2020JNCC最終戦オフロードヴィレッジEDX大会

たぶん5年とか6年ぶりくらいかな。
はっきり覚えているのは2015年のデコボコランドの最終走行で楽しく走った記憶でして、その年にいろいろあってバイク売っちゃって……って感じだから、やっぱり5年以上ぶりに自分の意思でレースにまた出てみようって思ったんです。

2020JNCCオフビ

ひょんな事から知り合いから程度のいいバイクを譲ってもらえる事になりまして、いろいろあった2020年─自分的にも区切りなイベントくらいあってもいいんじゃないかと思い、バイクの入れ替えをしました。

それまでもモトクロッサーのRM-Zは持っていたのですが、なんせモトクロッサーなのでいわゆる「遊び乗り」には厳しかったんですよね。
別に悪いバイクではなかったし、なんならパワーはものすごく出ていたので乗ってしまえば楽しかったのですが……私がメインでやっているクロスカントリー系のエンデューロにはちょっと向かない車両でした。
(もちろんいろいろわけあって乗ってたのですが)

で、今回入れ替えたのは純血のエンデューロマシンであるハスクバーナ。
それも以前乗っていた350Fと同じ仕様で、分かりやすくいえば年式がアップした感じで乗って数時間でなんとなく仲良くなれそうな感じだったわけです。

そして偶然にもこの車両が手元にきたタイミングで同時期にJNCCの最終戦がご近所の川越オフロードヴィレッジで開催されるって分かりまして、そのままのノリでまったり仲間と一緒にエントリーしました。
しかしまともに5年近く乗ってこなかったブランクはすごくて、頭と身体がまったく同期しないんすわ。
そこでRM-Zの頃なら年に2~3回乗ってたのに、ここ1ヶ月ですでに4回ほど練習にも行きまして(それでもたかが知れてるけどw)自分的には出来る限りの準備をしました。

2020JNCCオフビ

そして先月も全日本MX選手権で訪れたオフロードヴィレッジ(以下オフビ)に土曜の早朝に到着。
雨予報は大丈夫だったのですが河川敷コースなので強風が怖い感じ。

2020JNCCオフビ

で、土曜日はとりあえずお仕事モード。
出店準備をして特売品とか洗浄機とかを並べて説明や販売させて頂きました。
ブースまでお越しいただいた方々、本当にありがとうございました。

2020JNCCオフビ

ちなみにこの日は出店しながら空いた時間で少しだけコース下見をしました。
これが噂の丸太か…とか思いつつ、ぶっちゃけJNCCの人工セクションである丸太なんて何度も見たことあったんだけど、いざ自分も走ると思うと見え方が違いましたね(笑)

そして……
土曜日の出店が終わりまして、そこからは速攻撤収。
もうほんとに超速攻の撤収。
次の日はレース本番なので「どうせ出店出来ないし」と割り切りまして、土曜日で出店ブース自体を撤収し、片付けて一度店舗まで戻ります。
そして店で少しだけ仕事をしまして…

出店道具を全て片付けてバイクレースモードに。
まぁレースモードと言っても当日入りの当日帰りなので必要最低限のものだけ積めばよかったからたいした荷物じゃないんですけどね。
こんな感じで「完全仕事抜き」なレースにだけ遊びにいく積み込みは実は初めてだったのでスカスカ過ぎてちょっと困惑しましたけどね。

私が出たのは午前のFUNクラスってやつでして、久々だったので最も初心者クラスとなっているDクラスでエントリー。
「レースにでるぞ!」って勢いだけはあったのですが、実際の腕前はビリにならなきゃいいなーくらいです。

2020JNCCオフビ

そんなわけで二日間続けてオフビに。
レースデイの日曜日は出店エリアとは全く無関係の一般パドックにゆったり組3人で陣取りまして準備を進めます。

2020JNCCオフビ

早朝のオフビからは綺麗に富士山が見えまして、なんとなくですけど富士山に向かって拝んでおきました。

そんなこんなで出走時間が徐々に近づいてきます。
もうこの時点で3人共ちょっとずつ緊張感が高まってきてまして段々無口になってくる3人。
でもこの緊張感を味わえるだけでもレースに出た甲斐があったというもんですね。

