分です。

2017SSV

FUNクラスのトップカテゴリーに出場するケンヤさんは有言実行の1周目トップ通過!
応援側も盛り上がりました。

2017SSV

午後のCOMPクラスはBクラスに出るナガチャンが前半シングルで頑張る展開。
しかし、崖落ちしてしまったらしく順位を大きく落としてフィニッシュ。
まぁ怪我しなかっただけ良かったですね。

2017SSV

すべてのレースが終わり後片付け。
気がつけばかなり日が短くなってきてまして、夕日の見ながらになってしまいました。
私はこの「夏の終わり感」がほんとにキライで憂鬱な気分になってしまうんです。
なんか寂しいっすよね。

最後は今回の糸魚川でHOTな話題になったこの人で締め!

2017SSV

翡翠レディ。
牧歌的な雰囲気が最高でした!
あざーした!

JNCC第7戦新潟糸魚川大会 出口選手報告

当店とLINK-OILからサポートをしている出口選手がJNCC第7戦となる新潟県の糸魚川大会に出場しましたのでそのレポートです。
チーム名『NAGmotors&ABITwith 日野カントリーオフロードランド』

出口選手JNCC糸魚川2017

クラス(トップカテゴリー):AA1
ゼッケン:62

前回の第6戦月山大会でマシンのセットアップも決まってきた感もあり、今戦もとにかくマシン細部の調整に心がけてレースに臨みました。

出口選手JNCC糸魚川2017

出口選手のアグレッシブな走りと夏場のレースを考えて、エンジンオイルは耐久性重視のNUR15W70を使い続けてきましたが、気温も落ち着いてきた今回からは久々にトルク15W50に変更。
もともとこのオイルに惚れ込んでリンクオイルを使い始めた出口選手はそのフィーリングとパワー感に大満足だったみたいです。

出口選手JNCC糸魚川2017

今回の糸魚川ラウンドは高低差のある登り・下りが激しいコース設定。
特に登りは全開区間が長く、エンジンパワーがそのまま順位に影響するようなコース設定でしたが、パワーに勝るライバルに対しても高回転までスムーズに回るエンジンに助けられた場面が多く見受けられました。

出口選手糸魚川2017

厳しい登り区間で差をつけられなければ、あとはパワー差の関係ない下り区間で猛プッシュして順位を上げていく展開で順位をあげていき、3時間あるレースの後半までは3位を走行。
そのアグレッシブな走りには見ていた観客も大いに盛り上がりました。

しかし後半ラスト3周ってところでフロントタイヤがパンク。
一時はそのままリタイヤも考えましたが5位以降にかなりのタイム差がある事を確認し、パンクしたまま走行を続けましてひとつ順位を落としましたが、なんとか4位でフィニッシュしました。

JNCC2017糸魚川

今回はパンクしての4位という事で結果には満足しているようです。
実際ビードが落ちそうになるタイヤを気遣いながらの3周は大変だったようで、走行後は疲れ果ててましたけどね。

出口選手JNCC糸魚川2017

そして11月の初旬に最終戦となる長野大会があります。
今回はかなり手応えがあったレースになりましたので、最終戦も好成績が残せるように頑張ってくれるでしょう。

出口選手JNCC糸魚川2017

次戦も本人はもちろんチームをあげてがんばりますので、みなさん応援よろしくお願いします。

Ko-kenのニッチなソケット

国産ソケット専門メーカーのKo-ken(コーケン)

実は日本国内の販売よりも海外での販売量が多く、世界的な知名度も私達が思っている以上に高いメーカーです。
モノもそつなつ高品質でコストパフォーマンスも最高、店舗でもかなりの売上を誇ります。

そしてソケット専門メーカーだけあって種類も豊富なんですね。
当店は工業団地に囲まれた立地なのですが、近隣の工場から来る変なサイズのソケットの注文にもコーケンならば大抵対応出来ていて販売店としても大変助かるメーカーなんです。

そんなKo-kenから販売されている異型な薄型ソケットが対応車種以外にもひっそりと人気です。
例えばこれとか……

ドカティ用ソケット

Ko-ken ドカティ用リアアクルスソケット各種

MVアグスタ用ソケット

Ko-ken MVアグスタ用リアアクルスソケット

もともとはMVアグスタのリアアクスルの12ポイントインチソケットに対応するために作られ始めたこのシリーズ。
いまではサイズも拡大してドカティ用まで出て、ラインナップも多くなっております。
イタリア本国でもKo-kenのソケットの人気が高いそうです。

そして背の低いソケットが作れるならば……と別業種から受注して作ったのがこちらのシリーズ。

欧州車用オイルフィルタソケット

Ko-ken 3/8欧州車向けオイルフィルターソケット各種

このシリーズはもともとカートリッジ式のオイルフィルターを外すために作られていて、どのソケットも今どきの薄型ナットに対応するためにザグリ面を浅め(もしくはゼロ)にしてあります。
しかしサイズは普通の27mmとか30mmとかですからね、対応箇所の整備用だけ無く他所への流用でも重宝されるようになってきてます。

また狭い箇所で使われるロートルクソケットでしたので、差込角がこのサイズではありえない3/8(9.5sq)になっていて、変換アダプターを使わずに大サイズのソケットが使いたい人にも人気です。

普通に紹介記事をみただけでは
「なんだ、バイクとか外車用か」
とあまり気にしてなかった人もいるかと思いますが、考え方変えればなかなか面白いソケットだと思いますよ。

運送(送料)の転換期

昨年頃からニュースにもなりみなさんも関心があると思います、宅配便の送料の件。

ニャン

ついに来月の10月1日に当店がメインで使ってきましたヤマト運輸の大幅値上げがあります。
ヤマト運輸全国一律値上げに関して

すでに当店にも値上げの勧告はきておりまして、どのように対応しようか悩んでおりましたが……。
正直言って悩むどころの話ではなく、従来通りの運送料金では全くやっていけない金額になってしまいます。
まぁもともとの発想が「取り扱いの荷物の総数を減らしたい」だったわけですから、今回の大幅値上げはある意味成功なんだと思います。

エイビットもこの事態に対応すべくいろいろ検討しておりましたが、送料の値上げや代金引換発送の休止や停止、送料無料金額の見直し等々を行わなければいけなくなりそうです。
(ぶっちゃけヤマトはほぼ使えなくなります、金額的な話で)

もう少ししたら正式な発表というか、とりあえずの暫定措置を告知しますのでどうぞご了承頂けると幸いです。

検討中事案
・送料無料の金額の引き上げ。
・現在代引きはヤマトを利用しているので代引きの廃止か佐川急便への乗り換え
・全国運送料金の抜本的な見直し

この3点がとりあえず直近の懸案事項となります。
はぁー困ったなぁ。