LINK-OILのエンジンオイル最上位グレードTORQUE15W50

当店取り扱いの国産オイルであるLINK-OIL

link_nwrogo

今ではリピーターのお客さんも増え多くのユーザーに支持して頂いているエンジンオイルです。
製造元のメーカーさんも昔からよくしっている人が開発を担当してますので、最終的な判断が感性によるところが強い傾向になるオイルに関しては個人的にも信用出来るオイルです。

で、このLINK-OILの最上級グレードであるトルク15W50。

link_torq

LINK-OIL トルク15W50

最近のエンジンオイルの主流である低粘度オイルって大抵0W番台とかゆるいオイルが話題になる事が多いので、この15W50と言うオイルがなんかものすごく硬い印象を受ける人も多いと思います。
しかし省燃費型エンジンではなく純正指定で10W40とかのエンジンではものすごい性能を発揮してくれます。

LINK-OILと言うブランド。
数種類のスポーツグレードがありますが、ぶっちゃけちゃうとこのトルク15W50だけが別格です。この下のグレードになるパワーSP15W45とかも個人的にはお気に入りなのですが、それは費用対効果も含めての印象であって性能だけを言わせてもらえばトルク15W50だけが抜きに出た性能を持っていると思います。
とくに今からの時期、外気温が暑くなってくるこの時期からはホントにおすすめ。

その最たる理由であるポイントがノンポリマーなんです。
ノンポリマーとはかなり端折って言わせてもらえれば「熱に強いオイル」
オイルはエンジン内で過酷な状況になります、とくに夏場はサーキット走行なんかよりも町中の渋滞で軽く120度超えとかしちゃうんですね。

以前乗っていたロードスターではオイルの開発車両をしていた事もあって計器類が10個くらいついてました。サーキットでも15分走行ごとに抜いてテストして……とかも何度もやったのですが、その時でも最高で128度くらいでギリギリ130度は超えませんでした(オイルクーラーも付いてました)
しかし、その状態の車で首都高の渋滞にハマった時はあっけなく135度に到達。内心びびった経験があります。
で、一般的にオイルは130度を超えるとダメになると言われてます。その「ダメになる」原因のひとつがポリマーなんですね。

なのでどのオイルメーカーも最上位グレードにはノンポリマーを推してきております。
逆に言うとポリマーをあまり入れずに高性能なオイルを作るにはコストがそこそこ掛かるので、そのコストは販売価格に跳ね返ってしまうんです。
ですので現在のこの価格でノンポリマーのトルク15W50はかなりお買い得な超高性能オイルだと言えます。

私も自分のダートバイクに入れているオイルを先月からパワーSP → トルク に変更しました。
大きな理由としてはやはり季節が変わり気温が変わってくる事に対する対策です。

レース用のダートバイクって実はオイルにかなり厳しい状況だったりします。
単気筒なわりに目一杯まで絞り出されたパワー、そしてセミドライサンプ採用でオイルの実質量の少なさ(1リッターくらいしか入りません)無理にパワーを引き出しているので最高回転は1万回転以上、高回転でトルクを出す仕様なのでレブにあてるまでがんがんエンジンを回します、そして難所系も走るのですからヘタすれば時速10キロくらいの低速走行も強いられたりもします。
エンジンにしてみればかなり過酷な状況なんですね。

そんな状況でもセカンドグレードのパワーSP15W45でも問題は無いのですが…やはり熱ダレの問題はあるんですね。
レーサーなのでオイル交換の推奨サイクルは長くても10時間くらい。
規定通りに交換しても暑くなるこの時期では後半に若干のシフトチェンジの引っかかりを感じます。

その点トルク15W50は全く問題無し。

2021初走り

年末年始に難所系の走行もしましたがギアの入りや変な違和感もなし。
また抜いた後のオイルも問題無し、高圧縮エンジン故に燃料希釈は起こっておりましたがオイルの性能には関係ありませんでした。

ぶっちゃけこの手のインプレッション等ではホントに鈍感な私ですら、その違いが分かるのですからやはりトルク15W50は別格なんだと思います。

ノンポリマーのトルク15W50はポリマー配合オイルと比べると同粘度とは思えないほど軽くエンジンが回りますので、粘度の硬さを心配をしている人も一度試しに入れてみてはいかがでしょうか。
冷間時は確かに少し硬い(重い)印象こそありますが、一度温まってしまえばものすごいレスポンスでちょっと驚くと思います。

