いよいよ春

年末年始のドタバタから始まった業界特有の忙しさが、とりあえずこの3月末の年度末を区切りにひと段落ってな感じです。
まぁそういった時期や季節的な緩急も年々変わってはきてまして、いつまでも昔からの慣習にとらわれていられなくもなってますけどね。

それでもやはりこの3月が終わると少しだけホッとするのも事実でして、ここから春の季節の開放感とともにいろいろチャレンジしていきたいと思います。

一昨年の3月末。
先代の看板猫がひょっこり死んじゃってからもう2年。
新しくウチに来てくれたタマも当時はこんなに小さかったんですな。

今月はお彼岸もあったので昨年亡くなった母親の墓参りをし、そして今日は先代猫のために線香をあげました。

いろいろ変わってはいきます。
この春から新たな環境で頑張る人も多いかと思います。
楽しい事、ツライ事もあるでしょうけど、それだっていつかは過去の話になるのですから、とりあえず今やれる事が頑張っていきましょう。
私も頑張りたいと思います。

ホイールナット交換向けツール

1年に2回。

その時期になると問い合わせがグググっと増えるのが、スタッドレスタイヤの交換にともなう『タイヤ交換関係』のお話。
ジャッキとかインパクトとか、トルクレンチとかね、その辺の関連工具についての質問が多くなるんです。
春分の日も過ぎると春の交換時期なわけで、ちょうど今頃にそれ関係の問い合わせが増え始めます。
で、ジャッキとかトルクレンチとかのメインどころの工具はみなさん結構いろいろ悩んでくれるのですが…、基本中の基本な工具はあるもので済ませてしまうって人もいます。
でもせっかく効率的に作業しましょうって話ですからね、その辺もちょっとだけ注目してもらえると嬉しいですね。

タイヤの脱着と言えば思い浮かべるほど代名詞的な工具だとまずクロスレンチですかね。


KTC 1/2早回しクロスレンチ

KTCの早回しモデルは昔からの超定番ツールでして、先にソケットを取り付ける必要がありますが、まぁトルクレンチとセットで考えるとソケットも必要ですからね。
とりあえず持っていて損じゃない工具だと思います。


Ko-ken 1/2フリーターンクロスレンチ

そしてこちらはKo-kenの早回しモデル。
こちらは後発で出た分、さらに使い勝手が向上してまして横バーがスライドするだけではなく「抜く」事が出来ます。
これによって車載用にする時もコンパクトに出来るのでエイビットの人気ナンバーワンのクロスレンチとなっております。

で、ここまでは十字レンチでしたが個人的にオススメしてる工具といえばシンプルなスピンナーハンドルですね。


Ko-ken 1/2スピンナーハンドル450mm

エイビットのオススメといえばこのKo-kenの450mmモデル。
3種類あるのはグリップの違いだけですのでご自分の気に入ったグリップを選んでください。
クロスレンチって早回しが出来るのでシャラララーって早く作業出来るイメージですが、その分最初のカキンって緩める時とかに結構苦労するんですね。
その点このスピンナーハンドルなら人間が楽出来るのでオススメです。
また「早回し」も4本行ってそんなに違うわけでもないですからね、それならスピードよりもいかに人間が楽して作業するかを考えた方がいいってのが私の持論です。
さらにいうと最後に使うトルクレンチとの親和性というか使い方が似てますからね、ホイールナット用工具としてオススメしております。
ちなみにKo-kenだけがオススメってわけでもないのでスピンナーハンドルでいろいろ見てみてください。(長さは450mmくらいがオススメですけど)

 

で、最後にせっかくなのでソケットも。


ホイールナット専用ソケット各種

各メーカーが大体全長110mm程度の1/2ロングソケットをラインナップしております。
トルクレンチを使う場合、スピンナーハンドルやクロスレンチを使う場合にも便利な専用ソケットです。
自分用に買うなら1サイズ購入すれば良いわけですからせっかくなので揃えておきましょう。

TORX(トルクス)ネジのあれこれ

このブログでも何度か取り上げている花型ビットのTORX。

KO_TORXSET_nw2

整備業界ではかなりメジャーなネジになりつつありますが、やはり今まで関わってこなかった人からはいろんな問い合わせが来ます。

このトルクスネジを分かりにくくしている原因のひとつが「サイズ表記」では無い点。
いわゆるプラスネジのような「何番」とかの番手表記なので、見た目のサイズから推測出来る工具では無いんですね。

