エアーコンプレッサーの購入指南

先日行ったエアーコンプレッサーのセール企画時にSNS界隈を見ていたら、意外とみなさんエアーコンプレッサーに関して「よくわからない」という意見を見かけました。
そういえば以前のWebサイトにはコンプレッサーの購入アドバイス的な事を書いていたのですが現在消してしまっているので今回ちょっとだけ購入指南的なものを書いてみたいと思います。
(ちょっと文章多めですがご勘弁を)

まず、理解してほしいのが家庭用の100V電源で使用する前提の機器ってどこかで妥協点を見つけるしかないという事実です。
現在の家庭用コンセントの電源は60A契約くらいが基本だと思いますが、これを大まかに機器の定格出力のワット数に換算すると6Kwとなります。
さらにこの6Kwを家庭内で分岐して各分岐主線に2Kwずつくらい配電しているってのが一般家庭のスタンダードかと思います。

この各配線の上限を2Kwと仮定すると2馬力のコンプレッサーが1.5Kw出力ですのでほぼ上限を使い切るかたちとなりますので限界の出力なのが分かるかと思います。
またこういったモーター機器は「起電力」ってのがありまして、モーターが動き出す瞬間(または止まる瞬間)に1.5倍から約2倍の電力を消費します。
なので少し前までは0.75Kw出力の1馬力コンプレッサーが上限と言われておりました。
(0.75Kw × 2 = 1.5Kwが瞬間にかかる可能性があるので、それ以上の機器だとブレーカーが落ちる)

しかし現在は省電力型のモーターを積んだエアーコンプレッサーが登場し、2馬力までは使えるようになったというわけです。

でも。
逆に言えば2馬力までなんですよね。
自動車屋さんや鈑金塗装屋さんに入っている業務用のコンプレッサーは「最低で3馬力」でして、これは動力(三相200V)を使う前提の機器です。
業務用では3馬力でも数人で同時にエアーを使うと足りないと言われてますので、スタンダードな大きさは5馬力くらいの大きさになります。
ここまで大きなコンプレッサーを使ってやっと安定的なエアーを供給出来る現場という事になります。

業務用コンプレッサー

でも三相200Vなんて一般家庭ではまず契約してませんし、そもそも業務用の機器だって10万円以上が基本となってきますから気軽に検討出来る設備ではありません。

ですので。
逆に「100Vのエアーコンプレッサーで出来る事」をちゃんと把握してから購入すれば無駄にハードル上げなくても済むし、十分に活用出来る機器として使えると思います。

100Vコンプレッサー

PUMA 縦型静音100Vエアーコンプレッサー

それでは家庭用100Vのエアーコンプレッサーでどこまで使えるのかというと。

・タイヤの空気入れ ○
・エアーインパクトレンチ ○
・エアーラチェット ○
・エアーブロー ○
・塗装全般 ○
・エアーソーやエアーサンダー △
・サンドブラスト △

ってな感じです。
エアーインパクトレンチがなぜOKなのかというとエアー機器を駆動するためのエアーモーターが大きめなものがついているおかげです。
エアーモーターが付いている機器には大きく分けて「高回転型」と「低回転型」があります。
語感でわかるかもしれませんが低回転型のエアーツールはエアー消費量があまり多くなく小型のエアーコンプレッサーでも使用可能です。
それに比べて小型の高回転トルク型のエアー機器、エアーソーやエアーサンダーはエアーの消費量が多く、小さいコンプレッサーではエアーの供給が間に合わずにイマイチ使えません。(サンドブラストも同じ)
まぁ数秒から数十秒は使えますので、それをもって「使える」という人もいますのであえて△にしました。

100Vコンプレッサー

PUMA 静音タイプ コンパクト卓上100Vエアーコンプレッサー 1馬力

このままだと「え、イマイチやん」って事になるかもしれませんが、逆に言えば

タイヤの空気圧とエアーインパクトとエアーブローが使えればOK

って人には問題ないわけです。
特にエアーブロー(エアーガンでブシューってやるやつね)は他の機器と違ってほぼ替えが効かない大きな利点ですので、これを使うためだけにエアーコンプレッサーを購入するってのもアリだと思います。

100Vコンプレッサー

PUMA 静音タイプ100Vエアーコンプレッサー 2馬力

そんな家庭用コンプレッサーにも先程書いたようについに2馬力で普通に使えるモデルが登場しております。
この2馬力ならば業務用には敵いませんがある程度の機器ならほぼ普通に使えるようになりました。
それでも業務用に比べたら快適ってレベルではありませんので、その辺はご理解くださいませ。

そしてここでまた疑問が浮かぶわけです。
1馬力と2馬力、また業務用の3馬力や5馬力ってのは吐き出すパワーが違うの?

