LINK-OILからヨーロッパ規格オイル

当店が販売するオイルメーカー『LINK-OIL』(リンクオイル)から、待望の欧州車規格対応のエンジンオイルが登場しました。

日本国内でBMWやベンツ・アウディ等のヨーロッパ車用のエンジンオイルを探すとなるとかなり限定しまう現状でしたので、今回のこの新オイルはまさに待望のって感じでしたね。

LINK-OIL LTouring

LINK-OIL L-touringプラス 5W-40(欧州車規格対応)

そもそも「同じエンジンオイルなのに何が違うの?」って話になるのですが。
まぁ語弊を恐れずに言えばぶっちゃけエンジンオイルにかわりはないので、すごく特別な何かってわけではありません。
しかし、日本でのオイルの考え方と欧州での考え方の違いって感じなのかな。
わかりやすくいうと設計思想が違うみたいな感じです。

まず日本国内でのオイル規格であるAPI。
SNとかそんな表記のヤツですね。
欧州規格ではACEAってのがありまして、その中でのランクとなります。

●ACEA規格対応表

・A1/B1 低フリクション、低粘度で省燃費性の基本オイル
・A3/B3 低粘度高性能エンジンオイル、蒸発性に優れロングドレインにも対応。
・A3/B4 高出力・高性能エンジン対応オイル、軽負荷直噴ディーゼル対応、ロングドレイン対応。
・A5/B5 低フリクションエンジンオイル、軽負荷直噴ディーゼル対応、省燃費性重視、ロングドレイン対応。

ってな感じでして。
今回のLINK-OILのLTouringプラス5W40は真ん中のA3/B3とA3/B4に対応しているオイルです。
ぶっちゃけA5/B5は0W台の燃費重視オイルなので通常使用としては最上位の高性能グレードとなります。

で。
こういう事書くと「ヨーロッパ車乗ってないから関係ないかな」という人も多いのですが…
さっきも書いた通り言ったってエンジンオイルにはかわりないし、かなり高性能なオイルですので、日本車に使ったって問題ないってか…逆にオススメな場合も多いです。

まず近年増えている純正の指定油が0W20とか5W30とかの車。
その辺の車種でエンジンの保護を最優先に考えるならこのオイルはかなりオススメです。
(スポーツ性能重視ならスポーツECOがオススメ)

ってなわけで発売前から待っていた人が多かった待望のオイルです。
気になるなーって人はぜひお問い合わせくださいませ。

※中に入っている添加剤の影響で湿式クラッチには適合しません。
ですのでバイクでエンジンオイルがMTと共用のやつではNGとなります。

ちょっと細いマグネットツール

当店のWebサイトでは日々様々な工具を紹介しておりますが、そんな中でも売れる傾向っていうかなんというか…

一般の人からはあまり問い合わせこないけど、一部の人には大人気になる工具っていくつかあります。

今回紹介するのもまさにそんな感じ。

ANEXマグネットキャッチ

ANEX ステンレス製マグネットピックアップツール(伸縮式)

モノ自体は昔からよくある伸縮式のマグネットピックアップツールなのですが、先日新発売されたこのANEXのやつがプロの整備現場からかなり絶賛されております。

その際たる理由がこれ。

ANEXマグネットキャッチ

先端のマグネット部分の外径。
かなりの細身なつくりになっておりましてカタログ値でφ7mm。
これってプラスドライバーの#2の軸径とほぼ同じですので、かなり細い感じが理解していただけるかと。

このマグネットピックアップツール。
落としてしまったネジを拾うだけじゃなく、アウターやインナーシムの脱着とかいろんな場面で活躍する工具です。
で、そんな狭い隙間で使うのでできるだけ細い方が便利なんですね。
ちなみに他社の先端径がφ9~10mmなのを考えると、買い直しまでして購入されているメカさんがいるのもわかってもらえるハズ。

ANEXマグネットキャッチ

もちろん性能も問題なくて32mmのソケットもこの通り拾い上げる事が可能。
ちょっとした工具ではあるのですが、こういう現場寄りなスペックを気にして工具を選ぶようになるとまた楽しくなりますよってお話でした。

ワンタッチロックのバイスプライヤー

バイスグリップとかバイスプライヤーとか、ロッキングプライヤーとか。
いろんな呼び名がある工具ですが最も認知されているのが「バイスグリップ」です。
ガチャンと掴んでロックしてくれる便利な工具ですが、もともとバイスグリップというのは商品名でして、湯煎して食べるカレーが一時期全部ボンカレーと呼ばれてたのと似たような感じです。

ですのでそれ以外のメーカーさんは「バイスプライヤー」とか「ロッキングプライヤー」と表記してるんですね。
まぁ製品としては同じ物ですので気にしなくてもいいのですが。

で、そんなロッキングプライヤーですが10年ちょっと前に革新的な新製品が出まして…それがロックジョウと呼ばれるワンタッチ式の自動調整機能付きモデルです。
国内の流通が不安定だったために輸入元がちょこちょこ変わってしまい、なかなか入手が難しい工具になったりもしましたが、今は他社からも似たような工具が多数でております。

