ギアレンチのアダプター

カリカリと軽快に作動する人気工具のギアレンチ。
72ギアを採用しているものが多く、現在の整備事情ではレギュラー工具のひとつです。

そんなギアレンチは活用方法も多く通常通りの使用方法以外にも持ち出し用工具のラチェット替わりにもなったりして、ユーザーの工夫次第ではもっともっと有益に使用できたりもします。

今回はそんなギアレンチの活用の幅を広げてくれるギアレンチ用アダプターの紹介。

KTCギアレンチアダプター

KTC ギアレンチ用3/8アダプター

お店での人気ナンバーはこれ。
KTCのギアレンチ用として使える3/8差し込み変換のアダプターです。
14mmのギアレンチやめがねレンチに組み合わせる事が出来ますので、これさえあれば出先でラチェットの替わりとして使う事が出来るスグレモノのアダプターです。

SIGNETギアレンチ用アダプター

SIGNET ギアレンチ用アダプターセット 4個組

そしてこちらはSIGNETのギアレンチ用アダプター4個セット。
1/4ビット用と1/4・3/8・1/2それぞれの差し込み角アダプターが付属します。
メインである3/8差し込みアダプターは13mmのギアレンチで対応出来ます。

そしてアダプターではありますせんが発売以来人気なのがこのソケット。

SK11ギアレンチ用ソケット

・SK11 デュアルドライブソケットセット(1/4・3/8混合)

ソケットの根本部分がそのままギアレンチに取り付け可能ですので、薄いソケットとして活用出来ます。
また差し込み角アダプターを必要としませんから、必要サイズだけを持ち出し用として活用も出来ますね。

SK11ギアレンチ用ソケット

さらに差し込むとこんな感じになるのですが、ギアレンチゆえの「フラットなめがね部」が逆に使いにくい場所ではオフセットレンチとしても活躍します。

こんな感じでギアレンチもアダプターを付ける事によってさらに使い勝手がアップしたりします。
便利なんだけどもうちょっと…なんて考えている人はぜひご一考くださいませ。

 

周年記念大感謝祭について

個人的に8月の終わりから9月になるこの晩夏な感じが好きであり、また寂しくもあります。
特に9月はエイビットの創業月でもありまして、毎年この時期になると背筋がピシャっとなる思いなので自分の中で特に印象の強い季節なのかもしれません。

と、そんなわけで今年も周年記念大感謝祭と称してセール月間に突入します。
まずは恒例の『全品10%OFFセール』がスタートしました。
店舗及びWeb通販全ての決済で適用となる問答無用のセールです。
(ごめんなさい、一部商品だけは除外します)

2019年周年記念

お店ではレジにて、Web通販ではショッピングカートの最終画面で自動計算され10%分が現金値引きされます。
会員登録等の必要もありませんので全ての人に利用いただけるセールとなっておりますので、この機会にぜひご活用ください。

期間は『9月10日(火)18時まで』となります。

そしてこの10%OFFセールが終わりましたら昨年開催した店舗でのナイトセールを今年も開催いたします。
日時:9月14日(土) 16時スタート 21時頃終了予定
場所:エイビット店舗

ナイトセール

ナイトセールの詳細はまた後日行いますのでお楽しみに。

ラジエターフィンの修正

内燃機に関して高出力や高効率を狙う場合に重要になってくる熱問題。
冬場にかけてエンジンが調子良かったりするのも、夏場の暑い時期にエンジンがタレ気味になるのも全部何かしらの熱が関係してきます。

まぁ馬力と言うか出力自体が熱交換の話なので当たり前と言えば当たり前なのですが、内燃機に関してはエンジン自体を効果的に冷却してあげるっての結構重要な事なんですね。(もちろん気温による空気密度も関係あるけど)

実際自動車のECUをいじったことのある人ならわかると思いますが「水温補正」も結構馬鹿にならない補正が掛かっています。
サーキットやジムカーナ、また渋滞時等々知らないうちに水温補正によってエンジンの出力を下げるような措置がコンピュータ内で行われていたりすることもあるんですね。

それくらい重要な水温を下げてくれる装置がラジエター。

昔と違ってアフターパーツでもそこそこ安価で高効率な物が入手しやすくなりましたから、水温とかを気にする人はそういった物に交換済みな人も多いと思いますが……。

が。

それホントに本領発揮してますか?
飛び石とかいろんな原因でコアつぶれを起こしたラジエターが本来の性能が徐々に出せなくなっていきますよね。
せっかく交換した良いラジエターも徐々にですが冷却性能が劣化していきます。

