ウエスの紹介

いろんな作業と切っても切れない備品系の商品といえば『ウエス』
別にボロ布とかでもいいっちゃいいんですが、毎度毎度揃えておこうと思うと実は面倒なんですよね。

特に最近は使い終わったら気軽にポイッと出来る紙製のウエスが大人気。

プロショップタオル

SCOTT SHOPタオル ブルーBOX(200枚入)

特に店舗ではこのBOXタイプが人気でしてガレージやトランポの据え置き用に売れております。
かなり雑に使っても気にならないので良いですよね。

プロショップタオル

SCOTT プロSHOPタオル ヘビーデューティー(60カット)

そしてこちらは上記のBOXタイプよりも強い「ヘビーデューティー」版。

左がスタンダード、右がヘビーデューティー

紙製ウエスの弱点といえば濡れてしまってからの破れやすさなんですけど、このヘビー版は破けにくいのが特徴でしてスタンダードのショップタオルよりも人気でリピーターも多いですね。

マイクロファイバーウエス

SIGNET マイクロファイバーウエス詰め合わせセット

こちらは布製のウエスとなりますが布といってもマイクロファイバーウエスですので洗車とかにも便利に使えます。

お店でもこれ目的で買いにくる人は少ないのですが「あ、そうだ!ついでに」ぐらいな気楽な感じで買ってくれると嬉しいです。

2022年の新製品発表会にいってきました

年に一度開催される当店とお付き合いのあるメーカーさんの来年発売予定の新製品発表会にいってきました。

毎年年末頃に開催されるのでこれに行くと「今年ももうちょっとかぁ」と思ってしまう恒例の展示会です。

2022新製品展示会

長く続いたコロナ騒動も緊急事態宣言が解除され徐々にですが市場も以前の状態に戻りつつあります。
コロナ禍の最中は売れ方というか…うまく言えませんが商売のやり方を少し変えないといけない感じでしたので、なんとか生き残るためにいろいろ工夫してやってきました。
しかしまた平常に戻る雰囲気になってきたという事はいろいろ元に戻さないといけない、それかもっと違った事をやっていかなくてはいけない可能性がありますので、こういった商品をずらりと並べてやってくれる展示会ってのは頭のスイッチの切り替えという意味でもありがたいんですよね。

2022新製品展示会

ですのでたかが展示会という感じではなくかなーり真剣モードで臨んでおりますので、全てを見終わるのに3時間超かかりまして…終わった後は結構ぐったりくるほどでした。

ちなみにこの展示会。
よくある「展示即売会」ではなく来年の2022年に投入される予定の新製品のお披露目会といった趣旨が強く、この場で良いものを見つけても「あ、それ買って帰ります」ってわけにはいきません。
なのでほとんどが自分の頭の中だけでいろいろ組み立てて来年のスケジュールとかまで考えるのでマジで糖分欲しくなる感じなのです。

2022新製品展示会

今回の展示会では目玉商品ってのはあまりなく小粒な感じでした。
それでも各社が地味でも良いもの作ろうという気概が感じられて適当に流し見するって雰囲気ではありません。

2022新製品展示会

ちなみに新製品だけではなく販売後にかなり話題になった商品もズラリと並んでいて、売り忘れていた工具を再発見したりも出来るので助かりますね。

2022新製品展示会

あと今回感じたのはメーカーさんが業者向け商材を一般向けに多く出品していた事です。
コロナの影響なのか巣篭もり需要に対して「本物はどうですか?」といった動きがかなり感じられました。

2022新製品展示会

あと木工。
もともとDIYとは親和性の高い作業ですがやはりコロナの影響でブーストが掛かったみたいでそれ用の工具も多数見てきました。

2022新製品展示会

そしてやっぱりこれだよね、って感じでアウトドア関係の工具も増えてましたね。
それも結構ディープなやつがあって私も初見のものも多数。

どんな分野の工具でも「自分には関係ない」といってスルーするのではなく、とにかく知見を増やしてインプットを多く得られた展示会でした。
これらの商材が実際に店頭に並ぶのはまだ来年の話になりますが、どんどん新製品が出てくる予定ですのでお楽しみに。

PP樹脂素材の樹脂製工具箱

工具を揃え始めだったり、ある程度揃ってきたり、そんな人が悩み始めるのが工具箱。
ガレージにデカめのキャビネットをドンっと置けるならまだいいけど、場所や予算の都合でそうもいかない人も多いと思います。

