リコイル

手から伝わるイヤーな感触。
ネジ山がおかしくなってムニューだったりズルーだったり、ネジ山を壊してしまうのは誰でにもある事なので仕方無いのですが、やっぱリカバリーとかまで考えると憂鬱ですよね。

そんな時に便利なのがネジ山を新規で作り直せるヘリサートとかリコイルの存在。
(名前はメーカーごとに違うだけでほぼ同じ物です)

recoil_nw1

リコイル各種

こんな風なセットになっていて、これ1セットでひとつのサイズのネジ山を新規で作り直す事が出来ます。

recoil_nw2

セットにはパケットと言うバネのような物が入ってます。

このバネみたいなヤツがそのままネジ山になってくれるんですが・・・。
たまにセットでは無くパケットだけ買えばなんとかなります?って質問来るので一応書いときますが、なんとかならないと思いますので最初はセットで買うようにしてください。

recoil_nw4

こんな感じで挿入工具とかも専用品になっていて、これが無いとうまく挿入が出来ませんし最後の爪部分の折り取りも出来ません。
さらに言えば専用径のドリル刃やタップまで付いてて、いたれり尽くせりなセットですので結果としてセット購入の方が安上がりだとも思います。

ネジ山の種類ごとに細かく分かれてますので必要なセットをご相談くださいませ。

※なるべく在庫するようにしてますがお急ぎの場合は在庫確認をお願いします。

ギボシ端子の圧着

このブログでも配線系な工具の話をいくつか書いてますが、どちらかと言うと専門性の高い工具の話が多くなりがちでして……

例えば近年増えてきた精密圧着まで出来るこのプライヤーとか……

hozan_p706nw1

HOZAN 圧着ペンチ(精密B端子対応)

確かに近年のセンサー類の増えた車両整備では小さな端子が増えたので現場の需要は高くなっているのですが……
んじゃみんながみんなこういう作業をするのか?っていうともちろんそんな事なくて、一般的な普通の電装手直しとかそういう人の方が圧倒的に多いわけです。
で、普通の事しかしないなら余計な機能とかいらないわけでして、シンプルな使い勝手の良い工具のほうがいろいろオススメだったりします。

 

車両整備に出てくる圧着端子のほとんどはB型端子と呼ばれるいわゆる「ギボシ端子」でして、部品の取り外し時に便利なようにパチっと外せるアレですね。
この辺は業界ごとにちょっと表記が違ったりもするのですが、まぁ大体B端子って言えば分かると思います。
(ちばみにA型端子ってのは丸スリーブとか呼ばれる筒状の端子ですね)

で、そんなB型端子のギボシ。
やっかいな事にこの端子に世界的な統一規格とかはありません。
ぶっちゃけ各社自分の所の基準で作っているんですね。

よくSNSとかでもギボシメーカーが作った工具が一番合うよ!とか言う意見を見掛けますが、あれは半分正解で半分間違い。
何かしらの統一規格が無いのでギボシメーカーの作った専用工具は「そのメーカーのギボシには合う」が正解でして、他のメーカーのギボシに合うかどうか分からないんですね。

なのでいろんな車種でちょっとずつ使いたいって人は逆に汎用性の高い工具メーカーの作った物の方が便利に使えたりします。

 

で、そんな汎用性の高さで人気なのが、初心者から達人さんまでオススメ出来るこの圧着ペンチ。

izumi_B125_nw1

イズミ 圧着ペンチB125

どこでも良く見かけるタイプのほんっとスタンダード型の圧着ペンチです。
上でも書いた近年多くなった精密圧着とかは出来ませんが、そのかわりコレ1本で圧着はもちろんボルトカッターやワイヤーストリップまでこなせます。

またどこでも見掛ける・・・と、書きましたがこのイズミ製は別格です。
いわゆる配線圧着の専門メーカーでして、ギボシメーカーの工具のOEM制作とかもやっている、その道では知らない人はいないってくらいの有名メーカーです。

izumi_B125_nw4

細かな箇所の造りも似て非なるものでして、プロのオーディオショップさんでも「イズミのください」と指名買いされるほどの人気工具です。
配線作業用にとりあえず1本とか、手持ちの工具でのギボシ圧着が苦手なんだよね・・・なんて人は一度使ってみて頂きたい隠れた逸品工具です。

KNIPEXケーブルシザース

工具の中でも似たようなモノで種類を必要とするものってありますが。

プライヤーなんかもそのひとつ。
ラジペンニッパとかね、大分類もありますがラジペンって言ってもその中でも種類があるわけでして、これを持っていれば他はいらないって状況はなかなか無いわけです。
もちろんその人の状況に応じての話なので2本も持っていれば問題ないよって人もいると思いますけどね。

で、そんなプライヤーの中でもちょっとこれは工具なの?って話になるのがハサミ。

 

実際ちゃんと工具然として工具なハサミってのは今まであまり無かったので、作業中とかに届いたダンボールに入った荷物とかね、工具はたくさんあるのにチョキっと切れる物を持ってないなんて事は結構あったんです。

しかし近年、工具っぽい・・って言うのかな?
そんなハサミが各社からいろいろ登場してきまして、お店でもそういった物が結構売れているんですね。

 