2020JNCCオフビ

出走直前にはちょっと変なハイテンションになってきまして。
いよいよ朝の9時にレーススタートです。

2020JNCCオフビ

約100分間のひとり耐久で最初の30分で疲れ果てた私(笑)
まわりでも多くの方が声援をおくってくれるのですが、徐々に動かなくなる老体…。
それでもとにかく完走を目指して頑張って走りました。

ちなみにこの時に着ていたウエアのパンツは5年前にレースに良く出ていた頃のもの。
実は1年ほど前に履いたらウエストきつくて履けなかったのですが、今回は無事に履くことが出来たので思い入れも込みでこのパンツでレースに出ました。
なんだかこの5年間の出来事が思い返されて感慨深かったですね。

そして無事にゴール。
なんとか完走する事が出来ました。
3人のうちひとりはレース中にぶっ飛んでしまい少し怪我をしましたが、それでも当初の目標の「レース楽しんだら帰りに無事な状態で3人で肉食って帰ろう」って目標は達成する事が出来ました。

2020JNCCオフビ

帰る前に午後のCOMPクラスをちょっとだけ見まして、この抜けるような青い空の下「やっぱレースって楽しいなぁ」と再確認。

現地で声援頂いたりいろいろ助けて頂いた方々、また前日の出店ではご来店頂いた方々、本当にありがとうございました。
なんだか良くない話ばかりな2020年でしたが最後の最後にゲラゲラ笑うイベントに出られて楽しかったです。

それでは今年も残り1週間。
張り切って営業しますのでどうぞよろしく。

2020JNCC第4戦神立スキーリゾート 新潟大会

JNCC本戦では初開催となる湯沢の神立スキーリゾートまで行ってきました。
今回のコースは以前あった糸魚川と同じでパドックとスタートエリアがかなり離れていると聞いてましたので、お隣のナグモータースと土日を交互に出るって事になりました。

出店メインの私はもちろん土曜日。

神立スキーリゾート

で、まわりからは「神立はかなり近いよ」と聞いてたので金曜深夜に向かわずに土曜日の早朝出発。
朝5時に出たら…現地に7時に着いちゃいました(マジで近かった)

天気も雨予報だったので警戒してあまり商品を持っていかなかったのですが、小雨こそたまに降るレベルで大丈夫でしたね。

神立スキーリゾート

しっかしさすが現役の有名スキー場なだけあって設備がすごくて、会場内で飯や風呂も完璧にまかなえる素晴らしさ。
スタートエリアが離れている以外が完璧でしたね。

そんなわけで土曜日だけきっちり仕事して帰宅。
まさかJNCCで日帰りして自宅で晩ご飯食えるとは思ってもみなかったので結構感動w

そして日曜日のレースではナグモのながちゃんが見事クラス2位の快挙を達成してくれました(さすが)
動画は同じく古くからの友人であるIG君のやつです。
来年あったらぜひレースにも出たいですね。
>>レース動画直リンクはこちら。

2020JNCC第3戦ジョニエルG 長野爺ヶ岳大会

新型コロナの影響で開催を見合わせていたJNCC。
3月初旬の開幕戦こそやりましたが、4ヶ月間レースがなくみんな楽しみにしていたレースがやっとこ開催されました。
それでも第二波とも呼べるコロナの影響で直前に出場をキャンセルした人も多く、最も盛り上がる爺ヶ岳ラウンドにしてはちょっと人が少ないかな…とも思いましたけどね。