まして工具を持ち出して使う事が多いとなおさら悩むんですね。
これは日本人の気質もあるんでしょうけど、コンパクトめな入れ物にキッチリと納める事に執着する人が結構います。
でも工具箱ですからね、工具が増えたり外した部品をちょっと入れたり、またまたパンク修理キットとか電装用の工具と端子とか不確定な工具とかその他も入れはじめてしまうと途端にカオスになったりします。

で、そういう人に個人的にオススメしてるのが。
メインではない補助の工具箱の存在。
あくまでも補助の工具箱なので大げさなモノはいらないし、そんなに機能性もいらない。
もっと言えば出来れば安いと助かるなぁ・・・なんて人にオススメなのが樹脂製の工具箱。

で、そんな樹脂製工具箱でエイビットのオススメがリングスターなんですけど、今回ちょっと新製品でたのであらためてラインアップのおさらい。

国内では造りの良さもあってシェアナンバーワンなリングスターの強化樹脂製工具箱。
その中でも自動車のバンパー素材を使って耐久性と使い勝手を向上させたスーパーBOXシリーズに新サイズが追加されたんですね。
補助用工具箱として使うのならばある程度目的もハッキリしていると思うので、サイズが豊富に選べるのは嬉しいですね。

ring_sr450a002

合計4サイズあって迷うかも知れませんが、簡単にいうとサイズが違うだけなので目的に合ったモノを選べばいいと思います。

写真左の列がミドルサイズの2つ。

ring_sr450a004

リングスター 樹脂製工具箱スーパーBOX(ミドルサイズ)

こちらは補助用としてはもちろん、メインの工具箱としても使えるサイズになっております。
かなりのリッター数がありますので雑多にいろんなモノを放り込んでいくにも便利ですね。

そしてスモールサイズの2つがこちら。

ring_sr385aa02

リングスター 樹脂製工具箱スーパーBOX(スモールサイズ)

お店ではそれこそパンク修理キットとか電装用の圧着工具とギボシ端子入れとかそんな感じで補助用工具箱としてかなり好評です。
また小さいながらもシンプル形状でこちらもリッター数はある程度ありますから、自宅用の日曜大工関係を放り込んでいる人もいますね。

造りはどれもしっかりした業務用でありますが、価格が結構安いので気楽に導入しやすい工具箱だと思います。
自分のメインの工具箱を見直してみて、使い勝手がイマイチだなぁ……とか思ったらこういう方法もありますよってお話でした。

抑えのミニプライヤー

基本的にねじを回すためにつくられている工具達はその作業環境に応じて様々な種類が設定されてたりします。
特に車両整備の現場ではスタンダードな工具以外に「長くて力強い工具」が必要な場面もありますし「とにかく小さくてどんな隙間にも入りそうな工具」が必要な場合もあります。

で、今回は後者の小さい工具の話。

工具の小さい事での有効性といえばとにかく「狭い隙間でも差し込んで使える事」だと思います。
レギュラーサイズの工具では狭い箇所に工具自体が入らなくて悪戦苦闘する場面ってのは結構あるわけです。
そんな狭い箇所でプロメカさんでも結構苦労するのがボルト・ナットのナット側の抑え用工具です。

普通の大きさの工具が入ってくれるならぶっちゃけ抑えの工具なんてなんでもよくて、共回りをさせないために何かしらの工具を引っ掛けておくだけの事なんですが……そういう箇所に限ってすっごく狭いとこやちょっとややこしいとこにナットがあったりするので面倒なんですよね。

そんな時にあると便利なのがとにかく小さい工具。

SIGNETミジェット

SIGNET ミジェットコンビネーションレンチセット7本組

例えばこんな超ショートのミジェットレンチとかは、このコンビ単体で回すってよりは「裏抑え用」としての利用価値の方が上だったりする工具です。
これだけ短ければ手を突っ込めさえすれば大抵の箇所には入ってくれるので便利なんですよね。

そして最近売れているのがKNIPEXから登場した超ミニのコブラとプライヤーレンチ。

KNIPEX超ミニコブラ

KNIPEX 超ミニ コブラ(ウォーターポンププライヤー)

こちらはウォーターポンププライヤーといういわゆるペンチみたいな工具なのです。
ボルトナットも掴む事が出来るので抑え用レンチの代用として活躍します。

KNIPEX超ミニプライヤーレンチ

KNIPEX 超ミニ プライヤーレンチXS

そしてこちらが後発のプライヤーレンチXS。
上記のウォーターポンププライヤーとは違いボルトナットを掴む事専用に作られた異型のモンキーのような工具だと思って貰えればOK。