※Webや電話問い合わせの場合には下記表を参考にしてみてください(実寸からの番手表)クリックで拡大します。

torx_size

で、はじめてTORXが必要になった人に多いのですが、上記のようになんとかサイズが分かるとその単サイズだけ購入する人が多いです。

ですが。

出来ればなんですけど、TORXに関してはセットでの購入をオススメしてます。

上記の表をもう一度見直すと分かるのですが整備等で良く使われているT20~T30あたりはサイズが密集してまして、慣れているプロメカさんでも間違える事が多いのです。
まして単品買いして他のサイズを持っていない場合には自分の持っているサイズが完全に一致している物なのかどうかの判断がつきにくくなります。

KO_TORXSET_nw1

TORXのカテゴリーページ

いじり止めTORXのカテゴリーページ

ですので出来れば・・で、良いのでセット買いがオススメですね。

また、TORXにはいじり防止と呼ばれる穴あきのTORXと →TH

穴の開いてないスタンダードなTORX →T

があります。
これは相手のネジに凸があるかどうかの差です。

穴あきを使う車種やメーカーは穴あきばかり使いますし、穴なしでOKなメーカーは急に1箇所だけ穴あきが出てくるとかはありませんので、ご自分の整備環境にあった物を購入すればいいと思います。

ちなみに穴あきのTORXを購入しておけばどちらにも兼用出来ますが、最大トルクはかなり落ちますのでその辺は理解して購入するようにしましょう。
もちろん両方持っているのがベストですが。

で、最後にお願いなのですがTORXはキャップボルト形状で人間の見た目の判断でのサイズ判定は不確定な事が多いです。
出来るだけこちらも話を聞きますし、アドバイスもしますのでサイズを決めて掛かるのはやめておきましょう。

年度末とかいろいろ

世間では年度末とか決算とかいろいろ大変そうですが、あくまでもメーカーや関連会社さんが決算の関係で忙しいだけで、当店自体はそれにお付き合いする感じで忙しくさせて頂いてます。

で、この決算時期。

工具のメーカーさんも在庫を減らさなければいけない関係上、セール品の類が多く出る時期でもあります。

>>セールページはこちら

逆にいえば3月末をもってセールが終了するモノも多いんですね。
ですので現在当店のWebサイトに掲載しているセール品の数々も、3月終盤で半分くらいは期間終了となります。

ですので現在セール品を検討中って方は、出来れば今週中に決めてしまってください。来週明けからは徐々に年度末関係のセール品を絞っていく予定です。

工具セット

また、昨年末から継続しておりましたKTCの工具セットセール『SK SALE2017』も4月の20日を持ちまして終了となります。
中には限定色の工具箱を使ったセットもありますが、そういった限定色の工具箱はそろそろ完売になりつつあります。

こちらは終了までまだ1ヶ月ありますが、そういった事情を考えるとそろそろ終了目前って事でもありますので、このセールも検討中って方はそろそろお急ぎくださいませ。

オイル交換の季節

このところ暖かい日も多くなりみなさんが活動的になってきたからなのか、オイル関係の問い合わせが増えてきております。
当店ではエンジンやMTオイルはLINK-OIL推しなのは御存知の通り。

特に近年の自動車に採用されている省燃費型エンジン搭載車向けの高性能オイルであるスポーツエコはリピーターさん含め大人気になっております。

link_spteco005
スイフトスポーツとかで大人気です。

そして現在セール中のセカンドグレード「パワーSP15W45」はもう定番といっていい人気ですね。

link_power_spx

・現在絶賛SALE中です! LINK-OILパワーSP15W45(2リッターパッケージ)

あ、あとミッションオイルのこれも人気。本当にこんなに安くていいんですか?って言われるくらいです。(私が値段決めてるわけじゃないのでいいのですw)

link_r759000b

・LINK-OIL ミッションオイルR7590G

この価格でグレード的には中の上くらいですからね、本当にオススメです。

そうそうミッションオイルつながりでこれも売れてます。

link_stmX3

・LINK-OIL STM(MTオイル添加剤)

ミッションオイルの添加剤なんですけど、これは変化球なしで単純に質の良い添加剤として作られてますので安心して使うことが出来ます。

 

ってなわけでリンクオイルシリーズもかなり増えまして、かなり選択肢も広がりました。
どれも直球勝負の真面目に作ったケミカルですので一度試してみてくださいませ。

>>LINK-OILラインナップの総合ページはこちらからどうぞ。