プラシーボ効果とかじゃない「お!」っと言う実感を得られると思いますよ。

業界の繁忙期

昨年の3月、いわゆる年度末は新型コロナの影響をもろかぶりしましてなんだか分からないうちに静かに終了してしまった印象なのですが。
今年はコロナ禍継続中なわりに昨年の反動なのか年度末っぽい忙しさになっております。

この時期は工具メーカー各社がセール品を多数うってきたりとか、分かりやすい在庫処分もあったりしてユーザー目線でも見逃せない時期にはなっているのですが……

3月の店内

お買い得なセール品も多数出る今時期は売れてしまうのも一瞬だったりして「そのうち買えばいいか」とか思っているとあっけなく販売終了になってしまう商材も多いのです。

実際年度末な今は会社さんの決算期とも重なる事が多く、所持在庫数を減らすためにセールをやってたりしますから「売り切れ=完売終了」となる商品が多いので注意が必要です。

3月の店内

それとこういう時期のセール品だと「ネット掲載はNG」ってものも結構あるので、店舗に遊びに来てくれれば思わぬお買い得品があったりします。

ってなわけで今月は休日もまともにとれない感じでドタバタしております。
気になった商品があった方はお気軽に在庫確認やご注文をお待ちしております。

TORX(トルクス)ネジについてのあれこれ

このブログでも何度か取り上げている花型ビットのTORX。

KO_TORXSET_nw2

整備業界ではかなりメジャーなネジになりつつありますが、やはり今まで関わってこなかった人からはいろんな問い合わせが来ます。

このトルクスネジを分かりにくくしている原因のひとつが「サイズ表記」ではない点。
いわゆるプラスネジのような「何番」とかの番手表記なので、見た目のサイズから推測出来る工具ではないんですね。

※Webや電話問い合わせの場合には下記表を参考にしてみてください(実寸からの番手表)クリックで拡大します。

torx_size

で、はじめてTORXが必要になった人に多いのですが、上記のようになんとかサイズが分かるとその単サイズだけ購入する人が多いです。

ですが。

出来ればなんですけど、TORXに関してはセットでの購入をオススメしてます。

上記の表をもう一度見直すと分かるのですが整備等で良く使われているT20~T30あたりはサイズが密集してまして、慣れているプロメカさんでも間違える事が多いのです。
まして単品買いして他のサイズを持っていない場合には自分の持っているサイズが完全に一致している物なのかどうかの判断がつきにくくなります。

KO_TORXSET_nw1

TORXのカテゴリーページ

いじり止めTORXのカテゴリーページ

ですので出来れば……で、良いのでセット買いがオススメですね。

また、TORXにはいじり防止と呼ばれる穴あきのTORXと →TH

穴の開いてないスタンダードなTORX →T

があります。
これは相手のネジに凸があるかどうかの差です。

穴開きを使う車種やメーカーは穴開きばかり使いますし、穴なしでOKなメーカーは急に1箇所だけ穴あきが出てくるとかはありませんので、ご自分の整備環境にあった物を購入すればいいと思います。

ちなみに穴あきのTORXを購入しておけばどちらにも兼用出来ますが、最大トルクはかなり落ちますのでその辺は理解して購入するようにしましょう。
もちろん両方持っているのがベストだと思いますけどね。

で、最後にお願いなのですがTORXはキャップボルト形状で人間の見た目の判断でのサイズ判定は不確定な事が多いです。
こういったネジが凹んでいる形状のキャップボルトって特に人間が錯視しやすいので注意が必要です。
トルクスネジのサイズ判定に関しては販売するこちら側もかなり「疑って」かかりますのでどうぞご了承くださいませ。
(実際購入後に「違ってましたー」ってのが多いんです)

コードレスで使えるハンダコテ

いわゆる弱電関係のお仕事をやっている人ならそこそこ専門的なものが必要になったりするのでしょうが。
車両整備におけるハンダコテの出番なんて、そんなにしっかりした性能とかは必要ない場合が多いです。
でもハンダっていちいち100Vのコードを探して……とかも面倒なんですよね。
特に車内で使うことが多かったりするのでコードに引っかかったりして、怖い思いをした人もいるはずです。

そんな時に便利なのがコードレスのハンダコテ。
確かに精密な基盤とかで使うには物足りないかもしれませんが、配線処理等でササっと使える便利なコテを紹介。

ドレメルハンダコテ

ドレメル コードレスはんだコテキット(ガス式)