これはもっともな疑問だと思いますがエアーコンプレッサーにおいての馬力の違いはずばり吐出量の違いです。
もっと簡単に言えばコンプレッサーが作り出せる圧縮空気の量が違います。

表1

これは業務用コンプレッサーメーカー、アネスト岩田のカタログ抜粋です。
左から型式、そして定格出力と並んでますね。
定格出力は最初に書いた通り0.75Kwが(1)となっていて1馬力という事です。
そしてもうひとつ右隣りの欄には制御圧力ってのがあります。
これはMpa表記なので分かりやすくキロでいうと10キロ圧力上限って事です。

この表を見るとよく分かるのですが「圧力」は馬力数が変わっても全部同じなのがわかると思います。
(表下側の最大1.4Mpaってのはトラック整備とかで使う高圧対応モデルです)

じゃあ馬力(パワー)で何が違うのかというと表の「吐き出し空気量」(毎分の吐出量)が違いますね。

エアーコンプレッサーはモーターとタンクで構成される機器です。
アウトプットされる圧縮空気はモーターから直で出るわけではなく、一度タンクに貯蔵されます。
タンクに貯められたエアーはモーターが何馬力だろうと上限10キロ付近の圧力で停止します。
この10キロで貯められたエアーを出口部分で絞ってあげて6.5キロくらいで使用するのが今の一般的なエアー機器の使用条件となっております。
(エアーインパクトとか一般的な機器は6.5キロあたりが推奨エアー圧です)

レギュレーターによって6.5キロを絞られたエアーを使って機器を動かせば、タンク内のエアーは減り、つまり圧力が低下していきます。
コンプレッサーは10キロから8キロくらいまでエアー圧が減ると自動で運転を再開し8キロ以下にならないように頑張ってエアーを作ります。

ここで馬力の大きなモデルほど一度に作り出す空気量が多いので余裕をもってエアーを補充し続けますが、馬力の小さいコンプレッサーはエアー機器の消費するエアー量に供給が追いつかず、ついにはエアー機器の推奨圧力である6.5キロを下回りはじめます。
そうなるとエアー機器は満足に動く事が出来なくなってしまうわけです。

これがエアーコンプレッサーにおける馬力数の違いにおける現場での使用限度の違いです。
逆にいえば一瞬だけエアーが使えればいいような状況(タイヤの空気入れとか)ならば馬力の違いによる弊害はほぼ無いと言い切れます。

100Vコンプレッサー
用途が決まっていればこんな0.5馬力とかでも十分だったりもします

PUMA 静音タイプ コンパクト卓上100Vエアーコンプレッサー 0.5馬力

ってなわけでまだ説明したい事もあるのですがこれくらいでなんとなくエアーコンプレッサーを選ぶ時の参考になると思います。
そりゃーハイスペックな方が良いに越したことはありませんが、自身の作業用途に合わせて購入すればいいだけなので無理に大きなモデルを買う必要もないのも分かって頂けましたでしょうか。

また後日ちょっとだけ補足を書きますね。

12月に突入

緊急事態宣言が解除され徐々にですが街に以前の活気が戻ってきたかと思っていたら…
オミクロンとか各地の地震とか、2021年って年はどうなるんすかね、ほんと。

そんな波乱含みの世の中ではありますが、それでも生活はしていかないといけないのでお仕事を頑張るわけです。

ってなわけで12月はさすがに年末モードな感じでかなりドタバタしますので、今月から年明けまでの事で少し告知しておいた方が良さそうな事を今日は書いてみたいと思います。

1つ目は在庫の問題

ネプロスiPゴールド

nepros 限定iPゴールドシリーズ

このネプロスの限定だけの話ではなく工具業界全体が品薄な雰囲気になっております。
理由はいくつかあって材料不足とか、産業が少し活気を取り戻し始めたとこもあってそういったV字回復特需とかとか──

まぁとにかく販売しているお店側でも「なんでそんなものが欠品なの?」って思うような工具までひょっこり欠品したりして困っております。
そしてこのちょっと品薄状況ってのは年内に解決するような感じではありませんので、何か目的の工具がある人は事前に問い合わせ頂けると確実かと思います。

2つ目は流通の問題

蔵王産業エンジン式高圧洗浄機

蔵王産業 エンジン式高圧洗浄機『ヴィットリオZE』[ショートノズル付]

当店は発送の主に「佐川急便」をつかっております。
佐川急便は12月の年末から年始にかけて急増する荷物に対応するために「当日出荷」を受け付けなくなります。

もともと日曜日とか祝日も当日出荷は受けてもらえないようになっておりましたが、これが12月1日から年始にかけて全日になるわけです。

ですのでお急ぎの注文がある場合には別途連絡を頂ければ出来る限りは対応しますが、基本的には急ぎのお荷物でも最短で翌日出荷になると思ってください。
たかが一日なのですが在庫の品薄と相まって結構な日にちのズレになる可能性があります。
どうぞご理解ください。

