軸の細いプラス2番のドライバー

今や工具は星の数ほど存在し車種別の特殊な工具でも無い限り入手で困る事ってのはなくなってきました。

が。

やはり穴というのは存在しまして今日紹介するのもそんな工具です。

ktc_srimDX2

KTC 伸縮式スリムドライバー

伸縮式で伸び縮みし工具箱にも入れやすい機構が付いているスリムドライバーです。
ちなみにスリムってのはブレードの軸径のお話。
なんとこのドライバー先端の軸径がφ5mmという細軸設定。

ktc_srimDX3

通常Φ7mmはあるプラス#2(写真右)ですがこの太さだと入らないネジホールがあるんです。

これ実はちょっと珍しい工具の退化のパターン。
ひと昔前のドライバーだとΦ5mmとかΦ6mmが多かったのですが、近年のトルク管理の余波を受けて最近のモデルは大体このΦ7mmで作られております。

しかし世の中の工業製品は逆にコスト削減や軽量化の為にホールを小さくする傾向。
これホント最近の工具事情では珍しい需要と供給の利害が反転してしまった結果なんですね。
そうなるとやはりと言うか……細いドライバーを捜しているいる人が増えてきまして、今回のKTCの細軸ドライバーが活躍するわけです。

KTCのカタログでは「光軸調整用ドライバー」として販売されてますが、実際はこの「細いドライバー」を求めていた人が様々な業種で数多くいます。
地味な存在なのですが探してた人には「あ!」っ思う人も多いはず、この機会にぜひどうぞー。

Microsoft Edgeについて

Windows7のサポート終了問題を経て昨年末に多くの人がWindows10に移行したと思いますが(MACな人は除く)
そんなWin10でデフォルトのWebブラウザになっているMicrosoft Edgeが今年の春頃からフルモデルチェンジとも言える変貌を遂げておりまして、IEシリーズのWebブラウザをいまだに使っている人には出来ればMicrosoft Edgeに移行してもらいたいなぁってな記事です。

実は昔からMicrosoftが作っているWebブラウザのIE(インターネットエクスプローラー)シリーズはMicrosoft社の独自ブラウザってな位置づけでした。
ですので中身はかなり独善的なブラウザでして、当店のようなWeb通販をしている会社ではネット通販用のWebページをいかにIEにも対応させるのかが結構な問題になっていたのです。
(もっと分かりやすくいえばIEは運営側にとってはかなりダメなブラウザでした)

そしてWin10の登場、そしてそれと共に心機一転したブラウザ「Microsoft Edge」に期待がかかったのですが…
まぁよくも悪くもIEの発展型でした。

しかし今年の春くらいについに…ついに…。
Microsoft Edgeがオープンソースなブラウザとして静かにフルモデルチェンジしました。
Microsoft社がついに独自仕様だったブラウザの開発をやめて、Google Chromeのような今どきブラウザになったわけです。

Microsoft Edge

で、今回のこの記事で何が言いたいのかというと。

そんな状況でもいまだにIEからのアクセスが一定数あります。
ここを見ている方でまだIE使っている人は出来ればMicrosoft Edgeに移行してもらいたいなぁってお話です。(ChromeでもOK)

とにかくIEに対応させるためだけに特別なプログラムを追加する必要があったのですが、そろそろ運営側もIEだけの処理を諦めつつありましてまともに閲覧出来ないようになる未来もそう遠くないかなぁと思っております。

あ、もちろんChromeやFirefox使ってるよって人にはあまり関係ない話です。
IEをいまだに使っている人に向けたお願いだと思ってくださいませ。

リンクオイルの夏のセール始まってます

年に2回、夏と冬に開催するLINK-OILのスーパーセールが開催中です。
定価からの値引きではなく店頭特価からの15%OFFですので購入を検討していた方には大チャンスとなりますね。

リンクオイルセール

期間は
7月7日の18時までとなっております。

店舗ではもちろんWeb通販でも購入の際に即時値引きとなります。
※Web通販では最終決済画面にて対象商品が15%OFFになるように自動計算されます。

>>リンクオイルのセール詳細はこちらのページを御覧ください。

特にお買い得なのは20リッターのペール缶でして、通常時でも大幅値引きされている特価販売なのですが、この期間だけはその「特価からさらに15%OFF」となります。
年に2回のセールですのでこのセールのタイミングでいつもペール缶で買ってくれる常連さんも多いですね。
それとペール缶で購入される方に注意点なのですが、現在の運送事情では大型商品にあたるペール缶(20kg以上あります)は個人宅への配送がかなり困難になりつつあります。
ですのでご協力頂ける方は会社で受け取ったりして頂くと助かります。

