店主の近況 ─怪我してました─

今月の前半に行われたバイクレースのJNCC。
この千葉大会にとにかく出たくて春にやった首の手術も術後のリハビリも頑張ってきました。

特にリハビリの時についてくれた作業療法士の方(この人もバイク乗りだった)から「せっかくリハビリ続けるんだったら体幹メニューも入れて下半身も強化しちゃいましょう」って言われたのをきっかけに自分の身体をあらためて見直す機会を得られたのはよかったと思います。
ついでにといってはなんですがブヨブヨと太ったお腹まわりもスッキリさせてしまおうと思い、運動による減量にもチャレンジ。
筋トレ後には30分ほどのウォーキングも日課となっていました。

そんなわけで退院後に自宅でのリハビリ兼筋トレをスタートさせたわけですが、1ヶ月ちょっと続けてみて体重って全く変わらなかった(少し増えた)んですよ。
そこで体脂肪計を購入して体重や体脂肪率も管理し始めました。

お店にくるお客さんの中で筋トレやダイエットに詳しい人にいろいろ聞いてやっぱり「食事」も管理しないとだめってことがわかりまして、これについてもいろいろチャレンジしてみました。

そしてついに体重が減り始めたんです。
リバウンドも警戒しつつとにかく「少しずつ体重減らして筋肉をつける方向」で続けていたのですが…まさかの怪我をしてしまい。

怪我は自分で思っているより酷かったらしく、あまり表では言ってませんでしたが入院してまたもや手術してました。

また入院してました

せっかく筋トレも減量もうまくいっていたのですが……
この怪我で食事制限も筋トレも一時完全にストップ。
運動はもちろん出来ないのですが怪我を治すためにとにかくエネルギーを入れろってことで減らしていた食事も逆に多めに食べることになったのですが。

なぜか減り続ける体重。
識者に聞くと「怪我を治すエネルギーのほうが多いのでそれに持っていかれてる」とのこと(なるほど)

現在はこの怪我に関してのリハビリもスタートしまして、運動も徐々に出来るようになってきました。
心配していた体重増加もなくここ1ヶ月は増減無しで過ごせております。

ちなみに結果として私がやった減量は。

・PFCバランスとか細かなことは考えないで「腹七分目」だけを意識。
・朝昼晩とご飯をちゃんと食べる。
・甘い飲料を飲まない。
・水を飲む(お茶とかではなく「水」だけ)
・早寝早起きで睡眠をキチンととる。
・一日一回だけ酢を大さじ1杯だけ飲む。

ざっとこれだけ。
続けられない極端なことは出来るだけやらないって方針で現在8キロ減まできました。
もちろんこれに「適度な運動」が入れば尚良しだと思いますので、今の怪我が治ったらまた筋トレを再開したいと思います。

また入院してました

しかしこの半年でまさか2回も全身麻酔の手術を受けることになるとは思いませんでした(笑)

鍛える日々

あと半月ほど経てば首の手術から3ヶ月となります。
3ヶ月目には術後3ヶ月検診があってそれ以降は1年ごとになる予定なので個人的にもこの3ヶ月ってのがひと区切りだと思っていました。

正直体調は完璧といえるほどではなく、たまに術痕あたりが張ったり少し痛みがあるときもありますが「こんな感じでずっと付き合っていくのかな」くらいの覚悟も出来ております。

それでも日常生活をおくる上で支障になるような事もほとんどなくなりましたのであとは「この姿勢をとると痛くなるかもしれない」といった心因性の悩みの方が大きいかもしれません。

ってなわけでもうちょっとで全ての制限がなくなる前提で。
体力アップに日々励んでおります。

以前のブログでも書いた毎日の筋トレは少しずつ負荷を増やしながら続けておりますし、有酸素運動として筋トレ後に時間があれば30分ほどのウォーキングもやっております。

トレーニング

あと「やれる事はとりあえずやってみよう」って事で。
水を一日で3リッター以上飲むようにしてみました。

やり始めの頃には限度が分からず5リッターくらい飲んだら気持ち悪くなってしまい、始めて水中毒なる言葉も知りましたw
水も最初は「そんなに飲めるものなのか?」とか思ってましたが、今では楽に3リッター飲めるようになったので慣れってすごいですね。

