1/4差し込みのHEXソケット

狭い所や軽整備で便利な1/4の工具達。
個人的にもオススメな工具でして、このブログでも何度か取り上げております。

で、今回は普通のラチェットとかソケットではなくHEXソケットのお話。

2010mz

Z-EAL 1/4HEX&ビットソケット セット・単品

1/4のHEXソケットは少し特殊でして、もともと狭所用としての位置づけが強い工具なだけに、このように超ショートなモデルがスタンダードとなっております。
もちろんこれはこれで便利なのですが・・・・。

HEXのソケットってソケットの土台部分からHEXが生えている形状ですので、HEXの本来のサイズなりな細さのまま奥に突っ込んで使いたい場面ってのがあるんですね。
それがこの超ショートだとすぐに土台の太さになってしまうので、奥まった箇所や配線を避けながら回すような場面では厳しいんです。

そこでロングHEXの登場なんですけど。
今度は全長が100mmとかいきなりすごく長くなりすぎてしまい、これまたちょっと使いにくい・・・。

そこでオススメなのがこれ。

kz_2010mz50a002

Z-EAL 1/4ロングHEXソケット

全長が50mmに設定されているZ-EALの1/4ロングHEXソケットです。
カタログ的には「ロング」となっているのですが、実際はセミロングな長さでして、これがめっちゃ使いやすいんですね。
ラチェットの直差しの取り回し感もいいし、かなりオススメのソケットです。

ちなみにもうひとつのセミロングがこれ。

pb_v6211b

PB 1/4ロングHEXソケット

上記のZ-EALが出るまでは1/4HEXの「ちょっとロング」では唯一のモデルでしたので、知っている人も多いと思いますが、これの全長加減(75mm)は本当に絶妙でして今でも根強いファンが多い工具のひとつです。

1/4のHEXソケットは超ショートなのがスタンダード設定になっているので、なんとなく使っている人も多いかもしれませんが、コレ読んで興味出たって人はぜひ一度お試しくださいませ。

いよいよJNCC最終戦!

出来るだけ行ける時にはいくようにしているJNCC

jncc_top

エイビットとして出店参加もしてますし、ウチのお客さんがチーム組んで出てくれたりして毎年盛り上がっております。
で、春先から始まるこのレースは11月の初旬に最終戦を迎えて1年が終わりって感じになりますので、その最終戦がいよいよって事で今年も残り少ないなぁ・・・なんて感慨深く思ってたりします。

ちなみに最終戦は長野県大町市の爺ヶ岳スキー場特設会場。

jncc_2016ji

コース図も発表になっていよいよってな感じです。

日時は・・・
11月5日(土)と6日(日)の2日間。
レースがあるのは日曜日なのですが、土曜日も30を超える出店や飲食ブース回ったり、最終戦だけ開催される地域対抗リレー。(あと希望でクラブチームも出られる)

jncc_club

こんなのがあって大盛り上がり。(写真は去年のウチの出場チーム)

本戦も午前のFUNクラスには10名ほどお仲間が出場するし。
午後のCOMPクラスにはお隣のナグモのナガチャンと、これまたお仲間でありサポートライダーでもある出口選手も出場。

degua001

※写真はAAクラス出場の出口選手。使用オイルはLINK-OILのトルク15W50

jncc_degu

サポートデカールもバッチリでナグモとエイビット、リンクオイルのロゴがいい感じです。

ウチの出店も最終戦って事もあって気合入れてアレコレ持っていく予定ですし、都合がつけばLINK-OILのメーカーさんも並んで出店予定です。

そんなわけで今からチョー楽しみなJNCC最終戦。
でも終わっちゃうと本格的に冬到来なので少し寂しい感じもしますけど、いろいろ張り切っていきますのでみなさんどうぞよろしくお願いします。
(現地渡しで工具の注文も受けますよ)

動画は前戦のシーサイドバレーの空撮バージョン!格好いいですね。

ミッションオイル

現代の自動車事情。
いろんな自動車メーカーのカタログをずらっと眺めてみると、スポーツ走行を純粋に楽しめるマニュアルミッションがある車種って減ってしまいましたよね。
でもやっぱり乗って楽しいのはカチャカチャとシフトノブを操作出来るMTだと思います。

