2019年モデルの工具セット

毎年恒例になっている各社からデリバリーされる年末年始向けの工具セットの大特価セール。
KTCは11月からなのでまだ出てませんが現在SIGNETとSK11の情報が解禁になりました。(TONEの工具セットは店舗までお問い合わせください)

ちなみに2年前に他誌に寄稿した「なぜ工具セットがある期間だけ安くなるのか」の記事を読んでいただければ、工具セットに関してはこの年末年始のセール品を買うのが大正義だと分かってもらえると思います。

で、とりあえず今年の工具セットの動向とかを見てみましょう。

SIGNET工具セット
SIGNET 2019 3/8メカニックツールセット 52pcs

こちらがSIGNETの最新工具セット、2019年3/8メカニックツールセットです。
内容自体はベーシックな基本工具セットであるためにそれほど変更はありませんが、ギアレンチが最新のモデルで入っていたり、地味に工具箱の強度や使い勝手が向上していたりと確実にリファインされております。
他のメーカーに比べると入り組み点数が少なく感じる事があるかもしれませんが、それは小さなビット等まで「1」でカウントしているかどうかの差ですので、実際の入り組みにそこまでの差はないと思います。

そしてそんなSIGNETから今年は新セットが登場。

SIGNET工具セット
SIGNET 2019 1/2メカニックツールセット 45pcs

画像だけだとパッと見で何が違うのか分からないと思いますが、こちらは差し込み角が1/2をメインとしたソケットやレンチのサイズが少し大きめのセットとなります。

SIGNET1/2セット

めがねレンチも32mmまで入っていたりとかなりの充実度を誇ります。
そもそもこの激安工具セットって何も初めて工具を揃える初心者さんだけが購入するわけじゃなく、ベテランメカさんの2セット目とか3セット目用としてもかなり販売してます。
そういう人って3/8工具は結構豊富に持ってたりしますので、あえて1/2メインのこのセットを購入ってのはかなりアリな判断かと思います。
そもそも「工具箱単体」で2万円超しますからね、安くなってる工具セットを買う体で工具箱ゲットを狙っているって人にも1/2セットはかなりいいと思います。

そして格安工具といえばSK11

SK11工具セット

SK11 3/8メカニック工具セット133点組

イメージとしては「安く」を追求したメーカーさんって感じですが、この工具セットをよく見てみると……
サイズ組とかがかなり良い感じ。
近年の車両整備とか輸入車整備とかで入っていて欲しい15mmとかがキッチリ入っていて、なおかつビットソケットであるHEXとかTORXもバッチリ。
ほんとによくよく見ていくとかなり素性の良い工具セットだと思います。
工具箱とかはSIGNETに数段落ちるクオリティですが、中身勝負でズラッとハンドツールを揃えておきたいなら一押しの工具セットかと思います。

ってなわけで今年も工具セットセールが始まりました。
メインのWebサイトでは専用のカテゴリーループを作っておきましたので、いつでも最新の状況がわかると思います。
>>限定大特価工具セット特集ページ

SIGNETの工具セットは「各色数量限定」ですので欲しいのあったらお早めにどうぞ。

 

お勧めタイロッドエンドプーラー

世間ではなんちゃらの車離れとかいろいろ言われてますがウチみたいな工具のお店だとそんな実感は全く無くて、みんな楽しく走ったりいじったりして楽しんでますね。

で、車をちょろっといじって遊びましょうってなった時にやはり気になるのは足回り。

昔と違って社外の足回りの選択肢は広がり、またパチモンもかなり淘汰された感もありますから車高調の足に換装するって人はとても多いと思います。
そんな足の全交換ですが、まぁ車高調はいいんですよね、純正に比べたらかなりショートになっているモノが多いので外せちゃえば後は取り付けで困ることはあまりないと思います。

しかし、純正を外すのがひと苦労って車種は結構あるんですね。

特にストラットっていうかマルチリンクな車の場合、もう知恵の輪やっても無理っぽいってのがありまして、そういうのはさっさと見切りを付けてタイロッドエンドを切ってしまった方が早かったりします。

で、そんな時に活躍するのがタイロッドエンドプーラー。
昔ながらのいわゆる洗濯ハサミタイプは今でも人気ですが…。

sig_tairodPXX2

SIGNET タイロッドエンドプーラー

昔からある定番のタイロッドエンドプーラーです。

しかし…現行の車両ってなんでだか分からないのですが、鬼のように固着してる車が多く、またスポーツ車自体がすでに10年以上経過してしまっている場合もあってとにかく固いんです。。