さて少しだけ時は戻ってレース前々日。

2020JNCC爺ヶ岳

一緒の車で出陣予定の工場長のバイクが不調。
まぁ前から調子悪かったのですが最後の最後、もう積み込みって段階でエンジン掛からなくなりましたw
そこから慌てて全バラ修理。
FI車なので燃料ポンプとかインジェクターとかとにかく怪しい箇所をばらしてみますが結局エンジンは掛かる事なく終了……
仕方なくチームメイトのまーくん号を借りて出走する事になりました(まーくんTHX)

2020JNCC爺ヶ岳

そしてレース前日の土曜日。
この日は各種イベントがあるお楽しみDayなはずなのですが、今度はコロナではなく異例の長梅雨で結構な雨が降り続いており、キッズのレースや試乗会がことごとく中止に…。

それでも今回はエイビットとしてではなく高圧洗浄機の蔵王産業として出店していたのでブースを設営。

2020JNCC爺ヶ岳

大人気のエンジン式洗浄機「ヴィットリオZE」はもちろん、電動も含めた全モデルの展示&実演を行いました。

2020JNCC爺ヶ岳

やはりエンジン式の高圧洗浄機はみなさん興味があったらしく、現物を持ったり動かしたり出来る機会とあって大盛況。

2020JNCC爺ヶ岳

「おー、軽い軽い」とか
「水圧も十分じゃん!」とか。

即決で購入を決めてくれた人が多くて同行したメーカーさんもその熱量にビックリしておりました。

2020JNCC爺ヶ岳

事前にSNSで連絡をもらっていたJNCCチャンピオンの渡辺学選手も電動とエンジン式を悩んでエンジン式を購入!
こんな感じで「宣伝になるならどうぞー」って写真まで撮らせてくれるジェントルぶりにちょっと感動しました。
(マジでありがとうございました!)

もう何度も出店しているJNCCですがぶっちゃけチームのみんなのサポートとかを優先して出店とか二の次に考えていたのですが、この日はとにかくお客さんが切れる事なくブースに来てくれて超真面目に仕事をさせて頂きました。
ブースに寄ってくれた方々、本当にありがとうございました。

2020JNCC爺ヶ岳

明けて日曜日のレースDay。
予報では「曇」とかになってましたが、始まってみれば土曜日以上の土砂降り。

路面コンディションは凶悪な感じになってきておりまして、サバイバルレースの予感がプンプンしておりました。

2020JNCC爺ヶ岳

しかしそんな悪コンディションの中でチーム員のクニピーがまさかまさかの初入賞!!
ラストラップ前に13位くらいで「いけるいけるー!」って盛り上がっていたのですが、最終周に6台抜きの漫画展開で7位ゲット。(100台中ですよ、すごい)
諦めずに走った結果だと思いますので本当におめでとうって気分になりました。

2020JNCC爺ヶ岳

午後は昨年オイルサポートをしていたもりー選手が出走。
今年はサポートなしですがリンクオイルを使ってくれててありがたいっすね。
本人はスピード系というよりはこういう難関系が強い自負があるので「優勝を狙いにいきますよー」とかいってたのですが結果は8位。
正直8位でも十分すぎるくらいすごいのですが本人は納得してなさそうな感じでしたね。

2020JNCC爺ヶ岳

そんなわけでずぅーっと雨な爺ヶ岳でしたが、どんな状況でもやっぱレースは楽しいなって思えました。

またコロナがやばい感じなので次戦があるかどうか分かりませんが、行ける機会があればまた出撃しますのでどうぞよろしくお願いします。
お疲れ様でしたー!