で、そんなマニュアルミッションのミッションオイルってのはフィーリングとかもふくめてっかなり重要な存在なのですが…。
とにかくちょっとこだわったモノを入れようとするとお高いんですよね。
エンジンオイルほど交換も気楽な感じではないですし、せっかく交換するなら…なんて意識も働いてかなり高価なオイルを入れている人もいると思いますが、それでも要交換な油脂類なわけですから、ランニングコストは抑えたいのが本音だと思います。

そんな人達に発売以来とてつもない人気になっているのが当店取り扱いのLINK-OILの『R7590G』

link_r759000a

LINK-OIL ミッションオイルR7590G

リッター2000円以下で購入出来るミッションオイルとしては破格な性能を持ったオイルだと思います。
ちなみにリンクオイルではこの下のグレード(リッター1300円程度)のものもあるのですが、このR7590Gの出来が良すぎて当店ではこのオイル1本の販売となっております。

ミッションオイルはエンジンオイル以上にそのフィーリングがユーザーに直接分かりやすいオイルだと思います。
販売後の評判もすこぶる良いオイルですので何かの機会にぜひ一度お試しくださいませ。

超軽量めがねレンチ

当店の取り扱いメーカーの中でもちょっと変わり種と言えば超軽量レンチシリーズをリリースしているライツール。

製造しているのは国内のアサヒ金属と言うメーカーで実は工場ルートでは質実剛健な造りで人気のメーカーです。
個人的にもこのメーカーは結構好きでして、その最たる理由としては、とにかくスタンダードな工具を作るのがウマイ事。

スタンダードとはなんぞやって話をすると、とかくいろんなメーカーさんって自社の特徴を大きく出したがるものんなのですがこのメーカーは実直と言いますかあまりトリッキーな物を作らず、ベーシックな形状の物を作るメーカーなんですね。
もう100年以上も前から作られてきて洗練されてきた工具ですから、やはり定番の形状にはそれなりな理由があると思ってますので、そういうベーシックな物を作るのがウマイメーカーは好きなんですよね。

で、そんなメーカーがちょっとアイデア出して作ったのが超軽量レンチのライツール。

機能美あふれた肉抜きのレンチは確かに軽くて持ち運びにも便利。

しかし。

実際使ってみるとその「軽量」と言う利点以上に使いやすい事に気がつくと思います。それこそがこのメーカーの持ち味だと思います。

 

今日はそんな中でも個人的にお気に入りのめがねレンチ。

asahi_mega_nw1

ライツール 超軽量めがねレンチ各種

このめがねレンチはほんとに良く出来ていて使い勝手が良いです。

asahi_mega_nw4

価格も安価で「軽量」と言うワードに目がいきがちなのですが、この10度オフセットの形状とか現場主義で作られていて、普通のめがねレンチとしての出来が良いです。

基本工具のひとつですから、なかなか買い換えとかは出来ないと思いますが初めての方や2セット目以降で少し安価に揃えたいって人にはホントにオススメのめがねレンチだと思います。

精密打ち抜きポンチ

エイビットで販売している様々な工具の中でも、定番工具ってわけでもない地味系の工具が細く長く売れ続けているってのがいくつかあります。

例えばピンの打ち抜きに使われる平行ピンポンチなんてのもそのひとつ。

pb_750bset_nw2

PB 並行ピンポンチ セット・単品

いわゆる普通の整備しかしてないとあまり需要はないのですが、少し深く整備していくと必須になる工具です。
すごく単純な工具ではあるのですが、その分「工具の出来」が如実にでるのでよく使う人ほど良い物が欲しいとPBご指名の人も多いですね。

また、さらに特殊なわりに一部の人に熱狂的なファンがいるのが同じく平行ピンポンチではあるのですがそれの「精密バージョン」

PB 極細平行ピンポンチ

スタンダードな六角胴の平行ピンポンチと違い、こちらは丸胴ローレット付きの平行ピンポンチです。
この丸胴のシリーズはかなり細い1ミリとかの設定もあり、主に工場やカメラやモデルガンのユーザーから厚い支持を得ております。

これだけ細いピンポンチですと、性能差はかなり大きいと思います。
粘り強いしなやかな鉄を作るのがうまいPBの面目躍如ってところでしょうか。