で、そんなトンデモ固い場合ってこのモデルだと外すことが出来ない事もありまして……。

KTCのプロ仕様であるこちらをお勧めしております。

ktc_tailodXX1

KTC タイロッドエンドプーラー高荷重対応モデル

これは洗濯ハサミタイプが歯が立たないような箇所でも使える高荷重モデル。
爪部分も薄く作ってあるのに従来の物よりも体感で倍以上の威力を発揮してくれます。

ktc_tailodXX4

センターロッドであるネジの負荷が掛かるトコロにはこのようにベアリングも仕込まれていてとにかく本格派。

で、プロ仕様とは書きましたがこれサンメカさんにもオススメなモデルなんです。
実際上の洗濯ハサミタイプだととにかく外す事自体が無理な場合もあって、予算さえ問題無ければ最初からこちらを購入しておいた方が間違いないです。(それくらい硬い車が多いです)

サンメカさんが購入するSST(特殊工具)としてはかなり高価な工具だとは思いますが、急がば回れを実感出来る工具のうちのひとつだと思います。

工具以外を収納する工具箱

プロメカさんもサンメカさんもある程度の整備力があると工具以外に増えていく物ってありまして。

それは外して余ったネジとかちょっとしたクリップとか備品とか、最初は工具箱の中にコロっと入れておくだけだったりもしますが、それも増えてくると収納を考えるようになります。
例えばネジだとM5、M6あたりはいくらあっても邪魔じゃありませんから、何かの機会に入手したらキチンと分けておいておきたいんですね。

そんな時に便利なのが工具用の工具箱とは別の収納BOXです。

ring_partsNXX4

リングスター パーツケース

エイビットだとこのリングスターのBOXが一番人気ですね。
大きさはそこそこあるのですが、薄型なのでガレージ収納には困りませんし。

ring_partsNXX3

中身はこんな感じで小BOXが独立するかたちで入ってますので部品の整理整頓に非常に役に立ちます。

またもっともっと簡易でイイヨって人にはこれも人気。

rvp4500a2

リングスター リムーバブルパーツケース

上記の樹脂パーツケースの小BOXを配置する事の出来る仕分けケースです。
(小BOXは別売りで追加購入出来ます)

ネジやクリップだけで無く、例えば配線関係の配線やギボシとかもこれに一括で収納しておけば「その他」と言う括りで便利に使えると思います。
ガレージ用として持ち出し用としても便利に使えるパーツケース。
ひとりで何個かまとめ買いしていく人も多い人気商品です。

ナイトセール終了 ─多数ご来場ありがとうございました─

「は!?そんなの面倒だからやらないよー」

って言ったのが先月の頭。
その後来店してくれる仲のよいお客さんとか、工具メーカーの担当営業とかに「たまには自分の通ってる店のお祭りが見たい」と言われ。

なるほどそんな風に考えればいいのか。

と一念発起。
お盆突入直前の頃に開催を決めてそこからステッカーやらいろんなものを滑り込み発注。
その後各所からあがる参加表明に自身のテンションも上がってきて、小規模でやる予定だったイベントが徐々に大きな話になっていきました。

とまぁ「実はかなり思いつきで始めて準備不足だったんすよぉ」と言い訳から書き出してみましたが、終わってみれば個人的には大成功とも言える結果になりました。

協力してくれたお仲間と協賛各社、そしてご来場頂いたお客様とネット拡散を手伝ってくれた方々全てにお礼を申し上げます。

イベント当日。
16時スタートの30分前、まだ慌ただしく各ブースの準備が行われる中、イベント前ミーティングを行いました。
協賛出店してくれた各メーカーさんが一堂に会する前で、細かな販売方式の説明のあと

「とにかく20年目のお祭りです、来てくれたお客さんが目一杯楽しんで帰れるように今日一日よろしくお願いします」

と挨拶してイベントはスタートしました。

20周年ナイトセール

スタート直後からぼちぼちとお客様がご来訪。
こういう展示会方式のイベントは何人のお客様を呼ぶことが出来るか?が成否を決める事になるので、主催者の私はとにかくドキドキ。

しかし、開始から30分もするとレジに出来始める順番待ちの列が。

20周年ナイトセール

それでもまだ陽があるうちはマッタリモードで進行しましたが…

陽が暮れる時間くらいから私はずっとレジでお客さんと話しながら会計をこなしていく事になります。

20周年ナイトセール

お客さんも千葉の幕張時代に来てくれていたお客さんとかもお祝いに駆け付けてくれたり、逆にこのイベントを機会に遠方から初来店してくれたりと様々な人でいろんな工具の話を楽しみました。

事前の告知でも言ってましたが「週刊バイクTV」アシスタントをしている”あやみん”こと岸田彩美さんも来店してくれて自分用の工具を買ってくれました(ありがとー!)