2019年LINK-OILサポート JNCC参戦 森野選手報告

JNCCシリーズ戦を通してLINK-OILと当店、そしてお隣のNAGmotorsからサポートをしておりました森野選手の活動報告と総括となります。

まずは先日開催された最終戦AAGP爺ヶ岳の結果です。

2019JNCCAAGP

スタート直前にクラッチクランプが緩んでしまうトラブルがありグリッドを下げてのスタートとなってしまいました。
ほぼ最後尾スタートでしたが難所の多い爺ヶ岳では相手のミスを待って順位を上げていき、一時はクラス4位まで躍進。

2019JNCCAAGP

一発の速さよりも安定したラップで順位を上げていくタイプの森野選手ですので、この展開はかなり良いと思っていたのですが……
その後周回を重ねるごとに石と岩の多い路面にはレコードラインが出現。
これによって上位選手のミスに期待が出来なくなってしまいました。
仕方なくプッシュを続けますが逆に自分のミスが多くなってしまい、順位を徐々に下げていく結果に。

結果。

2019JNCC森野

10位内に入賞はしたものの本人には悔しい結果になってしまいました。

2019JNCC森野

昨年末のAAGPではクラス優勝しているコースでしたから本人も気合入っていたんですけどね。
もちろん猛者が揃うBクラスでこの順位でしたら十分すごいのですが、得意コースという意識もあったので本人は納得はしてないみたいです。

本人からもレポートが上がってきておりますので紹介します。

今回もTORQUE15W50で参戦、エンジンの掛かりは絶好調でしたが直前で整備ミスがあり後列からスタートした為メリットを帳消しにしてしまいました。

3周目で4位になりこのまま得意なガレ(岩場)で順位を上げようとしましたが去年と違い3周目あたりからコンプガレクライムにラインが出来てしまい抜くポイントがなくなりずるずる順位が落ちてしまいました 。
8周目でクラッシュしてしまいダメージを負いましたがなんとか8位でチェッカーを受けることができました 。
去年が総合40位で今年は総合53位と得意な爺ヶ岳で不甲斐ない結果になってしまい悔しく思っています。
今年はクロスカントリーレースよりハードエンデューロに力を入れていたので来年は心機一転クロスカントリーレースでも頑張っていきたいと思います。

2019JNCCAAGP

まぁ難所の多い爺ヶ岳のコースはとにかく疲れるし神経すり減らすし大変なコースでして、ライダー同時が戦うというよりは、選手とコースの戦いみたいな一面もありますからね。
レース終了後に私のもとに来てくれてこの表情されてしまえば「お疲れさん!」としか言えませんわ(笑)
よく頑張ってくれたと思います。

2019JNCCAAGP

そんなわけで年間を通して1シーズンLINK-OILのトルク15W50で戦ってくれた森野選手。
オイルも大変気に入ってくれてサポートがなくても実費で購入して使いたいす!と言ってくれたのは嬉しかったです。

来年の事はまだ決まっておりませんがエイビットとリンクオイルは下のクラスで頑張っている人を出来るだけ応援していきたいと思います。
我こそは!またはあの人は!って感じで自薦他薦は問いませんので、来期をリンクオイルで走ってみたいって人でぜひお申し出ください。

エンデューロレース JNCC(ジャパンナショナルクロスカントリー)
出場クラス:COMP-B ゼッケン:353
チーム名:NAGmotors &LINK-OIL
森野友太
Twitter:もりー @motomorrino
バイク:YAMAHA YZ250FX
使用オイル:Torque(トルク) 15W50

一年間応援ありがとうございました。

※ちなみに最終戦の他の人のヘルメット動画です。
どれくらいキツイコースなのかわかってもらえるかと。

2019JNCC最終戦AAGP爺ヶ岳 国際大会

春から始まったJNCCの2019年ラウンドもあっという間に最終戦。
今年は私用が重なりまくって2戦しかお邪魔出来ませんでしたが、最終戦はJNCC初参戦な当店のお客さんが多かったので無理やりスケジュールあけて参加してきました。
そんな最終戦AAGPを写真多めでちょっとだけレポート。

2019JNCCAAGP

開催地はもう何十回来たかなぁ……と感傷に浸るくらいには来ている長野県大町市の爺ヶ岳スキー場特設コース。
毎年最終戦は11月の第一週に行われるのですが埼玉との気温差が激しくて寒さにやられる苦い経験が。
ところが今年はなんだか暖かくて昼間はこの陽気でご機嫌なのはもちろん、夜間も氷点下にならなかったので意外と過ごしやすかったです。

