KNIPEXのメカニックプライヤー

整備の各所で活躍するニードルノーズプライヤー、通称『ラジペン』
基本工具のひとつとしても認知されていて、まず揃える工具の中でも必ず名前が挙がると思います。

しかしこのラジペンも奥が深くて素人目には似たようなものでも、プロメカの現場ではみなさん上手に使い分けをしていて活躍しております。

そんな中でも他とはちょっと違うシリーズ展開をしていて人気なのがKNIPEXのメカニックプライヤーシリーズです。

KNIPEXメカニックプライヤー

KNIPEX メカニックプライヤー[ストレート]

全長が200mmと日本のラジペン平均よりも少し長く、支点も手前側にあって先長なイメージ。
KNIPEXの中でもいわゆるラジペンとは違う扱いになっていて「掴む・切る」とかの総合的なプライヤーというよりは作業の「掴む」に特化した工具の位置付けとなっております。

実際プロメカさんの間でも評価が高く、このちょっと先長なプライヤーを好んで使ってもらっている人が多いんです。
で、もちろんちょっと先長だけが理由ではなくて…
実はこのメカニックプライヤーのシリーズは様々な先端形状が存在します。
今回はそんなシリーズの中でも人気のメカニックプライヤーを紹介。

KNIPEXメカニックプライヤー

KNIPEX メカニックプライヤー[ベントノーズ] 45°/90°

まずは変わり種シリーズといってもみなさんもよくご存知の先曲がりの「ベントノーズ」モデル。
俗称で45度とか90度と呼ばれるプライヤーでして、これが車両整備等ではもうめっちゃ便利です。

KNIPEXメカニックプライヤー

もちろんストレートが基本なのでストレート持ってる人に「次は何買えば?」と聞かれたらこれをオススメする感じですが、45度ならストレート持ってなくてもオススメするレベルで使い勝手がいいです。
90度の方はサクションパイプやホースに出てくる幅広のホースバンド外しに超便利。
自動車のディーラーメカさんとかなら持っていて損じゃないと思います。

KNIPEXメカニックプライヤー

KNIPEX メカニックプライヤー[ホースクランプ]

そして知る人ぞ知る隠れた人気プライヤーがこの「ホースクランプ」モデル。
名前の通り燃料ホースとかφ10mmちょっとのホース関係やプラグコード関係では抜群に便利なプライヤーです。

KNIPEXメカニックプライヤー

他のメーカーにこういう形状の汎用プライヤーがなかなか無いので、使った事ない人にこの便利さがなかなかうまくお伝え出来ないのですが、一度使ってもらうとこれの良さが分かってもらえると思います。

また先端の尖った部分をうまく使うとロックコネクターのロック外しにも使えたりもします。
とにかくあまりない形状なので次に何を揃えようか悩んでいた人はぜひお試しください。

大きめのなんでも入れ工具箱

普段からバイクを積んであちこちに出掛けている私。

そんなトランポの中にいつも入れている工具箱と言うか……なんでも入れがあるのですが、これを見た方に結構好評でしていろいろ問い合わせがありますのであらためて紹介。

それがコレ。

ring_dokabigX6

リングスター 大型収納工具箱ドカット[ビック] 写真左

リングスター 大型収納工具箱ドカット[ミドル] 写真右

樹脂製工具箱ではナンバーワンメーカーと言ってもいいリングスターの大型収納工具箱です。(私は大きい方:青 を使ってます)

そしてさらに小さい「スモール」サイズもあって全部で3サイズ。
(右が上で紹介したミドルサイズ、左がスモールです)

リングスター 大型収納BOX ドカット[スモール]

かなりざっくりした工具箱でして、なんでも放り込んでおけますので整理が苦手な人にもオススメ。

ring_dokabigX5

こんな感じで使用頻度とかも考えて分けておけばガレージでも片付きますし、出先に持っていくモノでも通常の工具箱に入りにくいモノをまとめておくにも便利です。
また樹脂製なので雨天時に外に出しっぱなしにしても中が濡れないから良いんですよね。

ring_dokabigX7

強化樹脂製なので椅子にしたり足場にしたりといろいろ活躍もします。

ガレージや持ち出し用工具でなにかしら裸の状態になってしまっているモノがあるなら、こういった雑多な物入れを用意するのもひとつの手だと思います。
かなりざっくりした箱なので、とりあえずモノを放り込んでおくのにかなり便利ですよ。

