コードレスで使えるハンダコテ

いわゆる弱電関係のお仕事をやっている人ならそこそこ専門的なものが必要になったりするのでしょうが。
車両整備におけるハンダコテの出番なんて、そんなにしっかりした性能とかは必要ない場合が多いです。
でもハンダっていちいち100Vのコードを探して……とかも面倒なんですよね。
特に車内で使うことが多かったりするのでコードに引っかかったりして、怖い思いをした人もいるはずです。

そんな時に便利なのがコードレスのハンダコテ。
確かに精密な基盤とかで使うには物足りないかもしれませんが、配線処理等でササっと使える便利なコテを紹介。

ドレメルハンダコテ

ドレメル コードレスはんだコテキット(ガス式)

うちのお店ではもはやド定番となったガス式のハンダコテキットです。
いわゆるライターガスを充填して使うコテなのでカロリーも高く、コテ先も多様に入っているので熱収縮チューブとかにも使えるかなり便利です。
プロの整備士さんにも多く支持されている誰にでもオススメなハンダコテですね。

gootハンダコテ

goot 電池式コンパクトはんだコテ

そしてこちらは電池式。
個人的にも愛用しているモデルとなりまして、サンメカさんの場合へたすりゃ出番が1年に2~3回だったりするとこの電池式の方が気楽に使えて便利だったりします。
どうしても電池式だとパワー不足を心配する人もいるのですが、鉛フリーはんだのような融点のちょっと高いはんだでも問題なく使える仕様ですので、実際に使ってみると全く問題ないですね。

gootハンダコテ

また出先に工具を持っていって使うような人にもオススメで、ガスのようにちょっとずつ漏れてしまっていざ使う時に使えないってのもないですから、工具箱の中に1本放り込んでおくとかなり重宝すると思います。

goot鉛フリーはんだ

goot 鉛フリーはんだ(100g)

そして肝心のはんだはサンメカさん向けの100gを販売してます。
鉛フリーはんだですので融点は220度くらいですので使うハンダコテには注意してください。(上記2本は問題なく使えます)

ってなわけで今でもコード式のハンダコテで面倒な思いをしている人はこんなコードレスモデルもぜひご検討くださいませ。

年末年始からの

このブログでも何度か書いておりますが無機物の工具の販売の仕事といっても、年間を通すと繁忙期や閑散期ってのはやはりありまして季節や時期でその忙しさは異なります。

そんなのはどんな業界にもあったりするので当然といえば当然なんでしょうが、ウチみたいな小さな小売店だとちょっと特殊な感じでして、特に年末から年始、そして春先までの期間ってのがなかなか気が抜けない状況になったりします。

年末ってのはもう普通に忙しいのですが、特に気にしないといけないのが年末の間に年始分の企画や在庫を用意しておかないといけないことですね。
11月くらいからはお正月向けの商材やらの打ち合わせをやっておいて、12月の中旬には倉庫に在庫しておかないとお正月の売出しに間に合わないんです。
普通に仕事的に忙しい中、こういうのも平行して進めないといけないので結構パニックになったりしますけど、まぁ毎年のことなので仕方ないっすね。

そんな感じでどちらかというと「個人向け」に忙しい年末からお正月が過ぎると、今度は工場とかの業者向けの繁忙期がオーバーラップして始まります。
これは3月の年度末や決算期に合わせての動きなのですが、見積もりとか搬入打ち合わせとかが1月末くらいからドドドドって始まるのでここでも気が抜けないんです。

で、ちょうど今時期。
2月の中旬頃に年末年始からのドタバタが一瞬だけ落ち着きます。
多分これが月末くらいになると本格的に年度末の忙しさがくるので本当に一瞬なんですけどね。
まぁ暇なときには暇になっちゃうので忙しくさせていただける時期はありがたいんですけど、ちょっとだけ身体もきつくなるので先日のお休みでは息抜きに行ってきました。

お疲れ会のみ

羽生市内に新しく出来た飲み屋さんにお休み前日に行きましてお仲間と楽しく飲ませて頂きました。
(ウチから10分くらいのところにある千両だし まほろばさん)

なかなか羽生まで飲みにくる人はいないかもしれませんが、そんな機会があったらぜひ寄ってあげてください。

そしてお休みの日はこれまたうちから10分ちょっとのところにあるスーパー銭湯の「極楽湯」に。

極楽湯

結構遠方からも来る人の多い人気のスーパー銭湯です。
数年前に運営会社が変わって名前が変わったのですが、中は全く同じなので以前来たことのある人でも安心だと思います。

本当はもっと遠くに出かけようかと考えたのですが出来るだけ近所で気楽に済ませようと思いましてこんな休日を過ごしました。
うちのお店に来る予定がある人はこんなところもありますのでよろしければついでにどうぞ。