うちのお店ではもはやド定番となったガス式のハンダコテキットです。
いわゆるライターガスを充填して使うコテなのでカロリーも高く、コテ先も多様に入っているので熱収縮チューブとかにも使えるかなり便利です。
プロの整備士さんにも多く支持されている誰にでもオススメなハンダコテですね。

gootハンダコテ

goot 電池式コンパクトはんだコテ

そしてこちらは電池式。
個人的にも愛用しているモデルとなりまして、サンメカさんの場合へたすりゃ出番が1年に2~3回だったりするとこの電池式の方が気楽に使えて便利だったりします。
どうしても電池式だとパワー不足を心配する人もいるのですが、鉛フリーはんだのような融点のちょっと高いはんだでも問題なく使える仕様ですので、実際に使ってみると全く問題ないですね。

gootハンダコテ

また出先に工具を持っていって使うような人にもオススメで、ガスのようにちょっとずつ漏れてしまっていざ使う時に使えないってのもないですから、工具箱の中に1本放り込んでおくとかなり重宝すると思います。

goot鉛フリーはんだ

goot 鉛フリーはんだ(100g)

そして肝心のはんだはサンメカさん向けの100gを販売してます。
鉛フリーはんだですので融点は220度くらいですので使うハンダコテには注意してください。(上記2本は問題なく使えます)

ってなわけで今でもコード式のハンダコテで面倒な思いをしている人はこんなコードレスモデルもぜひご検討くださいませ。

研磨・鏡面・サビ落としの工具

基本は金属の塊である自動車やバイク。
ちょっとした加工でも鉄工用の工具が必要となるし、サビが出れば落とさないといけない。
複雑な部品が組み合わさる車両ではあまり大げさな工具が使えないので、大抵は手作業でゴシゴシする必要があるんだけど…やっぱり大変っすよね。

で、そんな人のために簡単便利で気軽に使える研磨系工具をご紹介。

イチグチネジタルホイール

イチグチ BSネジタルホイール 用途別各種

一般的には「フラップホイール」とか呼ばれる画像のような研磨工具です。
この工具の利点はとにかく簡単に使える事。
切削能力があまりにも高い工具を使うと表面だけサラっと削るつもりで他にも被害が…なんて事があるのですが、このホイールタイプは研磨力もそこそこだし、なんといっても対象物ややりたい研磨に応じて様々な種類が出ているので使用者のスキルに関係なく使えるのが最大の特徴です。

またこの工具は取り付け軸に六角軸を採用してますので。

パナソニック電動インパクトドライバー

パナソニック 14.4V充電インパクトドライバーセット

こういった電動インパクトドライバー(六角軸のプラスシャンクとか使うヤツ)に直接取り付けて使用可能です。
これが丸軸とかだと電動ドリルを用意する必要があるのでちょっとだけ面倒なんですよね。

しかし、こういう研磨工具っていざ買おうと思うと種類が多すぎて、自分がやりたい作業にどれが合っているのか分かりにくい…
そこで各種の作業向けのセットの登場なわけです。

イチグチネジタルホイール イチグチネジタルホイール

こんな感じで各作業用に適合したホイールが入ったセットをご用意しました。
もちろんそれだけしか出来ないわけではないので、例えばサビ落としセットを買っても金属削りが出来ますのであくまでもメーカー参考研磨布だと思ってください。

ちなみにこちらの研磨ホイール各種は国産のイチグチ製。
研磨布の専門メーカーですので安心してお使い頂けます。

ちなみにこのイチグチからはさらに面白い研磨工具も出てまして。

イチグチスカットディスク

イチグチ BSスカットディスクキット(φ50mm研磨ディスク)

それがこちらの「スカットディスクキット」
イメージとしてはポリッシャーディスクの超小型版ってな感じで、これも電動ドリルに取り付けて使用出来ます。
(六角軸アダプターも別売りで販売しております)

ディスク部分の受けとして専用パッド等が最初に必要ですので、とりあえずまずはこの基本セットを購入してみてください。
種類の異なる研磨ディスクが3種類付いてますので、使い勝手の良いディスクが分かったら替えディスクとしてまた購入すればいいと思います。

整備のスキルが上がるにつれこういう「ちょっと削る」とか「ちょっと磨く」な研磨工具って手元でササっと使える状態にしておくと本当に便利です。
価格もかなり抑えめになっておりますのでぜひお試しくださいませ。