こういう工具箱を用意出来るようになると通常の工具箱の整理整頓にも繋がりますしね。

インチサイズへの対応

ここ数年、またインチ関係の問い合わせが来るようになってます。
ってか、もうちょっとちゃんと言うと「サイズがなんだか分からないボルトが出てきたので調べて」っていうのが正解かな。

最近は世界的に徐々にですがインチサイズの使用率って減少しているのですが、工場とかでは輸入の機器が台頭してきたせいかウチみたいな専門店への問い合わせ件数自体は増えているんだと思います。
まぁ普段ミリサイズしかさわらない人が急にインチとか出てくると確かに混乱しますよね

で、そんな時はとにかく慌てずにボルト・ナットのサイズを一度測ってみましょう。

極小サイズ(2ミリ以下とかね)を除いて通常の大きさのボルト・ナットで「○○.○mm」とか出てきたらほぼインチだと思って頂いてOKです。(12.7mmとかね)
よく誤解されるのですが、例えば15ミリとかはインチではなく「15ミリ」と言うミリサイズです。

で、とにかくインチかな?と思ったらボルト・ナットのサイズをノギス等で出来るだけ正確に測定してみてください。
その計測したサイズをそのまま当店に伝えてもらってもいいですし、お近くの工具店で探すときはインチに換算すれば購入しやすいと思います。

インチへの換算は簡単。
とにかく。

1インチ = 25.4mm

とおぼえておけばOK。
そしてインチサイズは3/8とか7/16とか、基本的に分母が8か16になりますのでそれを目安に換算します。(1/2とか1/4もあるけどね)
※まれに分母が32の場合もあるので注意。

例えば実測サイズが22.3ミリくらいだった場合。
25.4を8で割ってみると3.1ミリ。 で、22.3を3.1で割ると7ですから、おおよそ7/8のインチだと言う事が分かります。 (実際は7/8は22.22ミリ) 測定誤差を考えればほぼ間違いなく7/8インチですね。

>>こちらのページでもミリ・インチの事を書いてます。

まぁ今どきインチネジに遭遇する確率は低いのですが、その分遭遇した時に分けわからなくなるのでこれくらいは頭の隅に覚えておいて損じゃないと思います。

Ko-ken_sok_all1

Ko-ken 3/8ソケットインチサイズ

実際に工業向けに使用されているネジには代表的なサイズがありますので、それも分かっておけばさらに分かりやすいですね。上のKo-kenのソケットではずらっとインチソケットも表記してますので雰囲気だけでも掴んでおいてください。

そしてインチだけじゃなく急に変なサイズのネジに対応出来る工具も持っていると捗ります。

KNIPEXプライヤーレンチ

KNIPEX プライヤーレンチ(新型ブラック仕様)

普通のモンキーでも対応出来たりしますが、やはりKNIPEXのプライヤーレンチは掴んで回せる分別格ですね。

基本的に国産の車両にはインチネジは出てこないと思ってOKです。
輸入車もまず無いのですがひょっこり出てきたりする事がありますので、なんとなく出てきそうな雰囲気あるなら事前に調べておくことをオススメします。

そして各部のサイズをちゃんと測定出来る工具も揃えておきましょう。

ホースのクランプツール

私も仕事終わってからとか休みの日はいろんな整備をして楽しんでおります。

現在乗っているのがレース専用車なので各部の交換サイクルが短いと言う事もあり、1時間乗っただけでも一回りのチェックやグリスアップが必要になるんです。
もちろんその分整備性も良くてウインカーとかライトも付いて無いのでバラすのも簡単。
みなさんが思っている以上にはあまり苦労しているとも思ってません。

でも苦手なメニューもありまして。
それが油脂類の交換。

これはもうとにかく面倒ってだけの話でして、通常の整備ならばボルト外して綺麗にして組むってだけなのですが、油脂類系の作業って予期せずに汚れたりするじゃないですか……あまり得意じゃないってか好きじゃないんですよね。

