鉄板の折り曲げ加工

ネジを緩めて締めて…の車両整備の場合、あまり関係ないと思われがちな加工工具関係。
たとえばドリルとかタガネとかね、そういうのは使わないですねーなんて人も結構いるんです。

でもでも。
車でもバイクでもちょっとした小加工とかもあるので、このブログではドリルとかサンダーとか、電動の加工工具の推奨をいつもしております。
で、そんなちょっとした加工というか作り物の中でもステーの新規作成って意外と多くて、その辺の処理とキチンとしてあげると出来上がりのクオリティがグッと上がるんです。

そんなわけで今回はそんな作業で持ってると便利な『鉄板を折り曲げたり、折り曲げてBOX作ったり出来る工具』の紹介。

HOZAN鉄板折り曲げ

HOZAN 鉄板折り曲げ機

もともとは電子工作用といいますか、スイッチングBOXとかそういうモノを作るための治具なんですけど、様々な形状に対応した折り曲げが出来るという意味ではかなり重宝する工具だと思います。
上の図に番号降ってありますが、そこにすでに90度に曲げた板を逃して曲げる事が出来るので製作者の考えひとつで複雑な形状の折り曲げも可能です。

HOZAN折り曲げ図

上記の番号に対応した横幅の表です。
この溝のおかげで様々な横幅のBOX形状を作る事が出来ます。

まぁここで解説するだけだと限界がありますので、詳しくは動画を見てみてください。

ちなみにすでに車載状態でのちょっとした折り曲げ加工や修正加工の場合。
こんな工具も活躍します。

KNIPEXプライヤーレンチ

KNIPEX プライヤーレンチ

すでにかなり有名な工具でウォーターポンププライヤーの形状をしているのに実はモンキーレンチという人気工具のプライヤーレンチです。
この工具は倍力機構がガッツリくわえ込んで、なおかつ掴み部分にはヤスリ目がなく平面なお陰で鉄板の折り曲げにもかなり便利です。

KNIPEXプライヤーレンチ

こんな風にちょっと曲がってしまった…とか、ちょっと曲げたい…とかね。
そんな時に活躍します。
もちろん車載状態でなくてもいいわけですからね、こういった加工用として考えてもおすすめの工具ですよ。

スタビレーの80ギアラチェット

ドイツ系の工具メーカーってどちらかと言うと保守的と言うか、昔ながらの工具ラインナップを大事する印象があるんですが。
そんな中でも突然ひょっこりと新型を織り交ぜてきて驚かせてくれたりします。

このラチェットもまさにそんな「ひょっこり新型」で驚かされた工具のひとつ。

sta_14ra80X2

スタビレー 1/4ラチェット 80ギア

昔ながらの見た目を維持したまま、中身は完全新作の80ギアの新ユニットです。
この雰囲気を残したままの感じがとてもいいですね。

sta_14ra80X3

ギアの使用感もカリカリカリと軽快なラチェッティングで使い勝手もかなり良さそうです。
各部も細かく見てみると操作系や耐久性向上のための小変更が見受けられとても丁寧に作られているのがよく分かります。

そしてこのラチェットは裏蓋を留めるためのネジ等が存在しません(リングで抑えてます)
後々の分解整備のしやすさとかも考えて作られているんですね。

スタビレー3/8ラチェット

もちろん1/4ラチェットだけでなく3/8ラチェットのラインナップもあります。
ギア数が細かくなり最大トルクの低下を懸念する人もいますが、この多段ギア採用のラチェットは従来のラチェットと内部機構が少し異なりますので、そういう心配もほぼありません。

あ、そうそう同じく新シリーズであるスタビレーのギアレンチシリーズも大好評です。

sta_17giaX1

スタビレー ラチェットコンビネーション(ギアレンチ)

レンチ本体はスタビレー独自の淡い梨地にI(アイ)断面となっております。
それにギアレンチが付いているんですから使い勝手はいいに決まってますよね。

すごく古典的な工具メーカーの印象があるスタビレーですが、こんな感じでいろいろな新製品も見逃せませんね。

世界で戦う日本人ライダー

motoGPでもmoto2の中上選手が話題になっておりますが、モトクロスの世界でも久々に世界で戦う日本人ライダーが注目されております。

若干15歳の日本人ライダー、下田丈選手。
若くしてHONDAのワークス下部チームに所属しこのまま順調にいけば、アメリカのAMAスーパークロスのエースライダーにも…と夢が膨らむ有望ライダーです。

下田丈選手

そして今年のアメリカAMAスーパークロスの総決算でもあるラスベガスで開催されたモンスターエナジーカップで総合3位に食い込む快走。

モンエナカップ2017

日本企業が強いモータースポーツの現場でいわゆる「日本人枠」で潜り込んだとかでは無く、実力のみで現地で頑張っている日本人です。

また彼の活躍の影には日本時代のサポートとして元木さんって方が「日本人を世界に送り出す!」と頑張ってくれてます。
こういう気概のあるパトロンがまだ日本にいた事にもいろいろ勇気つけられますね。

日本国内でましてやモトクロス方面ですと、なかなか話題に上がる事はないと思いますが。
『下田丈』
この名前をぜひ覚えておいてください。

 