そんな時におすすめなのがこれ。

keiba_rajiX2

KEIBA ラジエターフィン修正プライヤー

国産ケイバから発売されているラジエターフィン修正専用のプライヤーです。完全に専用品なので他用途には使えませんが、その分フィン修正には絶大な威力を発揮します。

keiba_rajiX1

もともと国内のGTレースのチームから依頼されて作った特注品だった物を製品化した工具ですので、その使いやすさはかなりの物ですね。

keiba_rajiX4

近年のコア間が狭いラジエターにもばっちり対応してますし、マイナスドライバーでぐりぐりやるよりも「確実に起こしながら戻せる」ので簡単に修正する事が出来ます。

地味な箇所の整備ではあるのですが重要な冷却装置の修正が簡単に出来るのであればお買い得な工具だと思いますよ。

ロングな1/4HEXの活用

工具の中でも現場次第で売れ行きが大きく異なるものっていくつかありまして、例えば今回紹介する六角レンチなんかもキャップボルトがほとんど使われてないような職種とかがあって、そういう現場のHEXへの関心度は当たり前ですが低いです。

で、そんなHEX工具の重要度があまり高くない現場なんかで突然六角レンチが必要になったりする場合があって、普段は気にしてなかった工具なので結構相談される事が多いんですね。

いくら六角レンチの重要度が低くてもいわゆるL型HEXレンチくらいは持っていたりするのですが……

PBHEXレンチ

PB 丸軸L型HEXレンチセット(ロング・ボール)

キャップボルトが多くなったり、難しい場所にボルトがあったりするとL型だけではなかなか対処出来ません。

そんな時におすすめしているのがソケットタイプのHEX。
ラチェットを使って回せるし、そもそもトルクも掛けることが出来るので特に6mm以上のサイズが出てくる現場にはおすすめです。

で、そんなソケットタイプのHEXの中でも個人的におすすめしているのがこんなロングなHEXと首振りラチェットの組み合わせ。

1/4HEX

実際1/4の首振りラチェットと組み合わせるとこんな感じ。
トルクを掛ける事も容易だし角度や奥まった箇所のアクセスも良好です。
もっともっと奥のボルトに対してはエクステンションバー付けてあげればいいだけですから、この組み合わせで持っているとかなり重宝します。

でもでも。
1/4のHEXソケットってほとんどのメーカーがスタンダード長を超ショートに設定しているのでなかなかロングモデルってないんですよね。
そんなわけで今回は個人的におすすめな1/4差し込みのロングHEXソケットをいくつか紹介。

Z-EAL1/4HEX

Z-EAL 1/4ロングHEXソケット

まずはKo-kenのZ-EALからひっそりとラインナップされているいわゆる「ちょいロング」の1/4HEXソケット。
サイズは3~6mmまでの設定ですが整備向けとしては必要十分だったりもしますので、お店でもかなりの人気商品です。

PB1/4ロングHEX

PB 1/4ロングHEXソケット

そしてこちらはプロメカさんから絶賛されているPBのロングHEX。
全長も上のZ-EALと同じく「ちょいロング」な雰囲気ですが、一体成型ってこともあり剛性感もあってガンガン使う人には本当に高い人気を誇ります。
(個人的に使っているのはこのモデルです)

ネプロス1/4HEX

nepros 1/4HEXソケット単品

そして近年ジワジワと人気を伸ばしているのがネプロスの1/4HEX。
こちらも珍しくちょっとだけ長い全長のHEXがスタンダードとして設定されてまして、使い勝手はかなり良いHEXソケットです。
ちょっと前まではサイズがあまり出揃ってなかった関係で馴染みがなかったのですが、昨年にサイズバリエーションが増えたのをキッカケに指名買いの人が増えてきました。

ネプロス1/4HEX

nepros 1/4ロングHEXソケット単品

そしてそんなネプロスには本当のロングモデルもあります。
ホールの奥にキャップボルトが埋まっているような箇所では軸長がないと難しい作業もありますのでこの本当のロングは嬉しいですね。

ネプロス1/4HEXソケットセット

nepros 1/4HEXソケットセット(スタッピ・STD・ロング)

そしてそんなネプロスの追加サイズまでフルで入ったセットも新登場しております。

こんな感じで現在L型HEXレンチを使って四苦八苦している人や3/8差し込みのHEXソケットを使って「ちょっと大柄だよなぁ」なんて思っている人は、1/4ラチェットで使えるちょっとロングなHEXソケットを検討してみるのもいいと思いますよ。

まったりとした休日

※オチもなくダラダラと久しぶりに思いついた事を書いてます。

今年は久しぶりにお盆にも連休を頂きまして事前にいろいろ計画を立てておりました。
普段の生活だと定休日である水曜日も荷受けと出来れば出荷まではやっているのでお休みといっても半日以上は仕事してしまう生活が身についておりますが、こういう連休中の休みってメーカーもやってないのでまず荷受けがないからお店に行くこともなく、完全無欠のお休みになります。

オイル交換

そんな中なにやらお仲間が休みを利用して遠征練習会やると聞いていたので、私もそれに便乗しようと連休前日にバイクの準備。
少し前のレースから乗りっぱなしだったのもあって、油脂類の全交換くらいはと思って作業したのですが…新油も入れてすべて終わったあとに廃油受けに残る謎のワッシャー一枚…。