KNIPEX超ミニプライヤー比較

両者ともとにかく小さいのに実力は折り紙付きの有能工具でして。
抑え用のレンチとして使う場合のイライラポイントのひとつが「抑えのレンチが不意に外れてしまう事」です。
ボルト側には正規の工具を掛けてグイっと回そうとするわけですが、抑え側も引っ掛けておく必要があるので不安定な姿勢だとカシャンっと工具がずれ落ちちゃうんですね。

そんな時にこれらのプライヤー型は「握って保持」してくれるのでめっちゃ便利なんですね。

KNIPEX超ミニプライヤー比較

そして厚み。
KNIPEXは小さな工具は「薄く」作る傾向があり、画像でもわかると思いますが一般的な14mmのスパナ部分と比べてもこの薄さ。
これがただのレンチだと不安な薄さなんですが「握って保持」なので怖くなく回す事が出来るわけです。
またこの薄さを利用してダブルナット用の工具としても活躍します。

KNIPEX超ミニプライヤー比較

そんなわけで店舗でもそういう理由で売れているこちら。
コブラとプライヤーレンチのどちらが良いのかはユーザー次第ですが、助言するとしたら軸足を「プライヤー」にしたいのか「ネジ回し」にしたいのかの差ですかね。
個人的には最終的にマルチに使えるプライヤーレンチが好きなんですが、あとは好みの問題かと思います。
もちろん本来のプライヤーとしての利用も出来る便利工具ですので未購入の方はぜひご検討くださいませ。

工具を揃える次のステップ

長年工具の販売をやってますとどうしても避けて通れない事ってありまして。それは末永くひとりのお客さんとお付き合いするのが「ちょっとだけ難しい」って事。

いや誤解を招く言い方っすね、これ。
長年お店に通ってくれているお客さんはめっちゃ多いすよ、そういう意味ではなく、初見のお客様が初来店してくれてそのお客さんがずっと来てくれる常連さんになりにくい業種とでもいいましょうか……。

どういう事かというと──
これから整備を始めようとする人がたまたまうちに相談しにきてくれてあれこれと工具を買ってくれるようになったとします。

当店の場合ちょっとずついろんな種類を時間掛けて揃える人が多いので最初の2~3ヶ月は基本的なハンドツールをあれこれ吟味して、なおかつそういう相談にも乗って……なんて感じなのですが。

そんな感じで少しずつ工具を揃えていってラチェット&ソケット、ドライバー、プライヤー、レンチ類までたどり着くと、一般的な整備初心者さんはその辺で「工具準備完了」と考えてしまい、徐々にお店に来る頻度が下がっていきます。
これって工具業界あるあるでして、揃え始めた人は大体3ヶ月から6ヶ月くらいである程度満足するし、実際の作業でも困る場面ってのがなくなっていくんです。

ホントはね、いっぱいあるんですよ。
紹介して買ってもらいたい工具って。

いろいろあるんですけど初心者さんから入ってくれた人達に「その次のステップ」をビジョンとしてうまく説明するのってすごく難しいんですよ。

このブログをいつも読んでくれてて整備もバリバリ楽しんでいる人には分かると思うのですが、脱初心者さんくらいの工具箱ってまだ足りないモノが結構あるんですよ。
でもそういう人達ってその手の使った事のない工具に対しての見識がないから「それがないとどう困る」のかが分かりにくいんですね。

例えば。
そんな説明の難し工具の代表例だと

PBピックツール

PB スイスグリップピックツールセット

これとか、プロメカさんだと使用率が高いこういう工具もなかなか「その次の工具」として理解してもらうのが難しいです。
もちろんこれだけじゃなく打撃系工具なんかもわりと説明難しくて、プラハンですら必要性を理解してもらうはかなり困難ですからね。

こういった基本工具のプラスアルファ的存在の使用意義って、そもそもその工具を使った事がないという人には説明しても理解してもらえないんですわ。
でもね、工具って基本がある程度揃って「その次」くらいからがホントに楽しいんじゃないかなーと思ってるんですよね。

PBドライバー各種

だからウチのWebサイトって日々更新してなるべく多くの工具の存在とか、便利な使用方法とかを紹介するようにしております。
でも難しいっすねー、いやホント。