動画はそのモンエナカップのヒート1。
ゼッケン47のピンクのジャージに注目です。

オイル系作業のお供に

車両整備の基本中の基本と言えば油脂類の交換ですよね。
エンジンオイルはもちろんMTオイルとか車両を維持するにあたって様々なオイルの交換を行います。

でも。
これは私だけかも知れませんが結構面倒なんですよね…主に片付けが。
オイル交換につかった工具とかオイルジョッキとか、全体的にオイリーな感じになってしまい拭き取りも含めてオイルの処理に困る事が多いです。

で、そんな時に個人的にも使っているのがこれ。

joh_aburax1

SIGNET 油水吸着マット

水も油も全て吸い込んでくれる工業用の油水吸着マットでして、これ使ってしまうとウエスとか使うのがバカらしく思えるくらいオイルの処理が楽になります。

実際に実験してみると…

joh_aburax6

こんな感じでパーツトレーにたれたオイルを普通のウエスで拭き取ると。

joh_aburax7

まぁ吸い取るというよりは、なんというか寄せていくような感じっていうんですかね。
実際こんな感じになった事がある人も多いと思うので分かると思います。

その点、吸着マットをウエスくらいの大きさに切って使うと…
(ハサミでチョキチョキ切れます)

joh_aburax9

グイグイって押し付けながらの一往復の拭き取りでこの通り。
完全に吸い上げていますね、まして横に伸びないのでマット自体もあまり大きく濡れていないのも分かると思います。

このマット、なんだか工業用っぽいし大げさな雰囲気なので個人用にはいらないかな?と思ってしまう人もいますが、実際は個人のガレージとかの方が活躍する場面が多いのではないかと思います。

また、後から発売になった吸着マットの染み込まないバージョンも人気。

sig_85113a004

SIGNET メンテナンスシート

こちらも上記の吸着マットと同じ性能がありのですが、このように大判なんですね。
で、このマットは裏側がコーティングされていて。

sig_85113a003

分かりやすくいうと裏側はビニールコートされてる感じです。
ですのでこの上で作業をしてオイルこぼしたりしても、ガレージの床面を一切汚さないで済むって事なんですね。

大きさも800×1000mmあるのでバイクくらいなら丸ごと一台をこのシートの上で作業する事が可能です。
車の場合にはオイル交換時にこれを下に差し込んでから作業すればOK。

ちょっとの事なんですけど、使ってみるとすっごく便利な吸着マット。
ぜひ一度お試しくださいませ。

情熱のゆくえ

昨日は10ヶ月ぶりくらいかな、とにかく久しぶりに「遊びのため」にお休みを頂きましてダートバイクを乗りに群馬の日野カントリーコースまで行ってきました。

本当はやっぱり仕事とか気になる事もあって休むか休まないか…最後まで悩んだのですが、ちょうどその日の朝イチにカミさんをそっち方面の駅まで送っていく事と、コース帰りに書類を届ける用事がありまして全てを「ついで」って事にして決断しました。

数年前のように毎週のようにバイクに乗れなくなったせいで、バイクも手放してしまいました。
それのせいか分かりませんが、バイク貸すよって言われてもあまり乗りにいく気にならなかったってのもあって、今回のはその辺の確認の意味でもコースに行ってみたんです。

日野カントリー

しかし昨日は全国的にあいにくの雨。
それも時間によっては結構な雨量でして…まぁ普通なら今日はヤメって事になるような天気でした。
しかし今のお仲間の若い衆が元気ありますからね、雨なんて気にしないでみんな楽しそうでした。

私も久しぶりのダートバイクでとにかくワクワク。
いきなりはっちゃけて怪我とかしたくなかったので、のんびりとマイペースでコースをグルグルしました。

でもぶっちゃけあまり楽しくなかったんですわ。(いや楽しかったんだけど思ってたほどではなかったんです)
何が原因かなぁ…と昼飯食いながら考えたのですが、たぶんバイクが借り物ってのが大きかったんだと思います。
(もちろん久しぶりなのに雨降ってるとか他にも要因があったと思います)

今の仕事を始めてから常にモータースポーツの趣味は何かしら続けてきました。
そしてとにかくいろんな事を経験してみたいって気持ちから10年ひと区切りって感じで今のダートバイクにたどり着いたんです。
以前の日記を見直すと乗り始めたのが9年くらい前なんですよね。
だから後1年。
行くのか引くのか。

コースの帰り道中に届けないといけない書類の用事があったので、もともと早上がりする気ではいたのですが、昼飯食い終わって午後の走行になった時。
「なんかつまらないな」
と思っちゃいそうな自分がいて慌てて片付けてコースを後にしました。
まわりを見れば昔から一緒に走っていた人達はいなくなっている事実。
なんだか気持ちというか情熱の持っていき場が難しいと感じてしまいました。

その後書類を届け、子供を約束の時間に迎えにいって。
降り続く長雨に乾かない洗濯物をコインランドリーに持っていって乾燥機にかけました。

コインランドリー

グルグル回る洗濯物を見ながら。
やっぱもう一度バイク買って乗ってみようって気持ちになってきました。
ここ数年、両親が危篤状態が続き「バイクどころではない」ということでバイクを売ってしまいましたが先月ついに両親ともに他界してしまいました。
まだ事後処理が多く残っている状態なのですぐにってわけにはいきませんが、もう一度「自分のバイク」に乗って楽しんでみようと決断出来た一日となりました。

今日は心地よい筋肉痛。
やっぱバイクは楽しいやね。