あと日々の筋トレで筋肉痛が酷いことになっておりまして。
これもお店に来る筋トレガチ勢に聞いてこれを導入。

トレーニング

ストレッチポール。
ぶっちゃけ最初は眉唾だったのですが、実際に毎晩やるようになって筋肉痛がほぐれるだけでいろんな所作が楽になってきました。

すでに筋トレ始めてから2ヶ月半ほどが経ちまして、そろそろ身体にも変化があるかな?とかも思ってましたが、溜め込んだ内臓脂肪は本当にちょっとずつしか落ちませんww
それでも「悪いことはやってないのだから」という信念を持ってせめて1年間くらいは続けてみようかと思います。

ってなわけでバイク解禁が徐々に近づいてきましたよ。

退院して2ヶ月経過

早いもので退院してから2ヶ月が経ちました。
1ヶ月前にも同じ記事を書いているので自分への記録としてこれを書いておきたいと思います。

まず総合的な身体の調子はかなり良くなりました。
日常生活ではまず困ることがないレベルにまでなったと思います。

1ヶ月前はまだ良くなってきているとはいえ単純に痛い動作があったり、心因的な要素で「これをやったら痛くなってしまうのでは?」とかの心配もあったのですが、ここらへんがかなり改善されましたね。

来月のお盆の頃には術後の3ヶ月検診があり、そこで医師から完治の認定を受けたら個人的には今回の入院騒動は完結って事でいいかなーと思ってます。

そして退院後から本格的に始めたリハビリというか筋トレもまだ続いております。
いろんな人のアドバイスや意見を聞きながらやってきましたが、多分ですが間違ったやり方をやっている可能性もあるとは思うのです。
でも基本的には多少間違っているとしても「何もやらないよりはマシでしょ」の精神で続けております。

さすがに自宅筋トレも2ヶ月になってくると何かしらの指標というか目標が欲しくなり、最近導入したのがこちら。

リハビリ2ヶ月目

体組成計とスマートウォッチ(スマートバンド)です。
このふたつはフィットネスアプリで統合され連携しつつ身体の状態を表示してくれるので面白いですね。

毎朝やっている30分ほどの筋トレもワークアウトとして記録され、ゲーム感覚で積算されていくので何もない状態に比べたら筋トレも楽しくなりました。

まぁ筋トレと言っても身体を単純に鍛えるのではなく「バイクに楽しく乗れる身体」を作るのが目的ですのでなおさらやる気だけはありますしね。

リハビリ2ヶ月目

ってなわけで早ければ9月頃からバイク復帰出来そうな感じになってきました。

私にとっての日常を取り返すまであと少しの辛抱だと思って頑張ります。

店主の近況報告

さてさて入院騒ぎもそこそこ落ち着きまして退院から約1ヶ月くらい経ったのでちょいと近況報告となります。

退院直後は「これマジで仕事出来ないんじゃね?」と思ったくらい何しても痛くてかなり参っておりましたが、さすがに今はかなり良くなりました。

入院中から問題のあった手術箇所の首の筋力低下。
特にPCに向かう姿勢(ご飯食べる姿勢も)がとにかくきつくて、手術痕が痛いわけではなく手術にともなって剥がした首の筋肉のせいで首を支える筋力がなくなってしまい、直立姿勢をとっているだけでもつらかったんです。

実際退院直後はPC姿勢をとっていられる活動限界は5~10分でした。
それが今は大体30分以上やるとやっとつらくなるくらいまでには復活。
これが出来るだけで仕事の能率も上がって結果としてまとまった休憩もとれるからかなり楽になりました。

そしてこれまた入院中から行っているリハビリ(筋トレ)
主に首を支える補助の筋肉の補強とストレッチなのですが、リハビリ担当の人が同じバイク乗りだったのもあって、関係のない下半身メニューも組んでくれて治った後は存分にバイク乗れるように考えてくれました。

最初のメインはやはり首まわりのリハビリだったのですが…いつの間にか下半身強化メニューの方が比重が高くなりまして。
毎朝30~40分かけて

スクワット→片足交互上げ→バックランジ→広背筋リハビリ→首リハビリ→股関節ストレッチ→ダンベル低負荷→バックランジ

リハビリ

こんな感じのメニューをよほどの筋肉痛がない限り毎日続けております。
メニューが全部終わった後はゼイゼイハァーハァーとかなりしんどいメニューなのですが、まぁこんな機会ないとやらなかったよな、と思って続けております。

身体の調子はぶっちゃけまだ良くはないのですが、それでも毎日実感出来るほどには良くなってきておりまして、多分ですけど後1ヶ月もあればかなりなんとかなるのでは?と思い始めております。

店舗での接客時にはまだ「ごめん、ちょっと椅子に座らせてください」ってな場面もあるかもですが何卒ご了承くださいませ。