その中でも油圧系の作業は気を遣います。ブレーキなんかもそうですよね。

 

で、そんな事に悩んでいる人にちょっとオススメな工具の紹介。

sig_HScrampX1

SIGNET ホースクランプツールセット

これを使えばホースの途中で液体を止めておく事が出来て、ちょっとした作業でも漏らしたり垂らしたりしなくてすみます。

sig_HScrampX4

使い方は簡単でホースをつまんで掴むだけ。写真のようにホースを途中でクランプしてくれます。
工具側はホースを痛めないように緩い角度で作られてますので安心して使えますね。

これを数本持っていればエンジン降ろしのような作業でも液がダラダラ……なんて事にならなくて便利ですよ。

 

そして金属製クランプでの一番人気はこれ。

imp_horsC_nw4

インペリアル ホースクランプ

これはプロの方に人気ですね。
車検整備でも大活躍する工具です。

大きさが2種類ありますので好きな方をお選びください。
こんな感じで普段あまり気にしてない作業でも専用工具で楽に作業出来ると思いますよ。

強力ボルトカッター ─KNIPEXコボルトシリーズ─

30年くらい前、まだ輸入工具というのがあまり認知されてない頃に鮮烈なデビューを飾った工具がバーコやクニペックスの硬線ニッパーです。
日本製のニッパーというのはいわゆる1本で万能型のものが多く、海外で作られている役割分担がはっきりしているニッパーの中で、強力型の硬線ニッパーの切れ味は本当に衝撃的でした。

当時は今のモデルになる前のバーコのニッパーだったと記憶してますが、その後KNIPEXのニッパーが紹介され

輸入工具のニッパー = なんでも切れる

みたいな意識が浸透していったと思います。

そんな強力無二なニッパーでありますが弱点といえば最終的に人間の握力がそのまま切断力に比例してしまう事です。
もちろんレバー比もあるので1:1ってわけではありませんが、いくら刃自体が切れ味を持っていても硬い相手では難しいものは難しいってな感じですね。

そんな「とにかく切断力を!」というユーザーに近年売れているのが、もともとボルトカッターとしてニッパーの上位に存在しているKNIPEXのコボルトシリーズです。

KNIPEXコボルトシリーズ

握る力を倍増する先端構造により、開き幅こそあまり大きく開口しませんがその切断力はかなりのものです。
実際うちのお客さんでも通常使用で硬線ニッパーのスタンダードの160サイズくらいを使いつつ、硬いモノ用にこのコボルトを購入って人も多くなってきました。

で、
そんな密かな人気のKNIPEXコボルトシリーズには標準サイズ(スタンダード)の200mmの他に小さいのと大きいのが存在します。

KNIPEXコボルトシリーズ

ちなみに小さいサイズの160サイズでもワイパーブレードのステンレス芯くらいなら簡単に切断出来ます。

●ラインナップ
KNIPEX 小型ボルトクリッパーXL250mm(リセス付)

KNIPEX 小型ボルトクリッパー スタンダード・コンフォート(スタンダードサイズ)

KNIPEX 小型クリッパー(スモールサイズ)160mm

KNIPEXコボルトシリーズ

こちらは最大サイズの250mm。
本工具の性格を考えればもっともニーズのあるサイズかもしれません。

現場で「とにかく硬いものをバチバチ切る作業が多い」という人はこの大きい250サイズがオススメですね。
でも標準の200mmでもかなりの切断力、そしてコンパクトさがありますので、いろんな作業が雑多にある現場では標準の200が良いかと思います。

また200mmサイズではお店でかなり売れているこれ。

コボルトベントノーズ

KNIPEX 小型ボルトクリッパー[ベントノーズ]

先端部分にクイっと角度がついているベントノーズモデルがかなりの人気となっております。
コボルトシリーズはその先端の機構ゆえに少々ごつい造りになってますので、キワの切断ではこっちの方が便利な場面が多いからだと思います。
切断能力はほとんど変わりませんし、ストレートで使いたい場面でも問題ありませんからね。

ってなわけで通常のニッパーにもう1本追加で!って検討中の方はこういう切断系工具はいかがでしょうか?ってお話でした。