リンクオイルセール

もちろんペール缶だけではなく4リッター等もありますので「とりあえず試しに入れてみたい」なんて人も気楽にどうぞ。

>>各オイルの性能というか選び方の紹介はこちら。

現在多くの注文が殺到しておりまして順次お渡ししている状態です。
少しお時間がかかる可能性もありますのでご理解くださいませ。

マイナスドライバーを充実させる

長年工具の販売をしてきていろんなメカニックさんを見てきました。

で、職業柄そういった人達の工具箱の中が気になったりするんですけど、プロメカさんと普通のサンメカさんとのパッと見の大きな違いは同種工具の揃え方ですかね。

例えばこのブログでも何度か書いているエクステンションバー。
出来る人ほど効率と確実性を優先してかなりの本数を揃えています。
逆に言えばサンメカさんほど「これとこれを繋げばこの長さになるし」と言いつつ必要最小限で済まそうとしますね。もちろん予算とかあるでしょうし、私がこの業界の人間じゃ無かったらと考えると気持ちも分かります。(もっと他の物揃えたいとかいろいろありますしね)

で、そんな同種工具。
プロの工具箱を覗くと、数を揃えている物で象徴的な工具がマイナスドライバーです。

意外だと思う人も多いと思いますが、実際の現場メカさんではこれをいろんな種類で揃えている人が多いです。
まぁもっとちゃんと言うと必要に応じて揃えてたら増えちゃったってのが正解だと思いますけどね。

現代の整備事情では本来のマイナスドライバーの使い方ではありませんが、ちょっとクイってやったり奥まった箇所のコネクター外したり、ケミカルの塗りつけやったりといろいろ活躍します。

PBマイナス

PB スイスグリップドライバー(マイナス)

通常時使う普通のドライバーは揃えて持っている人は多いと思います。
その辺のドライバーが一式揃ったら是非、長さ違いとかのドライバーも揃えてみてください。

PB [ロング]スイスグリップドライバー [マイナス]

例えばこんなロングシャンクのドライバーとか。

PBマイナスドライバー

またPBのマイナスドライバーシリーズには精密扱いとなる「#0」や「#00」の設定もあります。
精密ドライバーとは先端加工が違いますので持っているとかなり重宝すると思います。

PB同軸ドライバー

PB 同軸マイナスドライバー(キャブドライバー)

こちらは通称キャブドラ。
先端の刃幅とシャフト径が同一サイズとなっていてホールの奥にある調整用マイナス等にアクセスしやすい形状です。
また先端がテーパー加工されていてシールをめくったりするのにも便利です。

スマホを使った内視鏡

いろんな整備をしている時にふと思う事っていくつかありますが。

「あの裏側を見ることが出来ればなぁ」とか

「ピストントップやシリンダーの状態をちょっとだけ確認したいなぁ」とか

人間の目では目視で確認出来ない箇所をちょっとだけ見てみたい、そしてそれが可能になるという事は無駄な分解整備を減らす事が出来るというわけです。

そんなわけで今回紹介するのはそんなお悩みを少しだけ解決してくれる内視鏡のおすすめです。

SMTスコープカメラ

SMT Wi-Fiスコープカメラ

このスマートツールの内視鏡「Wi-Fiスコープカメラ」がかなり出来がよくて評判もいいです。
最近の内視鏡は直視ではなく何かしらのモニターを介してカメラの映像を見るようになっていますが、このセットにモニターらしきものはありません。

それもそのはずで商品名にもなっている通り「Wi-Fi」で自分のスマホに画像を飛ばして使用するタイプとなっております。
この手のセットの中でも最も高価になるモニター部分を省略する事が出来ておりますので、かなり安価でなおかつモニター部分はスマホなので解像度もそこそこあるというイイとこ取りのセットになっております。

またスマホに画像や動画をそのまま保存出来ますので、例えば作業中のお客さんの車両の状態を画像で保存してそのままスマホでシームレスに送信──っとかが可能なわけです。これは結構便利っすよ。

SMTスコープカメラ

カメラ部分はこのように細く(φ8.2mm)そしてLEDライトも装備されていて、このままの使用で問題ない状態になっております。

SMTスコープカメラ

また作業用の内視鏡には必須の各種アダプターも充実。

SMTスコープカメラ

差し込んだ先の側面が見たいならミラーアダプターを、狭い隙間に部品やネジを落として拾いたいならフックやマグネットアダプターが活躍すると思います。

車両整備での内視鏡というとどうしても内燃機をやる人向けみたいな感じがありますが、価格も安く気楽つ使えますのでいろんな使用方法を模索出来ると思います。

SMTスコープカメラ

実際私が使ってみて撮影したのがこれ。
ウォーターポンププライヤーの歯の根本部分を近接撮影。
このようにマクロでもキチンとピントあうので狭い部分の精密撮影でも問題ないと思います。
もちろん弱点もあって、それは丸いカメラなので上下左右がぐちゃぐちゃになる事。
つまりカメラの位置や持ち手によって上下があっているのかどうかが分かりにくいんですね。まぁこれは仕方ないといえば仕方ないす。

商品の紹介ページには接続するためのアプリとかそういう情報も載せてますので気になる人は見てみてくださいませー。