四角いオイルドレン用ソケットいろいろ

自動車のオイルドレン、特にミッションやデフは各メーカーが独自のフィラーやドレンを採用してて結構カオスな状態です。
それでも昔の日産とかに比べればまだマシになったとは思うのですがそれでも種類多すぎですよね。

そんなわけで今回は特に問い合わせの多い『四角』形状のドレンボルト用の工具をズラッと紹介してみたいと思います。

KTCオイルドレンソケット

KTC 1/2四角ボルト用ドレンコックソケット セット・単品

まずは王道のKTCオイルドレンソケット。
四角ボルトのフィラーやドレンを回すための専用工具になっていてまっすぐ差し込めないような箇所でもレンチで回す事が出来る便利工具です。
写真の左に写っている301-10という型番のソケットは10mmに間違われたりする事がありますが実寸は「10.5mm」となっていて日産のFF車とかで使われる事の多いサイズです。
しかしスズキ車(有名なのだとジムニー)では10mmを使う事があって要望が多かったのですが…

KTC 1/2四角ボルト用ドレンコックソケット(10.0mm)

遂にKTCから追加で発売になりました。
10mmって欧州車でも使われる事が多いのでこのサイズの登場は嬉しいですね。
しかしこれも間違えてほしくないのですがスズキは「9.5mm」というサイズも使っております。(キャリーとか)
実際こちらも全ての車種のサイズを把握しているわけではありませんので、購入の際はご自分でボルトを実測して購入するようにしてください。

Ko-ken四角ソケット

Ko-ken 四角オイルドレン用ソケット

ちなみに9.5サイズはKo-kenから出てます。
8mmと10mmの設定もありますので必要な方はこちらもどうぞ。

Ko-ken四角ソケット

Ko-ken 1/2 2重4角ソケット

あとメスの四角ボルトソケットもあります。
これは日産やマツダのミッションやデフに使われてたりしますのでサイズをよく確認してみてください。

Ko-kenオイルドレン

Ko-ken 1/2トリプルスクエアM16穴開き

こちらは四角ではありませんがかなり特殊なので一応載せておきますね。
欧州車、アウディやVWそしてポルシェの一部車種で採用されているドレンボルトに対応するトリプルスクエアの穴あきです。
ほぼそれ専用のソケットというくらい特殊なボルトですので出てきたらこのコラムを思い出してください。

ってなわけで四角ボルト用の工具って意外とちゃんとラインナップされていたりします。
今まで知らずに無理な工具やラチェットやエクステンションの差し込みで回していたって人はこの機会にぜひご検討ください。

エンジン式の高圧洗浄機について

国内の洗浄関連機器メーカーである蔵王産業の家庭用向け機器を取り扱いはじめて数年。
もともと家庭用機器とは無縁だった硬派なメーカーなもんで、そりゃまぁ取り組み方はとにかく真面目の一言。

ヴィットリオ

現在でも店舗で人気モデルとなっている100Vの高圧洗浄機ヴィットリオシリーズは細部までこだわりまくった洗浄機となっていて安いモデルを買って数年ごとに買い替えていたような層にすごく支持されました。

そんなメーカーさんから「今度はエンジン式高圧洗浄機を開発したい」と相談を受けたのは1年前くらい。
電動と違ってユーザー層がニッチな機器ですので、なかなか難しいとは思ったのですが、ウチのお店はこれを欲する層がたくさんいたのです。

2019ABIT

そうオフロードバイク。
私が趣味でやっているオフロードなバイクの世界はとにかく「洗車」が超大事。
ってか走れば泥だらけになるのでとにかく優先順位でも洗車がトップにくるわけです。
それもかなりの泥の量なので出来れば現地で洗って帰りたいって人も多い、自宅で洗うと泥が堆積してしまって面倒なんですね。
そのため電源の必要な電動よりもエンジン式が人気な特殊な分野でして「これはもしかしたらもしかするかも」と開発のアドバイスをする事になりました。

 

まずエンジン式の高圧洗浄機で有名なところといえば間違いなく丸山です。
ぶっちゃけ予算とれるならここのを買っておけば間違いないのですが、国産のホンダやカワサキエンジンを積んだこれらのモデルは少々お高いんですね。
まぁそれでも信頼の国産ですから人気モデルなわけです。

しかしこの国産のメーカーさんで何も不満がないかと言われると結構クリティカルな問題がありまして…
それは「ポンプが壊れる」事でした。

ここからは私が今回蔵王産業のエンジン式高圧洗浄機の開発にアドバイスするにあたりお願いした事になっていきます。

蔵王産業エンジン式高圧洗浄機

蔵王産業 エンジン式高圧洗浄機

さきほどの国産メーカーモデルでいったポンプの破損。
これは他のメーカーも同じだし、もっといえば中華のお安いモデルでも同じでした。
つまりエンジン式で自吸機能がある高圧洗浄機はポンプが弱点なわけです。
想像でしかないのですがポンプ内部の錆や吸い込み時の細かな砂等で、格安モデルだろうが高級モデルだろうが数ヶ月から数年で壊れてしまいます。
(綺麗な水で使うように心がければかなり寿命は伸びます)

