整備現場におけるサイズ確認及び測定の話

工具の専門店をやっていると避けて通れないのがいろんな物のサイズの話。

特に手持ちのソケットやレンチでは回せないボルトナットが出てきた時とか
「14ミリじゃ入らないんだけど17ミリじゃ大きい」
と、相談を受けるのですがこんな時にそんな大体のサイズの話じゃなくてキッチリとサイズを測って頂けると話が早くて助かります。
(そもそもなんとなくの話では解決できない事がほとんどです)

実際、14と17の間にはミリで「15と16」インチで「9/16と5/8」があります。
そんな中でインチネジの可能性が捨てきれないような場合には結局実測しかないって場合が多いのです。

あ、そうそうそういった場合に私は「そのネジはなんのネジですか?」とか車両だったら「なんの車種ですか?」と聞く場合があります。
すると「いや、今車種とか関係無いし」と言われる人がいるのですが、上記の話通り少しでも数ある可能性の中から消去法で推測したいが為ですのでどうぞご理解ください。
例えば車種が国産車だと分かればそれだけでインチネジの可能性を捨てる事が出来るってわけですね。

ちなみにネジの実測方法ですが意外と分かっていない人も多いんですね。

Hexgon_zu

ボルトナットでの工具を話す場合には図のココサイズを教えてもらえればOKです。
たまに尖った部分の対辺を測ってきてくれる人もいるのですが……正直分からない事が多いです。
またTORXネジのような「どこを測定すればいいのか分からないネジ形状」の場合だと実物を持ってきてもらうのが最も確実で早かったりもします。

そしてネジの呼び寸法の場合(M10とかそんなの)はネジ山のギザギザした中で一番尖っている所を測定してください。
(これがナットや雌ねじだと違ってきます)

neji_kihon4

特に呼び寸法では頭が12ミリのネジだったとしてもM径が同じとは限らないので注意が必要です。(整備系のネジはそういうのが多いです)
こういう整備にまつわる各寸法の話は工具実践でも書いてありますので読んでみてください。

>>工具実践~ボルトナットの基本~

そしてこれを読むとわかると思いますが車両整備でもそういった各サイズの測定って結構重要ですのでせめて簡単なモノでいいのでノギスくらいは用意しておきましょう。

シンワノギス

ノギス等の測定工具関連ページ

この手の測定工具は1本持っているといろいろ便利ですよ…ってか出来れば持っていてくださいませ。

KTC工具セットセール「2021SK SALE」が始まりました

毎年恒例の工具セットの大特価セールの時期になりました。
工具メーカー各社から年末年始にかけて基本工具セットが大幅値引きになるお祭り期間です。

ちなみにダートスポーツ誌に

「工具セットが安くなる時期とその理由」

な記事を過去に書いております。
そちらを読んでいただければこのタイミングで工具セットを買うメリットが分かって頂けるかと思います。

で、とりあえず今回紹介するのは最大の工具セットラインナップを誇るKTCの工具セットセール『2021SK SALE』です。

2021SK SALE

>>KTC工具セットセール「2021SK SALE」ラインナップ一覧

期間はすでに始まっていて終了が春の4月20日となっております。
ただし注意しないといけないのが各工具セットには工具セットセール専用の限定色ってのが存在しまして。
その限定色を採用した工具セットに関しては年明けの2021年1月末で受付を終了してしまいます。(在庫がある場合には販売継続)
ですのでせっかくだから他の人と違うカラーの工具セットが欲しいって人には年内中に購入しておいた方が良いと思います。(終了に近づくと在庫がかなり品薄になるので)

で、上記のURLリンクに行ってもらうとわかると思いますが、とにかくセットの種類がめっちゃ多いんです。
なので「どれ買ったらいいのか分からない」って質問も多く受けますので、今年のセールラインナップから個人的にオススメを紹介してみたいと思います。
※ちなみにメーカーサイトに行くと当店で販売しているよりも多くのセットがありますが、類似してたりあまりメリットを感じないセットに関しては私の個人判断で割愛してありますのでご了承くださいませ。

SKツールセット

KTC 2021SKセール 引き出し3段タイプ 3/8スタンダードツールセット 67点組

まずは「とりあえず工具を揃えておきたい」とか「もっとも安いセットを買いたい」とかの理由なら問答無用にこのセットをオススメします。
実は数ある工具セットも売れ行きや在庫数の関係で「値引率」が違うんですね。
で、このセットは基本中の基本みたいな超基本セットなので最も売れる工具セットなわけです。(企業とか学校とかでも採用率が高い)
そんなわけで最も売れるこのセットがKTCの工具セットセールの中で「もっとも値引率が高い」セットでもあるわけです。
実際半額以下ですからね。悩んだらこのセットにしておけばOK。
あとそれだけ売れるセットですので内容もシンプルながら充実もしていて本当によく出来たセットですので安心して購入してもらえるセットでもあります。

追記:実は今年の工具セットセールにはこれより3千円くらい安い類似セットがあるのですが、入り組み等が少なく値引率もこれより悪いのでそちらを選択するメリットがあまりありません。
「数十セットまとめてかうので少しでも購入単価が安い方がいい」とかの理由がない限りこのセットが本命で間違いないと思います。