2019JNCCAAGP

金曜日の深夜(土曜日の早朝)入りした私はとりあえずブース出店のためにタープとかを設営。
土曜日はレースこそないのですがコース下見会とか新型モデルのバイク試乗会とかいろいろあって一緒に相乗りでいったJNCC初参加の我らが工場長も楽しんでました。
そして夕方には前日のレース受付を終了させ5時過ぎにとりあえずブースを一旦閉店に。(山の中なので日没がめっちゃ早い)

2019JNCCAAGP

その後は近所の温泉にいってからパドックで宴会なのですが、今年はちょっと趣向を変えて夕食を外に食べにいくことに。
大町市は黒部ダムの裏側なのでいわゆるダムカレーがあるんです。
みんなでワイワイと夕飯食べたら私はパドックに戻って他のチームの前夜祭に参加しました。

2019JNCCAAGP

かなりの強行軍で来ていて睡眠なんか2時間くらいだったので22時ころにはもうヘロヘロになってしまい、宴会をそっと抜け出してひとり宿まで歩いて帰ることに。

宿までの道中でパドックのメインストリートを歩いていたら「あぁ今年もこれでとりあえず終わりかぁ」なんて考えちゃいまして。
静まり返ったレース前夜のパドックの雰囲気があまりに良かったので、一度自分のテントに戻ってお湯沸かしてコーヒーで酔いさまし。
レースでの非日常も良いのですが、こういう静的な非日常も良いもんですよね。

2019JNCCAAGP

そしていよいよレースデイの日曜日。
午前のFUNクラスは9時にスタートするので朝からもうドタバタです。

2019JNCCAAGP

今回は都合でナグモのナガチャンが来ることが出来ず、私が引率役になってましたから出来るだけ初参加のメンバーのケアをしてました。
スタート時や走行中の注意点を出走直前に再チェック中。

2019JNCCAAGP

最終戦の爺ヶ岳は毎年参加台数がすごい事になるんですが、今年もFUNクラスだけで300台オーバー。
これが一斉にスタートするわけですから見ている方もそりゃ心配っす。

2019JNCCAAGP

それでもチーム全員無事にスタートを切ったのを確認してひと安心。
正直午前のFUNクラスはリザルトとか気にしてませんから、とにかく全員怪我なく無事にレースを終えてくれる事だけを考えてました。

そして午後。

 

2019JNCCAAGP

全日本格のCOMPクラスがスタートします。
今回もこのふたりが頑張ってくれ……おい!頑張れよ!

特にもりー君は当店からLINK-OILをサポートしておりますので応援にも力が入ります。
この爺ヶ岳は去年もクラス優勝した得意なコースですのでこんな事してますが、内心は気合い入ってましたね。
※もりー君のレポートは後日また別で上げます。

2019JNCCAAGP

レースはぶっちゃけかなり大変な感じ。
先日の台風で石や岩がゴロゴロと出てしまい、それが全部動くので集中を切らせるポイントがありません。
久しぶりに爺ヶ岳らしい爺ヶ岳だったとアチコチで言われてたくらいでした。

2019JNCCAAGP

あ、そうそうウチの若手新人な太田くんはMXIBの猛者でしてRクラスで上位を狙いにいってましたが……MXライダーらしいぶっ飛びをやらかしまして、バイク中破、人間中破で残念な結果に。

2019JNCCAAGP

そしてまーくんも滅茶苦茶になりつつなんとかゴール。
まじで大変そうだったのでほんとにお疲れ様って感じでしたね。

ってなわけでJNCC最終戦AAGPのざっくりしたレポートでした。
緊張だったり非日常感だったり、疲れたり突き抜けたり。
いろいろあるとは思いますがそれでもJNCCは楽しいですね。

今年も参加ライダーや関係者のみなさんお疲れ様でした!
来期も大勢で参加しますのでみんなで楽しみましょう。

 

2019JNCCAAGP

また来年!