で、久しぶりに当店でもこの自動調整のモデルを取り扱うようになりました。

SK11オートアジャストロッキングプライヤー

SK11 オートアジャストロッキングプライヤー(自動調整式)

久しぶりに…ってのには少し理由がありまして。
この自動調整機能、仮止めとかにはすごく便利なのですが掴む力がスタンダードなバイスグリップに比べて少し低いので、テンション調整をMAXとかにして使う人が多かったのですが。
それやると今度はリリースが効かなくなる事がありまして、そういう人からは敬遠されがちな工具となっておりました。

SK11オートアジャストロッキングプライヤー

しかしこのモデルはそのへんの不具合をうまく修正してきておりまして、実際に何度か使ってみて「なるほど、これなら問題ないかな」と思いましたので久しぶりの取り扱いです。

掴む力は少し低いと言いましたが仮止めをサイズ気にせずカチャンっとロック出来るのはメリット多いと思います。
本家のバイスグリップとうまく使い分ける事が出来ればこれほど便利な工具はないと思いますよ。

で、実際の動きがよく分からないって人のためにTONEの自動調整タイプの動画を貼っておきます。(使い方は機能は全く同じです)

燃焼室容積測定

いまだに多くの問い合わせをお受けするのが燃焼室の容積測定KIT。
すでに販売終了してから8年ほど経過してますが、以前当店では燃焼室の容積測定キットというのを販売しておりました。
販売開始自体は10年以上前だったので、まだまだ自身でエンジンを組むお客様が多かったのかかなりの数を販売させて頂いたのですが…最後はね。

ちなみにセットの内容自体はそれほど特別なモノではなくピペットやアクリルプレートをまとめたセットだったのですが、ひとつひとつを考えと揃えるのが面倒なんでしょうね。
再販の問い合わせも多いのですが…申し訳ございません。
再販の予定はありませんので各自でいろいろ用意してやってみてください。

で、その時に書いたドキュメントは要望が多いために工具実践のページにそのまま残してあります。

pis_nen5

[工具実践]燃焼室容積測定

このページでの解説は製品版にお付けしていた解説書の要点をまとめたモノです。
こちらをそのまま印刷して頂ければ大体の作業フローは理解して頂けると思います。
初めてのチャレンジな人には分からない事もあると思いますが、何度か読んで頂ければ徐々に分かるようになると思います。
(書いたのは10年ほど前なので文章が拙いのはご勘弁ください)

そしてこういった作業をやってみよう!と思っているサンメカさんをエイビットは応援したいと思ってます。
何か分からない事あったらお気軽に相談してくださいませ。

キワ切りニッパ

車両整備だけでなく様々な分野での整備で問い合わせの多いギリギリまで切る事の出来るニッパー。
フラッシュカットとか片刃ニッパーとかいろんな呼び方がありますが、主な用途は樹脂成形の現場と結束バンドのカットですね。

樹脂成形というと簡単にいうと金型から出てきた成形樹脂のプラモデルでいうとランナーにあたる部分の切断に使用します。
ですのでフラッシュカットのニッパーというのは大抵プラスチック用のニッパーである場合が多いんですね。

そしてもうひとつの需要というか当店ではかなりの割合を占めるのが結束バンド向けのニッパーとしての用途です。
結束バンドというのは締め込んでから「余り」の部分を綺麗カットしたいですからね。
ギリギリで切る事の出来るそういうニッパーが好まれます。
また業界によっては怪我防止のために「ギリギリで切れ」とルール化されているところさえあります。

で、そんな結束バンド用として最も人気が高いのは基盤加工向けのこれ。

KNIPEXフラッシュカット

KNIPEX スーパーニッパ(フラッシュカット)

ダイオードの足を切ったりする全長125mmの超コンパクトニッパーです。
整備のおける結束バンドのカットって配線の束とかをギュってする場面が多いです。(イメージだとカーオーディオ作業とかね)
そんな時にニッパー本体も小さいってのはすごいメリットなんですよね。

KNIPEXプラスチックニッパー

KNIPEX プラスチックニッパー45°

そしてこちらは本流でもあるプラスチックニッパー。
しかし先端部分に角度がついていてお店では私が個人的に使っているってのもあってかかなり人気なニッパーです。
サイズも上記のコンパクトモデルとは違いスタンダードな160mmサイズですから、少し太めな結束バンドを使う方には人気のモデルです。

ツノダ結束バンドニッパー

ツノダ 結束バンド用ニッパー

そしてこちらは「結束バンド用」として販売されている国産ツノダのニッパーです。
刃の角度は上のプラスチックニッパーと同じ感じでいろんな場面のバンドカットに対応出来ます。
バンド締めのくわえ部分もあってさすがな造りですね。

ちなみにこういう片刃であるキワ切りニッパーは硬い線とか切ると刃こぼれしてしまいます。
ニッパーは用途によって種類がかなり細かく別れておりますので、その辺の注意して使うようにしましょう。