SKツールセット

KTC 2021SKセール 両開きタイプ 3/8スタンダードツールセット 56点組

そして上記の引き出し3段のオススメセットを対の人気を誇るのがこの「両開きセット」です。
あ、そうそう書き忘れてましたがKTCの工具セットは今年のモデルから大幅変更された箇所がありまして。
それは工具箱の「中敷き」です。
昨年モデルまではプラスチックのゲソと呼ばれる硬質の中敷きだったのですが、KTCも流行りにのって今年から全工具セットがウレタンマットに変更になっております。
中でもこの両開きモデルは工具が結構中で遊んでしまう事があったので、このウレタンマット採用はかなり嬉しい変更点ですね。

そして両開きをオススメする理由としてはその「機動性」です。
引き出しタイプの工具箱を採用したモデルはその重さと大きさからなんだかんだ言って両手で扱う必要があるのですが、この両開きは完全に「片手持ち」で移動が可能です。
これって現場で動いて使う人にはかなりのメリットなので引き出し式と両開き式で悩んだらそのあたりを考えて検討してみると良いと思います。

で、基本的にはこの上記2セットで検討するのがオススメの買い方です。
他にも様々なセットが存在しますが後で買い足せばいいので漠然と購入する場合にはこの2セット以外は考えなくても良いと思います。

SKツールセット

KTC 2021SKセール EKRタイプ 3/8ツールセット 66点組

それでも「他の人とちょっと違うセットが欲しい」って人には工具箱違いのこのセットとかも問い合わせが多いです。
工具箱が次世代型工具箱とよばれるEKRシリーズを採用してまして、ぶっちゃけ中身は最初のセットとほぼ同等です。
工具箱違いの基本セットと思ってもらえればOK。

SKツールセット

KTC 2021SKセール チェストタイプ モーターサイクルツールセット 56点組

そしてさっき書いた事と少し矛盾してしまいますがバイク整備向けならこのセットもオススメ。
地味に中身がバージョンアップしてて今年のモーターサイクルセットはかなり魅力的なセットになっております。
バイク用に工具セットが欲しいんだよねーなんて人は検討の価値あり。

とまぁここまではあくまでも個人ユース向けに書いてきましたが、会社等でいっきにがっつり工具を揃えてしまいたいという人には究極のこれなんかもアリです。

SKツールセット

KTC 2021SKセール エキスパートツールセット(デジラチェ同梱モデル)231点組

本当に究極のセット。
でも工具箱もEKX118を採用してるしがっつり買う予定がある会社さんとかにはマジでオススメのセットです。
実際毎年、数セットは売れるのですが購入後の満足度はかなり高いセットですね。
このセットは納期が掛かる場合がある事と送付に関して個人宅配送が無理なのでその辺が注意です。

ってなわけで今年も始まった工具セットセール。
購入を検討していた人はこの機会にぜひどうぞー。

エンジン式高圧洗浄機の納期に関して

発売以来人気の蔵王産業のエンジン式高圧洗浄機「ヴィットリオZE」ですが、生産している中国工場がコロナの影響で部品調達がうまくいかずに次回の納期が結構先になってしまう事が判明しました。

一応先に書いておきますが現在(11/13現在)は即納です。

蔵王産業エンジン式高圧洗浄機

蔵王産業 エンジン式高圧洗浄機『ヴィットリオZE』

11/13日現在、まだ当店に在庫が数十台ありますので「即欠品」とはなっておりませんが、今月末から来月初旬にかけて在庫がかなりやばい状態になると思われます。
今回のロット分が完売すると年明けの春くらいまで入荷がなくなる恐れがありますので、現在購入を検討していて例えばボーナスあたりで購入を考えている方はちょっとだけ早めの購入をオススメいたします。
※とりあえず当店が確保している在庫数は数日でどうこうなる数ではありませんのでまだ大丈夫ですが、いざ購入するという段階で欠品になっていたら申し訳ないと思い告知させて頂きました。

あと問い合わせの多かった本機専用のショートガンの開発が終わりまして、販売準備に取り掛かっております。
(オプション扱いでの販売となります)

ショートガン

まだ数が揃ってませんのでWebでの公開で販売が出来ませんが、10セットくらいならありますので店舗に直接来られる方には先行販売いたします。
(無くなったら次回の本販売までお待ちください)
※予定価格は3200円(税抜)です。

また正式販売に関してはうまくいけば今年中、遅くても年明けにはしたいと思い動いておりますのでお待ちください。

電動式ハンドドライバーのすすめ

いつの時代もコロンブスの卵的発想によって突然爆発的に人気の出る商品ってのがありますが、近年だと記憶に残っているのが電動式のハンドドライバーですね。

3年ほど前の年末にあった某社の新製品発表会で地味に展示してあったそれに私は結構ビビビっときまして(まぁみんなきたと思うけど)結構な数を予約発注しました。

ベッセル電動ドラボール

ベッセル 電ドラボール(ビット1本付)