ピークは多分7時~8時くらいかな。
レジにはかなりの行列が出来てしまい、とにかくさばく事を重視しちゃったりしましたのでこの時間はあまりお客さんとお話出来なかったっす。
(ごめんなさい、今度ゆっくり来てください)

 

最初に書いた「イベントは面倒だからやらない」ってのは言葉通りの話ではなくて正直にいうとこういうイベントに嫌悪感もあったんです。
なんとなく自分が好きでやっている「工具を販売する」というお仕事。
それをイベントとは肩書だけでただの安売り合戦の舞台になっている現状が嫌だったわけです。
もちろん日頃の感謝の気持ちもありますので、こんな時くらいは少しでも安くってのはウチでもありますが…けどなんか違うように見えるのもいっぱいありますからね。
だから事前の告知でも「安売りの工具を目当てにくると違和感があるかもしれません」とわざわざ書かせてもらいました。

でもやってみて。
「やってよかったなー」
としみじみ思っております。
だってみんな楽しんでくれたみたいだから。(楽しそうにしてたから)

協賛出店してくれたメーカーさん達も口を揃えて当店に来てくれた「お客様」をべた褒めしてくれました。
こういう展示即売会なイベントだと価格があーだこーだという事に時間を割かれる事が多いらしいのですが、今回はそんな事より工具について興味を持っていろんなお話が出来たとの事です。
これはね、自分が褒められるより嬉しかったです。

そしてこういうイベントならまたやってもいいかなーなんて事まで考えてしまいました。
あ、そうそう来場者数ですがこちらが目標とした数の倍以上のお客様が来てくれました。本当に感謝です。

20周年ナイトセール

とりあえず今日の気持ちは

「20年やってきて良かったー」

ってな感じです。
今後もこんなお店ですがエイビットを応援よろしくお願いします。

エイビット ヤマタク

9月14日(金)20周年ナイトセール最終情報

いよいよ明日になりました>ナイトセール。
なにもかもひとりで企画から仕入れ販売等々、全部やっている私ですが今回はさすがに友人の手を多く借りての開催となります。

現在分かっている情報だけをまとめても、そこそこ面白いイベントになりそうなので、あとは細かな事を仕上げて明日の夕方に臨みたいと思います。

今朝は少し早く店をあけてのイベント前大掃除。

20周年ナイトセール

明日になってしまうとドタバタしてて何も出来ないと思うので、今日出来る事はできるだけ今日やるように。(自戒)

20周年ナイトセール

ちなみに当日の第一臨時駐車場入口にはこのノボリを立てておきます(誘導員もいます)
また車高短な車は入場難しいと思いますので、第二駐車場に回ってくださいませ。

 

で、当日販売する工具の追加情報。

20周年ナイトセール

まず超軽量レンチで人気のアサヒツールさん。
もちろん軽量レンチのライツールや新ブランドであるレボウェイブはフルラインナップを持ってきてくれますが。(単品売りもあります)
写真のショートヘッドHEXとキャッチャーボールHEXが数量限定にて大大特価で並びます(価格はちょっとここでは書けません)

そして2019年モデルになったSIGNETの2019年版メカニックツールセット。

20周年ナイトセール

こちらもこのイベントでお披露目。
今年はいつもの3/8セットに1/2セットも追加発売されました。
どちらのセットも当日購入可能ですのでお楽しみに。
あと、各社のお買い得工具セットも並ぶ予定です。
見比べて購入の大チャンスですね。

20周年ナイトセール

あとお店ではコンスタントに売れている電磁誘導加熱マシーンなミニダクター2。
一度さわってみたいんだよね、ってなリクエストに応じまして当日は実演デモを行います。
何か実際にやってみたいワークを持ってきてもらってもOKですよー。

あ、そして。
当日はこんな人も駆け付けてくれる事に。

元もてぎエンジェルで現在は千葉テレビ「週刊バイクTV」アシスタントをしている”あやみん”こと岸田彩美さんです。
イベント協力ってよりは普通にお客さんとして来店してくれるみたいなのですが、バイク女子と仲良くなるチャンス(?)ですよ。

 

お盆前にお仲間やメーカー担当者から「20周年なんだから何かやりましょーよー」と強く言われ急遽決断。
とにかく足で稼いで宣伝しろといわれてチラシも作って手配りしました。

20周年ナイトセール

作りすぎちゃったかな…って思った数百枚あったチラシも残り30枚ほどに。
当初はこじんまりとした展示会出来れば…なんて思ってましたが、いつの間にか話が大きくなりまして、自信を持って楽しんで頂けるイベントが準備出来たと思います。

20周年バナー

このバナーに書いた文言が私の言いたい事の全てです。

単純に工具が安くなるだけのイベントだと思って来ると少し違和感があるかもしれません。
20年目の節目だし、たまにはお客さんみんなで集まって工具の話で盛り上がりましょうってな感じだと思ってください。
私もみなさんに会えるのを楽しみにしております。

それでは何度も言っておりますがイベント慣れしてなく、スタッフも少ないエイビットですが、笑って帰ってもらえるように頑張りますので応援よろしくお願いします。