で、そんな工具然としたハサミの中でも別格に売れているのがこれ。

knipex_hasamiX2

KNIPEX ケーブルシザース

名前こそ「ケーブルシザース」でなんつーかケーブル用なの?って雰囲気もありますが、実物見ると便利そうなコンパクトなハサミなんですよ。

knipex_hasamiX3

刃先が短く持ち手もこんな感じなので滑りやすい相手でもチョキチョキと気持よく切る事が出来ます。

なので名前なんか無視してケーブルとか関係無く、普通に便利なハサミとして購入しちゃってOKですね。
専用のハードケースも付いているので工具箱の中に放り込んでおくにも良いしかなりオススメなハサミです。
あ、あとKNIPEXで格好いいしねw

knipex_hasamiX5

もちろん名前の通りにケーブル切断もOK。
まぁこれは「ケーブル切れるハサミ」なわけでして、ケーブル切断だけを目的とした工具が欲しいなら専用品を買ったほうが良いと思いますけどね。

価格も安めだし人気のハサミですよ。

ロングなストレートめがね

工具の歴史ってかなり古くて自動車産業と共に・・・ってイメージがありますが、実際は普通の工場とかでも使われてたわけで、特にヨーロッパの工具メーカーはすっごい歴史があるんですね。

ただし、工具そのもの。
もうちょい言えば「ねじ回し」そのものはネジの進化こそあれど60~70年前には大体の骨子が出来ていて、あとはその派生亜種であったりもします。
逆に言えばそれだけ革新的な工具を作り出すってのは難しいんですね。

でまぁ、超基本的な工具はそんな感じだとして派生亜種を創りだすのすら難しい現代。
そんな中でも数点の工具は本当にここ10~20年で急激に認知され広まった工具というのも存在するんですね。

有名なひとつはギアレンチ
あのカリカリとうごくラチェット内蔵のレンチですね。
あれの登場前までは板ラチェと呼ばれわずか10ギアちょっとの粗いギア数の工具だったのですが、72ギアがギアレンチ社から提供されるようになって急激に広まりました。
いまでは定番工具のひとつですよね。

そしてもうひとつ。
個人的にはこの業界に入ったタイミングとほぼ重なるので思い入れも多い工具なのですが、それが超ロングストレートめがね。

sig_st_meganeN1

SIGNET 超ロングストレートめがね

もともとはSnap-onのカタログの片隅に「航空機向け」みたいな感じで掲載されていた工具でした。
なにせレンチのページにすら載ってなかったんですから、当時はまだまだ専用工具扱いで注目されてなかったのが分かると思います。(20年前くらいかな)

tone_st_mega_NW4

TONE 超ロングストレートめがね

そんな存在だった超ロングストレートめがねですが時代の流れ(その頃の日本車が徐々に今風に狭いエンジンルームになってきた)とも相まって、急激に・・・そりゃもうホントに急激に人気を高めていきました。
同じ形状のめがねがMAC-TOOLから出たと思ったら国産メーカーも追従し今では大抵の総合メーカーでしたら同じカタチの工具を購入する事が出来るようになりました。

当店でも上に挙げたSIGNETとTONEは人気で良く売れてますね。

nep_STlong_mega3

nepros 超ロングストレートめがね

あとネプロスも根強い人気です。
ちとお高いかもしれませんがその分メガネ部の薄さと強度はかなりのものだと思います。
実際このめがねを使う場面だとめがね部の薄さがキモになったりするので、価格の差くらいの違いはありますね。

そうそう、このブログでも何度か書いてますが・・・
この超ロングストレートめがねは見た目とにかく長いので「すごくトルクが掛かるレンチ」とだけ認識されている人も多いのですが、実際の現場ではトルクはもちろんの事この長さのストレート形状を活用し「奥まった所まで真っ直ぐ届くレンチ」として威力を発揮したりします。(そっちの方が多いかも)

そういう目線で見てみるとこの工具の本当の良さが分かるかもしれませんね。

あ、そうだ。
あとストレート形状なのに先端だけちょこっとオフセットがあるこんなの。

sta_220hpqXX4

スタビレー HQPロングストレートめがねレンチ

こんな感じでロングでストレートなのに先だけちょこっと曲がってる。
これは自動車の足回り整備等で非常に便利です。
トルクが欲しく、ちょっと奥まってるんだけど、真っ直ぐだと他の部品に当ってしまう・・・なんて箇所で威力を発揮しますね。
これなんか普通のストレートめがねを便利に使っている人ほど利便性を理解して購入していってくれるパターンが多いです。

ってなわけでこれも今では定番工具のひとつになってますが、私が工具業界に入ったばかりの時はまだまだ「なにこれ?」くらいな工具だったひとつです。

今後もこんなメインストリームになり得る工具の登場を楽しみにしたいと思います。

PBの作業グローブ

季節的にも合っていたってのもあるんでしょうけど、先日新発売になったPBのメカニックグローブがお店でかなり評判が良いです。

今までもメカニクスのグローブはあったのですが、日本製ではないのでサイズが合わないって人も結構いたんですよね。

pb_glovea002

PB メカニックグローブ

その点、このPBのグローブは日本製(生産はどこだかは知らないです)なので日本人の手にすごく合ってるし、サイズも日本通っているサイズなので試着ナシな購入も気楽なんだと思います。
あと結構言われるのがSサイズの有無でして、これは普通にSサイズも在庫してるので手の小さな人や女性にも喜んで頂いております。

pb_glovea004

付け心地はメーカーが「コンプレッションタイプ」と言っている通り、キュっと締め付けがあるような装着感なのですが、作業グローブとしては指先の感覚もあるのですごくいい感じです。

pb_glovea005

各所にキチンと補強も入っていて、なおかつそれが動きを阻害しないようになってますので、いろいろ試してきた中では現状で一番のオススメですね。

PBのロゴマークも格好いいしぜひ一度試してもらいたい逸品です。