軽量でコンパクト、いわゆる普通のドライバーとほぼ同じ大きさで電動式ってのが受けて、プレミア価格までつくくらいの人気になりましたね。
当店はたまたま予約注文を入れていたおかげで品薄の中でも入荷が安定しててかなりの数を販売させて頂きました。
もちろんウチだけの話ではなく全国的に人気が爆発したみたいで、当時メーカー担当者に聞いた話では半年で1万本売れたとか…(すごい)

しかし全員に大好評だったのかというとそんな事はなくて。
主に普段から電動のインパクトドライバーとかを使っている層には不評だったんですね。
なぜかというと「回転トルクが足りないから」

もともとこの商品はこいつ自身でガーっと回すための工具ではなく、あくまでも「手回しで面倒な低トルク部分を電動で補助します」という性格の工具だったのですが、どうしても「電動ドライバー」として紹介されてしまうのでこいつだけでガガン!っと緩めたり締めたり出来ると思われてしまったみたいです。

逆に評判が良かったのが実は車両整備の現場です。
日常的にラチェットドライバーを使うような現場では
「ラチェットドライバーに電動機能がついた!」
ってな感じで重宝されました。
今まではカリカリと回していたのがボタンひとつでブイーンって回るわけですからそりゃー便利っすよね。
そんなわけでこの工具は上記のように理解して使うとめっちゃ便利な工具です。
「電動の高トルクドライバー」と勘違いして購入するとイマイチなので気をつけてくださいませ。

SK11 充電式デュアルドライバー

そしてほぼ同じスペックながら後発で出てきたのがこのSK11のデュアルドライバー。
業界通な人なら知っている人もいたりするのですが、実はこのドライバーは国内で最初に販売される予定だった電動ドライバーだったんです。
ベッセル社とSK11は協力関係にある工具会社でして、ベッセルとSK11の販売時期がかぶってしまっていたんですね。(SK11が3ヶ月くらい早かった)
そこでお互い協議しまして先にベッセルのを販売したあとの1年後くらいにSK11のを発売しようって事になったみたいです。(個人的な邪推も入ってます)

まぁ後発だったので先に出た電ドラボールの弱点を潰して再開発されましたから、お互いによかったと思いますけどね。

そんなわけで実はかなり便利な電動式のハンドドライバー。
まだ使った事ないって人はぜひお試しくださいませ。

あ、そうそう。

SK11ペンケース型

ちなみにビットを数本用意して使うような人はSK11の工具バッグがジャストサイズで便利です。(写真はSサイズ)

配線皮むき ワイヤーストリップ

車両整備の中でも苦手意識がある人も多い配線関係の作業。

私も整理整頓とか得意じゃないので綺麗にまとめられた配線とか憧れちゃうんですが、ホントのプロが見た目以上にこだわるのが確実な結線。
車両に関わる配線や結線って振動や熱による経年劣化でどんな壊れ方をするのか予測が立てにくいんですね。

まして配線は見せないように……とか結線部分は隠すように……って作業するわけですから何年か経って電装系トラブルが出たときなんてそりゃもう大変。
なのでとにかく施工時に出来るだけ確実な作業ってのが求められるんですね。

で、そんな配線作業で意外と軽視されがちなのが被覆の皮剥き。

配線作業はここから始まるってくらい実は重要な作業なんですが、ニッパーあたりで適当にぐりぐりやってしまっている人もいるハズ。

 

で、そんな時におすすめなのはやはり専用工具。

hozan_wairstN7

こういった専用の工具を使い配線にあった作業さえすればダレにでも綺麗に被覆を剥く事が出来ます。
プロ向けにおすすめなのがこれ。

hozan_wairstN2

HOZAN ワイヤーストリッパー 

少し前にマイナーチェンジしまして、現在は合計3種類存在します。そのうち1種類は光ファイバー向けの物なので当店は中太線用と細線用の2本を在庫してます。

プロ向けと書きましたがそれだけ綺麗に作業出来るわけですから、一般の方にももちろんおすすめです。

ひとつ問題とすれば配線のサイズが分からないとちょっと失敗する事があると言う事ですね。まぁそれだって一回失敗したら少しずらしてやり直せばいいのですから問題は無いのですが。

で、いやいやもうちょう簡単なのが欲しい!って人にはこれ。

hozan_autostrpX1

HOZAN オートマチックワイヤーストリッパー

こちらは配線の太さとかあまり気にせず配線をはさんで握るだけ。ホントにそれだけで皮剥き完了です。
またこのモデルは配線の途中をちょっとだけ剥くとかも出来るので三つ叉配線したい時とかに重宝します。

IRWINストリッパー

IRWIN セルフアジャストマルチストリッパー

こちらも調整無しのオートで皮むき出来るIRWIN(アーウィン)のストリッパー。
これも配線途中の皮むきも得意なモデルで、オーディオ屋さんとかではかなり人気の工具です。

どのモデルでも良いのでちゃんと使えるストリッパーはひとつは持っていて欲しい工具のひとつですね。