ってなわけで今年も残り1ヶ月を切りました。
お互い頑張っていきましょー。

 

KTC工具セットセール「2022SK_SALE」が始まりました

毎年恒例の工具セットの大特価セールの時期になりました。
工具メーカー各社から年末年始にかけて基本工具セットが大幅値引きになるお祭り期間です。

ちなみにダートスポーツ誌に

「工具セットが安くなる時期とその理由」

という記事を過去に書いてアップしております。
そちらを読んでいただければこのタイミングで工具セットを買うメリットが分かって頂けるかと思います。

で、とりあえず今回紹介するのは最大の工具セットラインナップを誇るKTCの工具セットセール『2021SK SALE』です。

2022SKセール

>>KTC工具セットセール「2022SK SALE」ラインナップ一覧

期間はすでに始まっていて終了が春の4月20日となっております。
ただし注意しないといけないのが各工具セットには工具セットセール専用の限定色ってのが存在しまして。
今年はコロナの影響で限定色カラーの工具箱の製造が間に合わずに年明けの2022年1月からの発売となっております。
ですのでせっかくだから他の人と違うカラーの工具セットが欲しいって人には今のうちに予約注文をしていただいて年明けの入荷を待ってもらうカタチとなります。

で、上記のURLリンクに行ってもらうとわかると思いますが、とにかくセットの種類がめっちゃ多いんです。
なので「どれ買ったらいいのか分からない」って質問も多く受けますので、今年のセールラインナップから個人的にオススメを紹介してみたいと思います。
※ちなみにメーカーサイトに行くと当店で販売しているよりも多くのセットがありますが、類似してたりあまりメリットを感じないセットに関しては私の個人判断で割愛してありますのでご了承くださいませ。

2022SKセール

KTC 2022SKセール 引き出し3段タイプ 3/8スタンダードツールセット 67点組

まずは「とりあえず工具を揃えておきたい」とか「最も安いセットを買いたい」とかの理由なら問答無用にこのセットをオススメします。
実は数ある工具セットも売れ行きや在庫数の関係で「値引率」が違うんです。
で、このセットは基本中の基本みたいな超基本セットなので最も売れる工具セットとなっております。(企業とか学校とかでも採用率が高い)
そんなわけで最も売れるこのセットがKTCの工具セットセールの中で「もっとも値引率が高い」セットでもあるわけです。
実際半額以下ですからね。悩んだらこのセットにしておけばOK。
あとそれだけ売れるセットですので内容もシンプルながら充実もしていて本当によく出来たセットですので安心して購入してもらえるセットでもあります。

2022SKセール

KTC 2022SKセール 両開きタイプ 3/8スタンダードツールセット 56点組

そして上記の引き出し3段のオススメセットを対の人気を誇るのがこの「両開きセット」です。
昔のこのセットは工具がフリーになってしまう事も多くてガチャガチャしていたのですが、昨年からウレタンマットが標準装備となりましてかなりいいセットになっていると思います。

そして両開きをオススメする理由としてはその「機動性」です。
引き出しタイプの工具箱を採用したモデルはその重さと大きさからなんだかんだ言って両手で扱う必要があるのですが、この両開きは完全に「片手持ち」で移動が可能です。
これって現場で動いて使う人にはかなりのメリットなので引き出し式と両開き式で悩んだらそのあたりを考えて検討してみると良いと思います。

で、基本的にはこの上記2セットで検討するのがオススメの買い方です。
他にも様々なセットが存在しますが後で買い足せばいいので漠然と購入する場合にはこの2セット以外は考えなくても良いと思います。

2022SKセール

KTC 2022SKセール 3/8EKRタイプ メカニックツールセット 66点組

それでも「他の人とちょっと違うセットが欲しい」って人には工具箱違いのこのセットとかも問い合わせが多いです。
工具箱が次世代型工具箱とよばれるEKRシリーズを採用してまして、ぶっちゃけ中身は最初のセットとほぼ同等です。
工具箱違いの基本セットと思ってもらえればOK。

2022SKセール

KTC 2022SKセール モーターサイクルツールセット 56点組

そしてさっき書いた事と少し矛盾してしまいますがバイク整備向けならこのセットもオススメ。
地味に中身がバージョンアップしてて今年のモーターサイクルセットはかなり魅力的なセットになっております。
バイク用に工具セットが欲しいんだよねーなんて人は要検討の価値ありです。

