neprosの新ラインナップ

先日発表された限定生産の『鉄紺』シリーズが注目を集める中、しずかに通常ラインナップの強化も図られたネプロス。
ちょっとしたサイズの追加から見逃せない新商品まで結構な数の工具が追加発売されました。

ネプロス鉄紺

限定の鉄紺シリーズはこちら

細かなサイズ追加商品でもお伝えしたい良い物があるのですが、今回は単品での新製品でかなり注目商品があります。

ネプロス1/4クローフット

nepros 1/4クローフットレンチ

すでに3/8クローフットレンチは大人気工具となっておりますが、それの1/4差し込み版が新発売。
昨今の狭い箇所での使用を前提に肉抜きされたようなカタチになっていて、いままで困難だった油圧関係の整備に活躍しそうです。
また狭い箇所用と割り切って12P形状で出てきたのも良いですね。

ネプロス1/4スタッピラチェット

nepros 1/4スタッビラチェットハンドル

そしてちょっと予想外だったのがコレ。
1/4のスタッピ形状の超ミニラチェットです。これも3/8ではすでに販売されているラチェットですが、これの1/4が出てくるとは少し驚きました。
1/4の超ミニミニ形状ですのでキーホルダーとしても使えるくらい小さいです。
使い方次第ではかなり活躍しそうですよね。

ネプロス1/4Tレンチ

nepros 1/4 T型ハンドル

そして個人的にどストライクだったのがこれ。
1/4差し込みのTレンチです。すでにTレンチを持っている人なら分かると思いますが、ネプロスシリーズでは1/4を除くラチェットラインナップには「リング」が付けられております。
このリングがネプロスの象徴でもあるのですが、1/4はリング無しで統一されていてそのスッキリな感じが自分は好きなんですね。
で、Tレンチもこのリングが付いていたのですが、今回は1/4差し込みという事でリングがないデザインとなっております。
これがなんというか…超カッコイイです。
工具自体の性能もよく、シンプルな工具ゆえにとても良くできた工具だというオーラが半端ないですね。
メインで使うサイズは8とか10mmになると思いますが、それくらいに割り切って使うとかなり重宝する工具になると思います。
いや、ほんとにオススメです。

ネプロス一覧
メーカー別カテゴリー『ネプロス』ページ

ちなみにネプロスだけではないのですが各工具メーカーごとの分類ページでは更新順に工具が並びます。
今回のように新製品が続いたような場合には「メーカーカテゴリー」のページを参照して頂くと新製品が分かりやすいと思います。

4年ぶりの大雪

そっか…あれってもう4年も前なのか…と思ってしまいましたが。
やっぱ雪に慣れてない私はとにかく雪が嫌。

たのむー降らないでクレーと願いましたが…

大雪

22日の13時過ぎからハラハラと降り始めまして。

大雪

2時間後にはこの状態に。
ウチのお店は北向きに建っているので雪かきとかその後とかがとにかく面倒なんです。
だからできれば積もって欲しくなかったのですが、ここまで降ると半分諦めモード。

お隣のナグモータースさんは夕方くらいに早上がりしまして(正解)私はというとお客さんからアポがあって帰れなくなりました。

大雪店舗

結局定刻の閉店時間の20時にはこの状態で、さらに雪がガンガン降ってる。
この段階で20センチオーバーは積もってたのですが、寒さからなのかかなり軽い雪質だったので少しだけ除雪を試みてみました。

もちろん雪かきしたとこからドンドン積もってしまって意味なかったんですけどね、ええ。

あけて本日早朝。

大雪自宅

自宅もこんな感じ。
最深部だと30センチくらいになってました。

それでも気温は上がる予報だったので出来るだけ早めに雪かきしてしまおうと思ったのですが、近所の方から小学生の通学路の確保を手伝ってくれないかと言われまして。
もちろん承諾。

結局営業出来るように店の駐車場の雪かき終わったのが13時過ぎになってしまいました。
それでも4年前の雪よりも少し少なかったかな。
とにかく降雪地域ではない当店は雪に弱いのです。
できればもう降ってほしくないなぁ。

超軽量レンチの大サイズ

肉抜きされ軽量なレンチとして人気のライツール。
きちんとJISにも対応しててプロメカさんの間でも「軽くて使うのが楽」と好評を得ております。

中でもコンビネーションレンチは一番人気でして「軽さ」と「使い勝手」がうまく住み分けが出来ている印象です。

>>ライツール 軽量コンビネーションレンチ

で、そんな人気な軽量コンビネーションレンチに追加サイズがありまして、今それが店舗で静かな人気工具となっております。

ライツールコンビ大

ライツール 軽量コンビネーションレンチ[大サイズ]27.30.32

基本工具として揃える工具サイズというと大体MAXで24mmくらいまでになる事が多いのですが、実作業では当然それ以上の大きさが出てくるわけでして…
もともと現場から要望が多かった大きめサイズの「27・30・32mm」を追加した感じですね。