私のバイクはオイルドレンが合計3箇所あるのですが、それの1箇所のドレンワッシャーを入れ忘れたみたい。
まぁやらかした事実は仕方ないのでセミドライサンプのエンジン構造を信じてバイクを寝かせた状態でドレンをそぉ~っと引く抜くとオイルはこぼれてきませんでした。(よかった)

ってなわけでお休み前日はワクワクしながら夜を迎えたのですが…なんか台風来てるやん。
そんなわけでまず14日の走行会がなくなってしまい、テンション↓
で、次の日も大雨予報に変わってしまいやっぱ走行中止ってことになり↓↓
まぁ本来のお盆の用事もあるのでそれを済ませても丸一日休みが余ってしまいまして、さてどうしようかな?と考えたのですがバイク以外を考えてなかった&人混みに突撃するのが嫌だったので本当に超久しぶりにカミさんと家でまったりすることになりました。

とりあえず翌朝に早起きする必要がなくなった私は酒とつまみを用意してYou Tubeサーフィン。
今年になってから個人的に再燃しているシンディ・ローパーのMVやライブを掘り起こして観ておりました。
※ちなみにシンディのファーストアルバム(ハイスクールはダンステリア)は中学生の頃にLPレコードで買っておりまして今でも大事に持っております。

で、そんなYou Tubeサーフィン中にたまたま昔のテレビ番組である「ASAYAN」を見つけてしまい懐かしくて視聴。
今のお店をやる前は日曜日が休みでよく観ていた番組だったので懐かしさ全開で掘り下げていったらモーニング娘の回に。
ちょうどその当時も観ていたヤツだったので、そのまま継続視聴。

そしてそのまま観ていくと──
ゴマキの加入から始まり1999年9月に初のミリオンヒットとなる「LOVEマシーン」発売に。

で、それを観ていた私の中で記憶の糸がすごい勢いでつながっていきました。
そう1999年の9月って私がエイビットを開店させた月でもありまして、当時の事とかを、そりゃもう洪水のように思い出してしまったんです。
※ちなみにその月に東海村の臨界事故もありまして、当時お店に来てくれていたI社の人が大変そうだったのもよく覚えてます。

1999年ってなんというか混沌の頃でしてバブルが弾けてからずっといろんな事が低空飛行してきた感のある世紀末だったと思います。
そんなみんなが沈んだ雰囲気の中で「日本の未来は~」と歌う彼女達に共感したのは若い世代だけでなく、仕事で悩む親父世代にも響いたんだと思います。
ちなみに私の世代はギリッギリでバブルを経験しておりません。
バブルの絶頂期はまだ高校生くらいで、テレビ画面の中で疑似体験した世代ですから、景気の悪さとかデフレな感じとかも正直ピンとはこないのですが、それでも大盛り上がりな感じは見てますからね。
そんな時代からなんとなく浮かび上がる事なく10年くらい経ったのが1999年でした。
まぁまさか結局そのままデフレに突入して今に至るとは思ってませんでしたけどねw

私は私でこれから始まる新しいお店の門出と同時期だった事もあり、自分の応援歌のようにラジオで聞いていた記憶がありまして、You Tubeから流れるLOVEマシーンをリピートしつつしばし感傷に浸ってしまいました。

そしてそういえば確か今年に入ってからも当時のメンバーが不祥事起こしてたよなぁとかも思い出して検索してみたり、え!?ゴマキってもう34歳なの!とか驚いてみたり、以前不祥事でテレビから消えていた矢口が幸せそうに出産報告しているのをみたりしつつ夜ふかしして過ごしました。

 

まぁモーニング娘の話はきっかけに過ぎず、とにかく久しぶりに昔を思い出してしまいましてちょっとモヤモヤしてしまったわけです。
昨年エイビットは20周年を迎えました。
そして来月には21年となります。
私が工具の業界に飛び込んでからは30年近く経つわけで、人生の中でも工具に関わっている期間の方がとっくに長くなっております。
しかし世の中の構造は常に変化を続けていて、あの人気絶頂だったモーニング娘ですら現在はメディアの露出は少なく、それでも現役のメンバーは少ないチャンスをものにしようと頑張っていると思います。

そんないろんなごった煮の考えの中、丸一日やることがなくなった私は一日掛けてボケェっとしながらもいろんな事を考えたり、昔の事思い出したりしつつ過ごしたわけです。
これが良かったのか悪かったのかは分かりませんが、ここ数年なんとなくモヤモヤと考えていた事が少しだけ晴れた気がしました。
なのでこんなお休みもやっぱ重要なんだなぁと再確認した次第です。

たま

最初に書いた通りオチはまったくない久しぶりの完全なひとり語りですが、そんな事がありまして結論もないままこのブログに吐き出しております。
ただし心の奥の方にあった何かにちょっと響いた出来事だったのは事実でして、でもでもそれをうまく自覚も出来ないし説明なんて無理なのでこんな文章になっております。

何か結論めいた事でも閃いたらまたここにこっそり書いてみたいと思います。