そして今度はその壊れたポンプの修理が問題になります。
そもそも高圧洗浄機自体も大きいし重い。
これを梱包してメーカーに送って…だけで高額な往復送料が掛かります。
またポンプの修理って結構大変でしてコストも馬鹿になりません。
実際私のまわりで国産メーカーの高圧洗浄機を修理に出した人に聞くと、修理期間は大体1~2ヶ月、修理料金は4~6万円ってのが相場でした。(送料込みだと思います)

ですので私はここをなんとかならないかな?と考えたわけです。

で、いろいろ考えた結果。
修理が大変ならいっその事、アッセンブリーで交換出来るようにしてしまえばいいのでは?と思い立ちました。
販売価格を出来るだけ下げたい意向もあって、エンジンとポンプのユニットは中国製を使う予定でしたので、それならばポンプユニットも結構安価に供給出来るのではないかと思ったわけです。

蔵王産業エンジン式高圧洗浄機

その後紆余曲折がありましたがなんとかポンプユニットを交換式にする事に成功。
写真に写っているキャップボルトを4本外せばポンプをまるごと交換出来るようになりました。
ポンプユニットが交換式に出来るメリットはいくつかあります。

・修理でメーカーに送らないでユーザーが自分で交換出来る。
・メーカーに送らないので送料負担もなくなる。
・修理期間もなくなる。
・ポンプユニットは予定価格で2万円くらいなので他社に比べて安価で直せる。

これらが実現出来たのはかなり意味があったと思います。

もちろんその他にもいろいろ機能を付けたり使いやすいチューニングしたりしましてめでたく発売に至りました。

ってなわけで私も開発に関わった蔵王産業のエンジン式高圧洗浄機。
個人的にはオススメですのでよろしくお願いします。

研磨・鏡面・サビ落とし工具

基本は金属の塊である自動車やバイク。
ちょっとした加工でも鉄工用の工具が必要となるし、サビが出れば落とさないといけない。
複雑な部品が組み合わさる車両ではあまり大げさな工具が使えないので、大抵は手作業でゴシゴシする必要があるんだけど…やっぱり大変っすよね。

で、そんな人のために簡単便利で気軽に使える研磨系工具をご紹介。

イチグチネジタルホイール

イチグチ BSネジタルホイール 用途別各種

一般的には「フラップホイール」とか呼ばれる画像のような研磨工具です。
この工具の利点はとにかく簡単に使える事。
切削能力があまりにも高い工具を使うと表面だけサラっと削るつもりで他にも被害が…なんて事があるのですが、このホイールタイプは研磨力もそこそこだし、なんといっても対象物ややりたい研磨に応じて様々な種類が出ているので使用者のスキルに関係なく使えるのが最大の特徴です。

またこの工具は取り付け軸に六角軸を採用してますので。

パナソニック電動インパクトドライバー

パナソニック 14.4V充電インパクトドライバーセット

こういった電動インパクトドライバー(六角軸のプラスシャンクとか使うヤツ)に直接取り付けて使用可能です。
これが丸軸とかだと電動ドリルを用意する必要があるのでちょっとだけ面倒なんですよね。

しかし、こういう研磨工具っていざ買おうと思うと種類が多すぎて、自分がやりたい作業にどれが合っているのか分かりにくい…
そこで各種の作業向けのセットの登場なわけです。

イチグチネジタルホイール イチグチネジタルホイール

こんな感じで各作業用に適合したホイールが入ったセットをご用意しました。
もちろんそれだけしか出来ないわけではないので、例えばサビ落としセットを買っても金属削りが出来ますのであくまでもメーカー参考研磨布だと思ってください。

ちなみにこちらの研磨ホイール各種は国産のイチグチ製。
研磨布の専門メーカーですので安心してお使い頂けます。

ちなみにこのイチグチからはさらに面白い研磨工具も出てまして。

イチグチスカットディスク

イチグチ BSスカットディスクキット(φ50mm研磨ディスク)

それがこちらの「スカットディスクキット」
イメージとしてはポリッシャーディスクの超小型版ってな感じで、これも電動ドリルに取り付けて使用出来ます。
(六角軸アダプターも別売りで販売しております)

ディスク部分の受けとして専用パッド等が最初に必要ですので、とりあえずまずはこの基本セットを購入してみてください。
種類の異なる研磨ディスクが3種類付いてますので、使い勝手の良いディスクが分かったら替えディスクとしてまた購入すればいいと思います。

整備のスキルが上がるにつれこういう「ちょっと削る」とか「ちょっと磨く」な研磨工具って手元でササっと使える状態にしておくと本当に便利です。
価格もかなり抑えめになっておりますのでぜひお試しくださいませ。