ライツールコンビ大

これくらいのサイズのレンチとなると重量が重いのでライツールの「軽量」が生きてきますし。
またそこそこ安価な価格設定ですからお財布にも優しい仕様となっております。

実はライツールってこっそりとサイズ追加したりするので、あまり告知される事がないのですが、お店では好評なので今回は紹介させて頂きました。

手先、指先の延長

整備をやっているとイライラっとする事っていくつかあると思いますが、細かな箇所や奥まった場所の整備ってのも気を使ってイライラポイントありますよね。

『そこに見えてるのに届かない』とか
『届くんだけど狭すぎてつかめない』とかね。

そういう時に先細のロングノーズプライヤーとかでやるのも良いのですが、少しだけ考え方を変えてこういう工具使うと便利ですよーってのを紹介。

img_4312

SIGNET マグネットピックアップツール

なんといっても超基本なのがこれ。
アンテナのようにびよーんっと伸ばして使えるマグネットキャッチツールです。

img_4313

磁力もかなりあってそぉーっと拾えば3/8ラチェットですら持ち上げる事の出来る実力があります。
もともとは整備時にネジを落としてしまった時に使う工具なのですが…。
ホールの奥にセットされているボルトナットの脱着時にも、これ使ってヒョイっと持ち上げたり置いたり出来ますのでまさに指先の延長のように使う事が出来ます。

またボルトナットとか部品にはアルミやステンレスもあって、そういうものは磁石ではくっつかないので。

tone_pt02a003

TONE マルチピックアップツール(LED付) 

こんな4つ爪がついたキャッチツールも持っていると便利です。

tone_pt02a005

手元のプッシュ部分を押せば、この先端の4つ爪がマジックハンドのように動くので磁石でつかない部品も掴む事が出来ます。
また狭所の配線通しとかにも便利ですね。

あとですね、指先の延長としてはこれも秀逸。

img_4310

PB ピックツールセット

まさに指先の延長として使えるマルチなツールがこのピックツール。
磁石でもなく、爪で掴むでもなく、ゴム製のOリングとかそういった細かなモノをヒョイと引っ掛けて…なんて時に超便利です。

ちなみに現在このピックツールセットはスイスグリップバージョンのセール品もあります。

PBピックツール

PB ピックツールセット4本組 スイスグリップ

こういう補助工具って実際に使ってみるまでその利便性って分かりにくいのですが、一度使ってしまえば手放せないお助け工具になると思います。

汎用工具で対処出来ない場合

工具の専門店をやっていると日々様々な質問や問い合わせを受けます。
工具と整備は直結している場合が多いので、工具の質問なのか整備自体の質問なのかわからないような事も多く聞かれるのですが、私だって整備のプロではありませんからね……
分かる範囲内での回答となってしまいます。

それでも自動車整備の場合だと「一般的には…」という回答がし易いのですが、これがバイクに関わる整備の話の場合だと、車種別の特徴があってなかなか難しい事も多いです。
(内燃機だけでも水冷・空冷・単気筒・マルチ・V型・4スト・2ストと多種多様)

そしてバイクではもうひとつやっかいなのが専用工具の存在。
一番分かりやすい部分だとクラッチとかですかね。
クラッチ用のプーラーは汎用工具でももちろん存在しますがネジ径や「引き」「押し」だけでも車種ごとに結構違いまして、汎用工具では対処出来ない車種も多いんです。

工具メーカーだってこれだけ種類のあるバイクに全部対処出来ないですからね、代表的な車両向けにしか作ってないのが現状です。
そんな時はとりあえずバイクメーカー純正の指定工具をオススメしております。
工具メーカーが出している汎用工具が使える場合には、その方が他にも使えて高性能で低価格って場合が多いのですが…汎用工具で対応出来ない場合には仕方ないですね。

先日もレーシングカートやっている方から面白い工具を見せて頂きました。

カート用工具

ヤマハの純正工具なのですが、2スト(Bプラグ)用のピストン上死点出し用のアダプターです。

カート用工具

ダイアルゲージは別売りですが、こんな感じでセットしてプラグホールに直接ねじ込んで使う事が出来ます。
レーシングカートだと現場でイニシャルの点火時期のセッティングを行う事があるみたいで、マグネットベースを使ったモノよりも楽で確実だと言ってました。

こんな感じで車両メーカー純正の工具でも面白いものはたくさんあります。
当店ではこういった専用工具の販売は出来ませんが、今はWebの部品検索で専用工具も調べる事が出来ますので困った時は少し探してみてもいいかもしれませんね。