とまぁここまではあくまでも個人ユース向けに書いてきましたが、会社等でいっきにがっつり工具を揃えてしまいたいという人には究極のこれなんかもアリです。

2022SKセール

KTC 2022SKセール ローラーキャビネットエキスパートセット 231点組

本当に究極のセット。
でも工具箱もEKX118を採用してるしがっつり買う予定がある会社さんとかにはマジでオススメのセットです。
実際毎年、数セットは売れるのですが購入後の満足度はかなり高いセットですね。
このセットは納期が掛かる場合がある事と送付に関して個人宅配送が無理なのでその辺が注意です。

ってなわけで今年も始まった工具セットセール。
購入を検討していた人はこの機会にぜひどうぞー。

ウエスの紹介

いろんな作業と切っても切れない備品系の商品といえば『ウエス』
別にボロ布とかでもいいっちゃいいんですが、毎度毎度揃えておこうと思うと実は面倒なんですよね。

特に最近は使い終わったら気軽にポイッと出来る紙製のウエスが大人気。

プロショップタオル

SCOTT SHOPタオル ブルーBOX(200枚入)

特に店舗ではこのBOXタイプが人気でしてガレージやトランポの据え置き用に売れております。
かなり雑に使っても気にならないので良いですよね。

プロショップタオル

SCOTT プロSHOPタオル ヘビーデューティー(60カット)

そしてこちらは上記のBOXタイプよりも強い「ヘビーデューティー」版。

左がスタンダード、右がヘビーデューティー

紙製ウエスの弱点といえば濡れてしまってからの破れやすさなんですけど、このヘビー版は破けにくいのが特徴でしてスタンダードのショップタオルよりも人気でリピーターも多いですね。

マイクロファイバーウエス

SIGNET マイクロファイバーウエス詰め合わせセット

こちらは布製のウエスとなりますが布といってもマイクロファイバーウエスですので洗車とかにも便利に使えます。

お店でもこれ目的で買いにくる人は少ないのですが「あ、そうだ!ついでに」ぐらいな気楽な感じで買ってくれると嬉しいです。

2022年の新製品発表会にいってきました

年に一度開催される当店とお付き合いのあるメーカーさんの来年発売予定の新製品発表会にいってきました。

毎年年末頃に開催されるのでこれに行くと「今年ももうちょっとかぁ」と思ってしまう恒例の展示会です。

2022新製品展示会

長く続いたコロナ騒動も緊急事態宣言が解除され徐々にですが市場も以前の状態に戻りつつあります。
コロナ禍の最中は売れ方というか…うまく言えませんが商売のやり方を少し変えないといけない感じでしたので、なんとか生き残るためにいろいろ工夫してやってきました。
しかしまた平常に戻る雰囲気になってきたという事はいろいろ元に戻さないといけない、それかもっと違った事をやっていかなくてはいけない可能性がありますので、こういった商品をずらりと並べてやってくれる展示会ってのは頭のスイッチの切り替えという意味でもありがたいんですよね。

2022新製品展示会

ですのでたかが展示会という感じではなくかなーり真剣モードで臨んでおりますので、全てを見終わるのに3時間超かかりまして…終わった後は結構ぐったりくるほどでした。

ちなみにこの展示会。
よくある「展示即売会」ではなく来年の2022年に投入される予定の新製品のお披露目会といった趣旨が強く、この場で良いものを見つけても「あ、それ買って帰ります」ってわけにはいきません。
なのでほとんどが自分の頭の中だけでいろいろ組み立てて来年のスケジュールとかまで考えるのでマジで糖分欲しくなる感じなのです。

2022新製品展示会

今回の展示会では目玉商品ってのはあまりなく小粒な感じでした。
それでも各社が地味でも良いもの作ろうという気概が感じられて適当に流し見するって雰囲気ではありません。

2022新製品展示会

ちなみに新製品だけではなく販売後にかなり話題になった商品もズラリと並んでいて、売り忘れていた工具を再発見したりも出来るので助かりますね。

2022新製品展示会

あと今回感じたのはメーカーさんが業者向け商材を一般向けに多く出品していた事です。
コロナの影響なのか巣篭もり需要に対して「本物はどうですか?」といった動きがかなり感じられました。

2022新製品展示会

あと木工。
もともとDIYとは親和性の高い作業ですがやはりコロナの影響でブーストが掛かったみたいでそれ用の工具も多数見てきました。

2022新製品展示会

そしてやっぱりこれだよね、って感じでアウトドア関係の工具も増えてましたね。
それも結構ディープなやつがあって私も初見のものも多数。

どんな分野の工具でも「自分には関係ない」といってスルーするのではなく、とにかく知見を増やしてインプットを多く得られた展示会でした。
これらの商材が実際に店頭に並ぶのはまだ来年の話になりますが、どんどん新製品が出てくる予定ですのでお楽しみに。